fc2ブログ

記事一覧

湧水のまち 鯉のまち

 さて、昨年3月より書き綴って参った当ブログも、
この記事でついに100回目の区切りを迎えます!
(削除した記事含む)
これもひとえに、普段当ページを訪れご覧になられた
皆さまのお蔭です!
 これからも初志を忘れることなく、旅を求め、日本の景色を
切り取っては皆さまにお伝えして行く所存です。
どうか今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします!

 さて、記念の1ページとなった今回は、再び島原街歩き。
もちろん行き先は前回とは変わります。
 有明海に面し、豊富な海の恵みを受ける港町、
そして大城郭・島原城を戴く城下町でもある島原。
しかし実は、地下に染み込んだ水がそこかしこからこんこんと湧き出す、
湧水のまちでもあります。
 そんな特徴を生かした景観と、溢れんばかりの水を取り込んだ
庭園が魅力的な観光名所を持つ、鯉の泳ぐまちと呼ばれる通りを歩きます。
IMG_4635.png
 島原の町を貫く、国道57号線。
そこから左へ折れて1区画進んだ先が、「鯉の泳ぐまち」の入り口。
そんな場所に玄関のように佇むのが、
鯉の泳ぐまち 観光交流センター清流亭
 島原市周辺やこの辺りの散策をサポートする観光案内所と
土産物販売を兼ねた施設。
券売機で市内の主要観光施設のチケットを購入することも出来ます。
IMG_4576.png
 敷地内は「湧水のまち」に相応しい装い。
止まる事無く清涼感溢れる水を吐き出し続ける泉、建物横に
設置された水車、そして建物に入り込む様に設けられた
池には、スイスイと泳ぐ錦鯉
ちょっと池が濁りがちなのが、残念。
IMG_4575.png
 これから向かう施設の入場券を購入し、土産物を見たり
観光施設を紹介する映像の流れるモニターを見たりしていると、
面白い物を発見。
 なんと床の一部がガラス張りとなっており、
真上から水中を漂う鯉たちの姿が丸見え!
 しかしこいつら、取水口からと一緒に出てくる餌や養分目当てなのか
本当に漂っているだけ
どおりで表を泳ぐ鯉の数が少ないと思ったら・・・
なんとも無気力である。
IMG_4579.png
 今回も到着早々お昼ごはん。
「清流亭」の向かいに在る天下の味処 ほうじゅう
地魚や郷土料理を堪能できる料理屋さん。
IMG_4585.png
 店内は周囲の雰囲気にマッチした和様のもの。
飾られた大皿や絵画、著名人のサイン(誰のものかは分かりませんが)が書かれた色紙が、
良いアクセントに。
 カウンター席に案内されたのですが、料理が置かれる台が
絵の描かれた陶器となっていたのに、ビックリ!
IMG_4586.png
 店内には何と、湧水のせせらぎが!
澄んだ水音を聴きながら料理を待ち、そして頂く。
なんとも言えない癒し空間。
IMG_4581.png
 メインとして頼んだのは、刺身定食
色彩豊かに、バランス良く盛り付けられた大皿の刺し盛に
ご飯と味噌汁が付いて、1100円也。
 海に面した街だけに、刺身はどれも新鮮・プリプリ。
堪らんなぁ~
IMG_4583.png
 一緒に頼んだのがこちら、がんば寿司
「がんば」とは、島原地方の方言でフグのこと。
一般的には高級魚として扱われているフグですが、
ここ島原地方においては、古くから庶民の味として親しまれて
来たそうな。なんか贅沢!
 ちなみに大阪に本拠地を置くJリーグのサッカークラブとは、
一切関係ありません
 肝心の料理ですが、湯引きされ、白く染まったトラフグの身は味付け済み
(島原地方では、だいだい酢かポン酢で味わうのがスタンダード)。
さっぱりとした風味とコリコリ食感が楽しい。
IMG_4589.png
 食事を終え、通りへ戻ります。
城下町の風情を残す、落ち着いた佇まい。
時折現れる湧水の泉から、キレイな水が
水路へと流れ出て行きます。
IMG_4587.png
 澄んだ水の中を泳ぐ鯉。
湧水の水温は通年16℃前後に保たれているそう。
彼らに取っては住みよい環境なのでしょうか。
IMG_4592.png
 こちらは古民家を用いた施設、しまばら湧水館
内部は湧水の仕組みを解説したパネルが設置されている他、
島原名物、先日(2月12日)ご紹介させて頂いたかんざらし
手作り体験(有料)が出来るそうな。
IMG_4594.png
 玄関から母屋へお邪魔します!
正面に掲げられた額に刻まれているのは、流浪の俳人・
種田山頭火(たねだ さんとうか)の句。
IMG_4604.png
庭に面したお座敷は、明るく広々。
IMG_4602.png
 島原市内では目下、島原城下雛めぐり
鋭意開催中(来月25日まで)。
ここ「しまばら湧水館」でも、可愛らしく鮮やかな雛人形に出会えます。
IMG_4598.png
 雛人形の向かいには、島原の情景や人々の暮らし
IMG_4600.png
あるいは動物に題を採ったミニチュアが飾られています。
IMG_4605.png
 座敷に面した庭にも、湧水の恵み

 水と共に歩く街。
次回はあのトリップアドバイザーもイチオシの観光スポットと、
隠れたお宝が眠るお店を訪れます。
それでは!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。