fc2ブログ

記事一覧

旅の先鋒は快適フェリー!

私が今現在、長野県は上高地に身を置いている事は
既出の通りですが、真っすぐ現地へ行くのは当然おもしろく・・・(以下略)
今回はそんな「赴任旅」の第一歩、九州から
関西へと至る船旅の模様をお伝えします!
IMG_5279.png
まずは電車で地元の駅を出て、北九州市のターミナル駅・
小倉駅(こくらえき)へ。
山陽新幹線の全列車が停車する他、
福岡都市圏との間を結ぶ列車が多数発着し、
東九州へも至便な同駅ですが、今回はソニックにも
新幹線にも乗りません!
IMG_5280.png
新幹線口側のバス停から西鉄の大型バスに乗って
やって来たのは・・・
IMG_5286.png
北九州と関西圏を結ぶ船会社・阪九フェリー
新門司港(しんもじこう)フェリーターミナル
奈良・平城京の大極殿を模した第一ターミナルビルが特徴的な
同港からは、神戸港行きと大阪・泉大津港行きの
二つの行路が就航。
今回は泉大津行きの便に乗船します。

私を泉北の港町まで運んでくれるのは、ひびき
平成27(2015)年4月に就役した、阪九フェリーの新鋭船。
総トン数15,897t、全長195m
全幅29.6m、旅客定員643名という、
大層大きな船。内部は7階建てとなっており、客室は5~7階。
レストランや売店、ゲームコーナーにカラオケルーム、露天風呂付きの
大浴場まで備える、充実した設備が魅力!
IMG_5338.png
乗船してまず目に入るのは、5階のロビーから続く吹き抜け
船内とは思えぬ、まるで高級ホテルのような造りに驚かされます。
中央部には各階へと至るエレベーターと、2本の階段が設けられています。
IMG_5315.png
こちらが一夜の寝床となる、スタンダード洋室
清掃の行き届いた船室に、上下2段のベッドが整然と
並んでいます。
お値段税込み7610円(繁忙期除く)。
今回は下段がマイスペース!
1人部屋では無いため当然周囲に他のお客さんも
居るのですが、備え付けのカーテンを閉めれば、
小さいながらも快適なプライベート空間の出来上がり!
IMG_5302.png
船首付近には、展望ルームが設けられています。
縦に広く開けられた窓からは、出港準備の様子や航行中の
前方視界が楽しめます!
利用時間は乗船時間-22:00と、5:00-入港までの間。
夜間は締め切られてしまうので、要注意。
あと景色を見やすくするためか、とても暗い
IMG_5304.png
17時30分、出港時間となりました。
車両搬入口を兼ねた船首が下ろされ・・・
IMG_5313.png
いざ出航!
IMG_5314.png
微速後進で岸壁を離れた船は港内で向きを変え、
響灘へと進みます。
大阪・泉大津まで12時間30分の船旅のスタート!
IMG_5317.png
各フロアーに備え付けられたモニターには、船の現在位置が
表示されています。
平成18(2006)年開港の海上空港・
北九州空港付近を航行中。
IMG_5324.png
7階からは、屋外デッキへ出ることが出来ます。
風に当たりながら大海原を眺め、阪九フェリーの社章を戴く
煙突の周囲に配されたテーブル席で寛ぐ。
急ぐことの無い、ゆったりとした旅。
IMG_5331.png
船舶行き交う響灘を進行中。
IMG_5327.png
雲の隙間から現れた太陽が、水平線を照らします。
IMG_5291.png
夕食は6階のレストランで。
棚から好みの料理を選び、レジでお会計というスタイル。
IMG_5334.png
こちらがマイチョイス。
ご飯・味噌汁・白和え・玉子豆腐という組み合わせ。
いずれもお店を出せそうなクオリティですが、
特に感嘆させられたのは、メインに選んだ宮崎県産黒瀬ブリ
たっぷり詰まった脂と甘味に、舌がとろけそう!
IMG_5337.png
食後はお風呂へ。
男女別の大浴場は7階。
ここの売りは何といっても露天風呂!
あいにく夜闇の降りた陸地を遠望することは叶わなかったものの、
吹き付ける海風に、ここが海の上、そして船の上という
特別な場所であることを実感。
IMG_5378.png
23時30分過ぎ、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ
西瀬戸自動車道の(愛称:瀬戸内しまなみ海道」)一端を担う
来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)を通過。
平成11(1999)年に供用を開始した自動車専用橋で、
全長4.1km。
周囲の島々や付近を航行する船舶の安全性、自動車の走行性等を
考慮し、両端に打ち込まれたアンカーでケーブルを支え、3つの吊り橋を直線的に繋ぐ
三連吊橋という方式が世界初採用されました。
夜の暗闇の中では全体像を見ることは叶わなかったものの、
間近で、そして真下から仰ぎ見る巨大構造物の威容と
迫力は、一見の価値あり!
IMG_5394.png
一夜が明けつつある朝5時過ぎ、空の彼方が赤く染まり始めました。
眠気と闘いつつ起床と下船の準備を進めます。
目的地はもう間もなく!
IMG_5395.png
6時頃に大阪・泉大津港に接岸!
送迎バスでJR和泉府中駅(いずみふちゅうえき)へ
出て、大阪駅へと向かいます。

新幹線や鉄道といった高速の物では無い移動手段。
新鋭船は揺れやエンジン音も目立たず、多様かつ
清潔な設備も相まって、より良い船旅が
可能となっています。
時にはのんびり大海原に揺られるのも、悪く無い。

さて、次回は北陸、石川県は小松市へ!
大阪からの鉄旅をご紹介します。
それでは!
IMG_5362.png

IMG_5363.png

IMG_5343.png
「ひびき」甲板、変幻自在!

コメント

No title

こんにちは。

最近は船での移動や旅というのがよくテレビで放送してて、見ていたのですが、快適そうですね(*´ω`*)

特にお写真の吹き抜けは本当にホテルのようで憧れます(*^^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。