fc2ブログ

記事一覧

井原deお花見!3 ~「個性派駅舎」から、「お花見スポット」へ!~

↓前回記事はコチラhttp://ac802tfk.com/blog-entry-484.html゛わが街″倉敷市から列車を乗り継ぎ、総社市郊外、清音駅(きよねえき)から岡山・広島県境を越えて走る第三セクター鉄道・井原鉄道(いばらてつどう)の単行列車に揺られ、のどかな風景の中を疾ること、30分あまり。やって来ました・・・井原駅!人口およそ3万5,000人、岡山県西端、広島県と境を接する「境界の街」・井原市の中心駅にして、この地域の鉄道輸送を一...

続きを読む

井原deお花見!2 ~3セク鉄道de、プチ鉄旅!(車窓編)~

ついに始まりました、ゴールデンウィーク!✨毎年恒例お待ちかね!晩春の大型連休の到来です!依然続くコロナ禍、感染者数も「高止まり」状態の中ではありますが、今のところ緊急事態宣言やまん延防止等重点措置(まん防)などが発令される気配はなく、観光業ではワクチン接種の進行も相まって、国内旅行は昨年比126%、海外旅行は驚異の507%のアップと、大いに活況を呈する見込みとなっています。ともあれまだまだ油断は禁物...

続きを読む

井原deお花見! 1 ~3セク鉄道de、プチ鉄旅!(車両編)~

本日4月24日は、各地であいにくの雨模様。過ごしやすい春心地の中、折角の日曜日ながらステイホームを強いられ、歯嚙みされている方も多いのではないでしょうか。(依然続くコロナ禍を考えると、ステイホームした方が良いのかも知れませんが)前回記事にて「絶景!鷲羽山(わしゅうざん)」編を畳み終え、次に向かいますは、岡山県南西部、広島県に境を接する町・井原市(いばらし)4月初めの桜シーズン、吉備高原(きびこうげん)を背...

続きを読む

絶景!鷲羽山 5(終) ~オシャレカフェと港町さんぽ~

朝晩の気温の乱高下を経て、ようやく春の陽気に落ち着きそうな、4月後半。そうこうしているうちに、桜に続く春のビッグイベント・ゴールデンウィークが急接近!(来週だ~!)相も続くコロナ禍の中ではありますが、極力人の集中し得るトコロは避けつつ、手指の消毒、マスクの着用等、マナーと感染対策にも留意しながら、可能な範囲で楽しんで行きたいものです。記事中では先月末訪問、倉敷市郊外・下津井地区に在ります景勝地、鷲羽...

続きを読む

絶景!鷲羽山 4 ~大絶景、鷲羽山頂!~

プロ野球・千葉ロッテマリーンズ、佐々木郎希(ささき ろうき)投手、二試合連続完全試合・・・未遂!10日に前年王者・オリックスバファローズを相手に圧巻のパーフェクトピッチを披露してから、中6日。「もしかしたら」と「さすがに」というプロ野球ファンの゛期待″と゛猜疑″が入り混じる中でマウンドに上がった゛令和の怪物″は、「BIG BOSS」新庄剛志(しんじょう つよし)監督指揮する日本ハムファイターズに対し、8...

続きを読む

絶景!鷲羽山 3 ~鷲羽山ビジターセンター~

本日(4/10)の最高気温、25℃春到来!と喜ぶ間もなく訪れた夏のような強い日差しに、季節の変転(というより急転!)と地球温暖化の進行を感じずにはいられない、Noriでございます。(アイスと冷房は・・・もう少し先までガマンしたい!)現在先月末に足を運んだ倉敷市郊外の景勝地・鷲羽山(わしゅうざん)の模様を、絶賛お届け中の私。既に瀬戸内の眺めは見飽きた!・・・という方もいらっしゃるかも知れませんが、来週中の完結...

続きを読む

絶景!鷲羽山 2 ~第二展望台からビジターセンターへ~

鷲羽山(わしゅうざん)岡山県倉敷市・下津井(しもつい)地区近郊、瀬戸内海に面して広がる低山で、標高は133m。昭和9(1934)年、我が国最初の国立公園として、東は兵庫県から山陽・四国北部を経て西は九州北部まで計66,934ha(陸域のみ)を誇る瀬戸内海国立公園が策定された際、特に瀬戸内随一の秀景地として賛美され、見出されたのが、この鷲羽山です。その眺望は明治~昭和のメディア・政界で活躍した文人・徳富蘇峰...

続きを読む

絶景!鷲羽山 1~鷲羽山第二展望台~

皆さま、お久しぶりです!2月以降、仕事が忙しくなったり、ノーマネー!だったりしてなかなかお出掛けできない状態が続き(汗)そうこうしているうちに・・・桜の季節がやって来てしまいました(汗)このままでは来訪者の皆さんに忘れ去られてしまう!という危機感に突き動かされるまま、向かったのは・・・瀬戸内きっての景勝地!岡山県は倉敷市の港町・下津井地区の郊外に広がる低山、鷲羽山!(わしゅうざん)関西から中国・四国、九...

続きを読む

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。