fc2ブログ

記事一覧

オタトマリ沼~輝く湖沼のほとりから~

皆さま、お久しぶりでございます。先月末の記事にて「礼文島上陸予定」を告知させて頂いておりましたが、出発前日に10月から利尻島→礼文島間のフェリー本数が削減され、日帰りの場合3時間程度しか滞在できない(日程の都合で宿泊滞在も断念)ことが判明。誠に残念ながら礼文島に関してはいつかの機会を期する、という事となりました。己のツキの無さを嘆くとともに、礼文島の記事を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変申...

続きを読む

沓形散策2~新スポット、発見!~

本文の前に・・・明日10月1日(火)、私ac802tfk、職場の仲間達とともに再び礼文島上陸を目指すこととなりました!今度は香深集落でレンタカーを借りて島を南北に貫く道路を駆け巡り、名所やそこからの眺めをお伝えする所存でございます!ご期待ください!前回は「らーめん 味楽」でお昼を摂った後「北見富士神社」へ参拝し、沓形港沿いをのんびり歩いた訳ですが、今回はその続きから。港を抜けて「我々」が向かったのは・・・...

続きを読む

沓形散策1~港町を歩く~

去る9月20日(金)、休みを頂いた私は、職場の仲間2人と共に私自身2度目となる利尻島西部・利尻町の中心、沓形地区(くつがたちく)へ行って参りました!今回はこの「沓形散歩」の模様を2回に分け、まず沓形集落の様子と「漁業の神様」の御座す社、そして青に抱かれた漁港の風景をお届けします。いつものごとく島内外への交通拠点・鴛泊フェリーターミナルからスタート。今回は島内をぐるっと一周する宗谷バスに乗り込み島や...

続きを読む

礼文町郷土資料館3~近代化、そして「現代」へ~

今月13日の訪問から10日以上。8回に亘ってお伝えして来た礼文紀行も、ついに最終回同時に「礼文町郷土資料館」パート3となる今回は、近代~現代の礼文にスポットを当て、島と文明の発展、そして現在の礼文へと繋がる人の営み、その変化をお届けいたします。江戸時代末、漁場開拓の成功以後本州からの移住者が増加した礼文島。初めは金沢藩(前田家)の管轄下に置かれていましたが、明治政府による国造りの中で開拓使(北海道...

続きを読む

礼文町郷土資料館2~オホーツクから擦文、そしてアイヌへ~

職場の仲間と飲んで騒いでの飲み会明け、ぼーっとした感じでありますが、つらつらと書き綴って参ります。(私自身は夜から出勤の「半休」のため、影響は無し)前回から礼文島の歴史と文化を「魅せて」くれる「礼文町郷土資料館」を見て回っている訳ですが、今回はその第2回。北海道の道北・道東地方で独自に発生・発達した「オホーツク文化」とそれに続く「擦文文化(さつもんぶんか)」、そして江戸時代に和人(日本人)とアイヌ...

続きを読む

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。