fc2ブログ

記事一覧

梨の世界へ、さあ行こう!

倉吉散策パートⅢ!前回までは倉吉観光のメイン、打吹玉川地区の「白壁土蔵群」を巡って参ったわけですが、今回はそこから徒歩10分ほどの複合施設・倉吉パークスクエアへ。文化・芸術の発信地となる音楽ホール・倉吉未来中心、図書館と情報交流の場を併設する倉吉交流プラザ、男女共同参画社会の実現に向けた普及・啓発、情報収集、相談対応、活動交流を行う男女共同参画センター・よりん彩、その他親子連れの遊び場となる二ヶ所...

続きを読む

創造と伝統に触れる

倉吉散策パートⅡ!今回は新たな表現や情報発信の手段となり得るかわいらしい「アイテム」と、倉吉の人の営みが紡ぎ来た伝統工芸、そして昭和初期のレトロな雰囲気を残すお店でのランチをお届けします!ぶらぶら昼ご飯の在り処を探しつつ歩いていたところで足を止めたのは、鳥の杜(とりのもり)本町通りに面していながら、どこか「隠れ家」的雰囲気を放つカフェ。で、何故ここの前で立ち止まったかと言うと・・・店頭に飾られた、...

続きを読む

赤瓦の町を歩く

鳥取県中部の町・倉吉市(くらよしし)人口約50,000人、面積は約272㎢室町時代に打吹城(うつぶきじょう)の城下町として誕生した町は、江戸時代には池田氏が置いた陣屋を取り巻く武家屋敷街が発達。その名残を留める打吹玉川の町並みは白漆喰と板壁が美しい土蔵、赤い石州瓦を頂く商家が保存され、市街中心部の主要な観光地となっています。また周辺地域には関金温泉(せきがねおんせん)、三朝温泉(みささおんせん)、はわい...

続きを読む

快適なる山陰への鉄路

いよいよ始まりました山陰紀行!今回は古都の玄関口・京都駅から鳥取県中部の町・倉吉市の倉吉駅までの道程をお届け致します!10時54分、私を乗せた特急「スーパーはくと5号」はゆっくりと京都駅6番ホームを離れ、およそ3時間の鉄路へと踏み出しました。出発直後、車内には因幡の白兎と大国主命(おおくにぬしのみこと)の逸話を謡った鳥取県の民謡・大黒様の車内チャイムが流れ、早々に旅情を掻き立ててくれます。京都~大阪...

続きを読む

都の玄関から、白兎(はくと)に乗って。

秋食欲の秋、読書の秋、運動の秋・・・皆それぞれに、灼熱の太陽と清涼なるバカンスの夏から雪と森閑、凍てつく寒風の冬へと移り行くこの季節に抱く思いはお有りのことと思いますが、私はこの時季を旅の秋と捉えます。私が己の在り方を見出した合唱団の演奏旅行、初めて一人旅へと打って出た長野県、苦難と青春の中で向かった湘南・・・思えば印象深い旅の数々、その出発点はこの季節にこそ在りました。今年もまた、私にとっての「...

続きを読む

グルメ、温泉

旅路まで、あと7日心躍る刻を指折り数え心待ちにしている、「西のノリ」です。お休みを利用し、県境の向こう、岐阜県平湯温泉へとやって来た私。前回は温泉街の近傍に在る自然スポット・平湯大滝を巡りましたが、今回は温泉街方向へ。飛騨グルメが楽しめるお店と、目玉となる温泉にじっくり浸かります!まずは平湯温泉スキー場に接し、落ち着きある佇まいが素敵な御食事処 あんき屋へ。飛騨地方の古民家を移築・改装した店内は、...

続きを読む

瀑布を目指して

今月2日、お休みを頂いて霜白き上高地を抜け出して向かったのは・・・上高地から、バスで県境と険しい山塊を貫く二つのトンネルを抜けた先。福地温泉(ふくじおんせん)、新平湯温泉、栃尾温泉(とちおおんせん)、新穂高温泉と共に奥飛騨温泉郷の一角を成す、平湯温泉(ひらゆおんせん)長野県松本から岐阜県高山へと抜ける交通路に面し、飛騨山脈周辺に点在する観光地へのアクセスも良好な、交通の要所でもあります。活火山であ...

続きを読む

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。