fc2ブログ

記事一覧

美観地区巡り 1 ~「レジェンド新幹線」で往く、山陽路!(車両編)~

ハッピーハロウィーン!神無月・10月も今日で最終日新型コロナウィルスの流行下、閉鎖的な空気で幕を開けた2021年も、明日を迎えれば残すところ早や2月。(本当に早い・・・!)ここ2年世間を騒がせていた感染症の流行も近頃では減少傾向を示し、緊急事態宣言が解除されるとともに人通りや都市間の往来なども活発化しつつある様子が見受けられますが、より良い形で年末、そして来る2022年を迎えられるよう、引き続き細心...

続きを読む

越前旅46(終) ~ゆったりのんびり、瀬戸内航路!その3~

6月上旬の旅模様を3ヶ月にわたって(汗)お届けして参った「越前旅」も、とうとう(ようやく?)最終回旅の「最終目的地」・九州を目指して、「瀬戸内航路」を運航する船会社・名門大洋フェリー、1泊2日の船旅2日目の朝の情景と、目的地・福岡県新門司港(しんもじこう)への着岸の様子をお届けします!越前旅11日(!)目、午前6時前。船旅2日目、そして旅最終日の朝を迎えました。ここまで10時間あまりを航行して来た「フェリ...

続きを読む

越前旅45 ~ゆったりのんびり、瀬戸内航路!その2~

今日からお仕事!ということで最寄り駅から列車を乗り継ぎ、新たな職場へ向かってみたところ、明日からでした・・・なんて素敵な「オチ」をお見舞いされました、詞(Nori)でございます(笑)(一日トクした・・・と考えよう。おサイフには打撃だけど💦)いよいよ残すところ(ようやく💦)2回というところまで参りました、越前旅!正直前々回までの「ひのとり回」で列車名のごとく燃え尽きてしまった(前回記事もわりと苦戦した 笑)感も...

続きを読む

越前旅44 ~ゆったりのんびり、瀬戸内航路! その1~

旅先である越前を離れて既に7時間。福井県からJRの特急「しらさぎ」、名古屋からは近鉄特急「ひのとり」を乗り継いで、日本第二の都市・大阪まで到達致しました!最終目的地、九州は福岡県まで、あと少し!「ひのとり」で辿り着いた大阪難波から大阪メトロ四つ橋線、新交通システム・ニュートラムと乗り継いで、大阪市南部、大阪湾に張り出す人工造成地帯上に築かれた港湾施設・大阪南港(おおさかなんこう)へ!臨港地区を高架上...

続きを読む

越前旅43 ~プレミアムトレイン・ひのとり(車窓編)~

既に取り掛かりから3ヶ月が経過しようとしている「越前旅」も、ついに(ようやく?)最終局面「中京の都」・名古屋から「西の都」・大阪まで、「日本最大の私鉄」・近畿日本鉄道(近鉄)が威信を賭けて送り出した新型名阪特急、「プレミアムトレイン」・ひのとりにて移動して参ります!(客室設備はコチラ)15時ちょうど、私を乗せた「ひのとり65列車」は、近鉄の「東のターミナル」・近鉄名古屋駅5番ホームを発車!名古屋市中心部...

続きを読む

越前旅42 ~プレミアムトレイン・ひのとり(車両編)~

ついに福井県を離れ、郷里・福岡県までの長距離移動の途に就いております、越前旅(もはや越前は遥か彼方ですが 笑)ただいま中継地点一つ目、「中京の都」・名古屋までその旅程を辿っているトコロでございます。そんな名古屋から乗り込むのは、西日本を代表する大手私鉄。「近鉄」の愛称で親しまれる、近畿日本鉄道今から100年以上を遡る明治43(1910)年に設立され、大正3(1914)年に上本町(現在の大阪上本町駅)~奈良...

続きを読む

越前旅41 ~北陸特急・しらさぎ その2~

長い旅路を経て、とうとう訪れた福井県との別れ温泉地の玄関口となっているJR芦原温泉駅から残り少ない「北陸特急」の一つ、特急しらさぎに揺られ、経由地となる「東海の都」・名古屋を目指しております。(まだ県境は越えていないけどNe☆)11時10分、私を乗せた「しらさぎ6号」は、敦賀駅6番線ホームを出発。いよいよお隣・滋賀県を目指しての山越えのスタートです!この先の区間で注目して欲しいのが、京都・大阪方面へ...

続きを読む

越前旅40 ~北陸特急・しらさぎ その1~

北陸特急昭和39(1964)年の「雷鳥(「サンダーバード」の前身」・「しらさぎ」の登場以来、京阪地域・東海地方(かつては関東も)と北陸を結ぶ大動脈として君臨し、半世紀以上もの間存在感を示し続けてきた特急列車網。しかし1990年代以降、北陸(長野)新幹線の開通と延伸によって次第に列車本数と運転区間は削減されて行き、平成27(2015)年の北陸新幹線金沢開業ではついに「サンダーバード」と「しらさぎ」の二種類に...

続きを読む

越前旅39 ~あわらの隠れ宿 ゆ楽(客室・温泉編)~

「越前旅」最終滞在地、「関西の奥座敷」・芦原温泉にて投宿しました温泉宿・あわらの隠れ宿 ゆ楽前回記事では温泉街のやや外れ、静かな立地に佇む数寄屋造りの建物に散りばめられた、「滞在を楽しむ」ための設備の数々をご紹介しましたが、今回はその「後編」と致しまして、私が二日を過ごした客室・「112号室」と、目玉となります天然温泉大浴場(+岩盤浴)の様子をお届けいたします!まず最初にご覧頂きますは、「ゆ楽」のロ...

続きを読む

越前旅38 ~あわらの隠れ宿 ゆ楽(施設編)~

時代が「文明開化」に沸いた明治の開湯から、138年。文化の発展と交通手段の進展とともに発展を続け、関西の奥座敷と称されるほどとなった福井県下随一の名湯・芦原温泉(あわらおんせん)今回(と次回)は、旅の最終宿泊地であり長旅の疲れを癒す回復拠点として利用しました、温泉宿をご紹介いたします!今回泊まったのは温泉街のやや北寄り、「あわら三湯」の一つ・舟津地区に門を構える温泉宿、あわらの隠れ宿 ゆ楽温泉街の玄関...

続きを読む

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。