fc2ブログ

記事一覧

沓形散策2~新スポット、発見!~

本文の前に・・・明日10月1日(火)、私ac802tfk、職場の仲間達とともに再び礼文島上陸を目指すこととなりました!今度は香深集落でレンタカーを借りて島を南北に貫く道路を駆け巡り、名所やそこからの眺めをお伝えする所存でございます!ご期待ください!前回は「らーめん 味楽」でお昼を摂った後「北見富士神社」へ参拝し、沓形港沿いをのんびり歩いた訳ですが、今回はその続きから。港を抜けて「我々」が向かったのは・・・...

続きを読む

沓形散策1~港町を歩く~

去る9月20日(金)、休みを頂いた私は、職場の仲間2人と共に私自身2度目となる利尻島西部・利尻町の中心、沓形地区(くつがたちく)へ行って参りました!今回はこの「沓形散歩」の模様を2回に分け、まず沓形集落の様子と「漁業の神様」の御座す社、そして青に抱かれた漁港の風景をお届けします。いつものごとく島内外への交通拠点・鴛泊フェリーターミナルからスタート。今回は島内をぐるっと一周する宗谷バスに乗り込み島や...

続きを読む

礼文町郷土資料館3~近代化、そして「現代」へ~

今月13日の訪問から10日以上。8回に亘ってお伝えして来た礼文紀行も、ついに最終回同時に「礼文町郷土資料館」パート3となる今回は、近代~現代の礼文にスポットを当て、島と文明の発展、そして現在の礼文へと繋がる人の営み、その変化をお届けいたします。江戸時代末、漁場開拓の成功以後本州からの移住者が増加した礼文島。初めは金沢藩(前田家)の管轄下に置かれていましたが、明治政府による国造りの中で開拓使(北海道...

続きを読む

礼文町郷土資料館2~オホーツクから擦文、そしてアイヌへ~

職場の仲間と飲んで騒いでの飲み会明け、ぼーっとした感じでありますが、つらつらと書き綴って参ります。(私自身は夜から出勤の「半休」のため、影響は無し)前回から礼文島の歴史と文化を「魅せて」くれる「礼文町郷土資料館」を見て回っている訳ですが、今回はその第2回。北海道の道北・道東地方で独自に発生・発達した「オホーツク文化」とそれに続く「擦文文化(さつもんぶんか)」、そして江戸時代に和人(日本人)とアイヌ...

続きを読む

礼文町郷土資料館~離島の歴史と文化を学ぶ~

「最北端の離島」・礼文島の魅力を追い求める日帰り紀行、今回から3回(予定)に亘りまして、島の地勢と気候、文化、太古の昔から現代へと至る足取りを取り上げた博物施設、礼文町郷土資料館を探索!礼文の姿に出土品・遺物の数々からに迫ります!「炉ばた ちどり」で昼食を摂ってから、フェリーターミナル近くへ移動。船までの時間をどう過ごすか思案していたところで見つけたのは、三角形と円形を取り入れた造形が面白い、礼文...

続きを読む

炉ばた ちどり~名物料理に舌鼓!~

利尻島生活も、あと1月あまり。夏の暑気(といっても冷涼な宗谷地方では、「真夏日」と呼び得る日照りは数えるほどしか有りませんでしたが)も既に彼方。島内でもまだ訪れていない場所有り、お隣礼文島にももう一度渡りたいところですが、残り少ない時間、どれほどの「思い出」を残せるでしょうか。前回は地球の脈動の証と絶景が堪能できる「桃岩展望台」に上った訳ですが、今回はその続きから。時間の都合から「撤退」を決断した...

続きを読む

桃岩展望台~大地、海、島を眺めて~

先日関東地方を中心に大きな被害をもたらした台風15号それに続いて今度は台風17号が日本列島に接近しつつあります。「地球温暖化」の影響からか自然災害が及ぼす被害が拡大しつつある昨今、進路に近い地域の方々、くれぐれもご用心を(汗 北海道滞在中の私も、気を付けねば)さて、現在晴天下での「礼文散策」をまとめている訳ですが、前回は高所の展望スポットへと向かう途上の「自然散歩」を満喫。森を抜け、谷を潜り、この...

続きを読む

礼文散策~森と谷間を踏み越えて~

島の玄関口・香深地区(かふかちく)から始まった礼文散策今回は町を離れ、絶景と自然を味わえる名所へと至る道筋をご紹介します。香深地区の鎮守の社、厳島神社への参詣を済ませ、探索再開。今回の目的地は集落を抜けたさらに向こう。先ほどの道は、集落を出てしばらく進んだ先で二手に分かれます。左手は丘陵地帯を貫き島の反対側、地蔵岩やメノウ浜、礼文滝の方向へと抜ける新桃岩トンネル画面右手、丘陵地の中へと飛び込む道が...

続きを読む

香深地区~島歩きの一歩は「町歩き」から~

礼文島(れぶんとう)東西に細長く伸びる日本列島、その中でも北方に当たる北海道でもさらに北端、日本海上に浮かぶ島で、稚内市から59km、お隣・利尻島からはおよそ8kmの距離、北緯45度16分17秒、東経140度57分51秒に位置する、民間人の居住地としては日本最北端の離島(ただし北方領土まで含めると同地の択捉島、現状無人島としては稚内市・宗谷岬沖の弁天島がそれに当たります)東西29.8km、南北7....

続きを読む

利礼航路~晴天行路、絶景航路~

このところ私を悩ませる「過去記事の画像がいつの間にか消滅する」という事象ですが、「無料プラン」故の容量制限に起因する物かも知れません。皆さまに不自由無くお読み頂くには「有料プラン」にて容量の枠を取り払うのが最上なのでしょうが、生憎各地を転々とする身。目下のところは現状に目をつぶり、見聞きしたことを上げ続けるしか無いでしょうか・・・さて、気を取り直しまして、直近の話題に触れて参りましょう!去る9月1...

続きを読む

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。