fc2ブログ

記事一覧

神の住む島 1 ~琵琶湖横断・快足クルーズ!~

竹生島(ちくぶじま)滋賀県長浜市の沖合6kmほどに浮かぶ島で、周囲2km、0.14㎢の面積は、琵琶湖で2番目の大きさ。(1位は近江八幡市に属する沖島)島内には西国三十三所札所めぐりの第三十番札所に選ばれている名刹・宝厳寺(ほうごんじ)と明治の神仏分離により分立した都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)の一社一寺が鎮座している他、飲食店や土産物店が存在。多数の観光客が訪れ、寺社や店舗に勤める人々も居ることから一...

続きを読む

近江商人のふるさとを歩く 6(終) ~ヴォーリズ建築・旧八幡郵便局~

ヴォーリズ建築明治~昭和に掛けて活躍したアメリカ人建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが手掛けた建築群の総称。明治38(1905)年の来日から同40(1907)年のハーバード・アンドリュース記念館(YMCA会館、近江八幡市内に現存)を皮切りとして昭和39(1964)年に亡くなるまでの間、住宅や学校、教会、デパートメントやホテル、オフィスなど1,500件以上の建築物の設計に携わり、近江八幡市内だけでも彼の設...

続きを読む

近江商人のふるさとを歩く 5 ~八幡堀、ぶらりお写んぽ♪~

暑い・・・と、もう何度繰り返したことでしょう(笑)長かった梅雨もようやく終わり、本格的な夏がやって参りました!・・・が近年の夏と言えば、連日襲い来る殺◯的な暑さ。これから夏休みとなりますが、依然猛威を振るう(どころか拡大し続けている)新型コロナウイルスに加えて酷暑による熱中症のリスクも気を付けたいトコロ。外出時・在宅時問わずに水分補給を怠らず、体調を崩されることの無きよう、皆さまくれぐれもご自愛くださ...

続きを読む

近江商人のふるさとを歩く 4 ~町のシンボル・八幡堀!~

いよいよ開幕致しました、東京オリンピック20204年に一度(延期により5年ぶりになってしまいましたが)のスポーツの祭典、それも夏季大会としては半世紀ぶりの日本開催!ということで大いに盛り上がる・・・はずでしたが昨年以降爆発的に拡大したコロナ禍によって、国内はもとより、国際的にも「歓迎されざる」祭典となってしまった感があります。もっとも未だに終息の見通しが立たない福島第一原子力発電所や未だに人の戻らな...

続きを読む

近江商人のふるさとを歩く 3 ~近江八幡市立資料館~

近江八幡滋賀県中央部、琵琶湖南岸の町。天正13(1585)年、近江国蒲生郡43万石の領主として入封した「天下人の甥」・羽柴(豊臣)秀次(はしば ひでつぐ)が、琵琶湖に面した八幡山に八幡山城を築城。同時に「主なき城」となっていた安土から城下町を移し、防御施設と舟運の拠点として八幡堀を開削したことから、町の歴史が始まります。築城後5年ほどで秀次は尾張国(愛知県西部)清洲城(きよすじょう)へ移封となってしまいまし...

続きを読む

近江商人のふるさとを歩く 2 ~「旧伴家住宅」その2~

民意を無視して「強硬開催」されるに至りながらも、「有観客」or「無観客」で揺れたり、感染拡大当初から露呈していた「水際対策」の甘さを改めて晒してしまったり、穴だらけの「関係者特例」やら何やら、この国が主催者で大丈夫か?と思ってしまうレベルの「オリンピック騒動」に、欧米各国が規制緩和へと動く中で周回遅れ状態の接種率に加え、ワクチンが足りません!と国の代表たちが白旗上げちゃったコロナ対策にと、とにかく醜...

続きを読む

近江商人のふるさとを歩く 1 ~「旧伴家住宅」その1~

近江商人(おうみしょうにん)江戸時代、江戸や京(京都)、大坂など主だった消費地に店(出店)を構えて商いを行った、近江国(滋賀県)出身の商人たちの総称。出店先で「近江屋」の屋号を主に名乗ったことから呼び名が定着しましたが、・関白・豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ。豊臣秀吉の甥)が築いた城下町・近江八幡から発展。蚊帳(かや)や畳表、数珠、ろうそく等を扱い、大店(おおだな)を展開。三都(江戸・大坂・京都)を始め全国各地に出...

続きを読む

大津巡りagain 番外編 ~大津グルメ、ご紹介!~

前回記事にて「書き納め」となりました、「大津巡りagain」編。今回はその「番外編」といたしまして、近頃恒例となって参りました、゛お土産品″をご紹介するショート記事!大津市街探索中にであった「街中グルメ」と、お持ち帰りした「大津みやげ」をご紹介します!最初にご紹介するのは、散策中に見付けた「街中グルメ!」瀬田の唐橋へ向かう途中の東海道沿い、スーパー平和堂・石山店前に移動屋台を出店していた・・・幸せの黄金...

続きを読む

大津巡りagain 3(終) ~゛幻の城″・大津城~

大津城天正14(1586)年頃、明智光秀(あけち みつひで)の居城であった坂本城に代わって琵琶湖の水運、および東海道の陸上交通を押さえる拠点として、豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)の命を受けた「五奉行」の一人、浅野長吉(あさの ながよし。長政とも)によって築城されました。琵琶湖を背にした最奥部に本丸を置き、京都側に向けて奥二の丸、二の丸、三の丸、伊予丸の各郭と三重の堀が配された水城で、当時主要な交通路となっ...

続きを読む

大津巡りagain 2 ~近江国一之宮・建部大社~

5月中という異例の速さで突入し、1月を過ぎても脱出の気配が見られない、2021年の梅雨。近年毎年のように大きな被害をもたらす魔の季節ですが、今年も先日静岡県熱海市で発生した土石流災害に続き、西日本でも集中的・継続的な降雨による被害が拡大しつつあります。(私が住まう福岡県の片田舎でも、今朝は轟音が鳴るほどの雨が降りました 汗)該当地域にお住いの方、それ以外の地域にお住いの方も、最新の気象情報に十分注意...

続きを読む

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。