fc2ブログ

記事一覧

風の公園に

坂本龍馬ゆかりの地、長崎。
前回は亀山社中記念館を見た訳ですが、今回はその続き。
坂道の途上に在る龍馬も通ったという神社に
寄りつつ、絶景スポット・風頭公園(かざがしらこうえん)を目指します。
IMG_5111.png
亀山社中記念館を出て右手へ進んですぐのところに、
こんな場所が!
龍馬が履いていたブーツを元に作製された、龍馬のブーツ像
「亀山社中創設百三十周年記念事業」の一環として、平成7(1995)年に
建立されました。
ブーツと共に船の舵輪と海援隊の隊旗も再現されており、
ブーツの中に足を突っ込んで舵輪に手を掛けたならば、
龍馬気分を味わえる!かも?
ちなみに龍馬、日本で最初にブーツを履いた、とも言われています。
オシャレさんだったのですね。
IMG_5112.png
龍馬のブーツ像付近からは、こんな眺め。
亀山の高台から龍馬は長崎の街を、ひいては新しい時代を
見据えていたのでしょうか。
IMG_5114.png
少し坂道を上がったところに社を構える、若宮稲荷神社
延宝元(1673)年、出来大工町の乙名・若杉喜三太(わかすぎ きさんた)によって
開創されました。
ご祭神は言うまでも無く稲荷神(いなりのかみ)
穀物・農業、広く言うと産業の神様。
江戸時代を通して長崎の人の信仰を集め、民衆はもとより歴代の長崎奉行の
崇敬篤く、元久元(1736)年には時の長崎奉行・細井因幡守安明によって
参道の開削と社殿の改築が行われています。

また稲荷神が南北朝の忠臣・楠木正成(くすのき まさしげ)の守護神であったことから
幕末には勤王稲荷(きんのういなり)と
呼ばれ、この地で亀山社中を興した坂本龍馬を始め、
長崎で活動していた者や長崎を訪れた志士たちが
参拝したという。
10月14・15日の秋祭りにて奉納される神事・「竹ン芸」が著名。
IMG_5118.png
境内には昔日のご縁からか、龍馬像が設置されています。
これから訪れる風頭公園の物より小さいですが、
こちらが「モデル」の様子。
IMG_5121.png
若宮稲荷社のすぐ傍に建つ、亀山社中資料展示場
この地域に点在する幕末ゆかりの施設の歴史的価値を見出すことにより、
地域の活性化を図ろうという市民有志の団体・亀山社中ば活かす会
によって設立・運営されており、幕末の古写真等を公開しているそうな。
しかし通りがかった時はあいにく閉館中。残念。
ちなみにこの場所、日本初の西洋料理店
竹林亭(ちくりんてい)の跡地。
6畳一間、6名以上はお断りの小さなお店だったそうですが、
この資料館の意匠もそれを模したものでしょうか?
「竹林亭」は移転・改称の後明治20(1887)年に廃業となりますが、
「自由亭」と名乗っていた頃の建物が、グラバー園内へ移築の上
現存しているそうです。
IMG_5129.png
アップダウンを繰り返し、また階段。疲れる
IMG_5131.png
着きました、風頭公園(かざがしらこうえん)
標高152mの風頭山上に設けられた公園は、
夜景スポットとしても著名。
すでに盛りは過ぎてしまったものの、の木も林立しており、
3月末~4月初めまで桜まつりを開催。
出店の他、夜間は設置されたぼんぼりに灯りが灯される
ライトアップも実施されたそう。
IMG_5135.png
まずは公園上部に設けられた展望台へ。
IMG_5138.png
ご覧ください、この眺め!
正面には長崎市街の中心部。その向こうには船舶行き交う長崎港、
左右を見渡せばグラバー園・大浦天主堂等が建ち並ぶ山手や
先ほど訪れた亀山社中記念館周辺を一望できる、
絶景スポット!
IMG_5147.png
で、ここのお目当てはこちら、でっかい坂本龍馬像!
長崎市街を眼下に、遠くへ鋭い視線を向けています。
精悍な顔付き、威風堂々たる立ち姿。
まさにわれわれ庶民が求める英雄像そのもの
IMG_5145.png
龍馬像と同じ広場には、歴史小説の大家・司馬遼太郎(しば りょうたろう)氏作、
「竜馬がゆく」の一場面が刻まれた石碑が。
船上から陸奥陽之助(宗光)と並んで港や街を眺める情景、
長崎の街に未来への足掛かりを見出す龍馬の胸の高鳴りが
伝わって来ます。
IMG_5151.png

IMG_5154.png
公園内には、散り残ったの姿も。
それを求め、あるいは春の温もりに触れに、花見客が集っておりました。

ここには載せていませんが、風頭公園へ至る途上には、製陶期間の
短さと現存品の少なさから「幻の焼き物」と呼ばれる亀山焼の窯跡
在ったり、公園内には昨日の記事でも触れた上野撮影局の主・
上野彦馬の墓が在ったりと、
見所が点在しています。
そういった隠れたスポットを探し、見付けるのも、散策の
醍醐味ではないでしょうか。
次回は坂を下り、寺院が建ち並ぶ区画・「寺町」へ。
その一角、日本初の唐風寺院を訪ねます。
それでは!
IMG_5143.png
遥か先を見据えるその眼に、長崎、そして現代日本の姿は
どう映っているのか・・・




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。