fc2ブログ

記事一覧

一つの「時代」にお別れを

現在「旅日記」カテゴリーの記事数が多数に及んで来たため、
地方ごと、あるいは季節ごとでの細分化を進めております。
当ブログが皆さまにとってより見やすく、より分かりやすい
物となるよう努力して参りますので、今後とも
拝見のほど、宜しくお願い致します!

さて、今回は先月27日、とある鉄道車両最後の姿を
フィルムに留めるべく、松本市街へと下って参りました。
去り行く老兵の記録とその後私を襲った緊急事態、
さらにそれを逆手にとった楽しき一時をお伝えします。
IMG_6084.png
松本市街へと下り、まずは昨年見当を付けておいた撮影場所へ。
今回のターゲットが来るのはお昼過ぎ。
まずはそれまでの無聊の慰め、といったところでしょうか。
先日一部車両のE353系への置き換えと、
首都圏~伊豆半島の特急列車へのリニューアル及び転用が発表された
E257系。
いずれは地域色を押し出したこの塗装、そしてこの車両を中央本線で日常的に
目にすることも出来なくなるのでしょうか・・・
午後2時過ぎに、入場券を使って松本駅へ。
IMG_6090.png
14時29分。揺らめく陽炎の向こうから、この日の主役が
近づいて参りました。
IMG_6091.png
鉄道ファンの視線を一身に集めながらやって来たのは、
国鉄型特急車・189系
登場は昭和50(1975)年。小松市の「土居原ボンネット広場」に保存されていた
489系(4月25日の記事参照)同様、
急勾配によって車両の増結が制限されていた信越本線横川~軽井沢間
(通称・横軽区間、1997年廃止)に於ける輸送力の向上と、
専用電気機関車との協調運転を目的として設計・製造されました。
ベースとなったのは直流専用特急電車・183系
そのため同型式も直流区間限定での運用とされています。

営業運転開始後は東京~長野等を「横軽区間」を経由して結ぶ特急あさま
中央本線の特急あずさで使用され、
首都圏~信州間の特急列車網の充実に貢献。
JR化後の平成2(1990)年からは、車内外に渡る大幅なリニューアルを実施。
塗装の変更や座席の交換の他、グリーン車の3列化と指定席と合わせた
座席の前後幅(シートピッチ)の拡大、座席部分の床面かさ上げ、側面窓の拡大などが
盛り込まれ、サービス向上が図られました。
その後は北陸新幹線(長野新幹線)東京~長野間の開通、
老朽化に伴うE351系やE257系といったJR世代車の投入によって
数を減らし、長野市の長野総合車両センターに1編成、
東京都日野市の豊田車両センターに3編成が臨時用として
残存していました。
ところが今年に入って以降、豊田車両センター所属車の引退・
廃車が進行。
最後に残ったこのM51編成も、この日の運転を以て引退の運びとなりました。
IMG_6094.png
この日はさよなら189系M51編成ラストランと称し、
豊田駅から長野駅まで団体列車としての片道切符。
この「国鉄フェイス」も本当に少なくなりました。
IMG_6096.png
先頭部側面。運転台直下には「JNR(日本国有鉄道)」のマークも再現されています。
豊田方に設けられた開口部は、発電機へ冷却用の風を送り込む
取り入れ口。
IMG_6092.png
先頭車、ならびに車体側面の行先表示は「団体」となっていました。
あずさあさまの表示を予想(あるいは期待)していただけに、
ちょっと残念
IMG_6098.png
ひねりの無い行先表示の代わり(?)に、客室内には手書きの案内板が。
若干バランスが整っていないところに、却って車両への愛着や
暖かみを感じます。
IMG_6097.png
メッセージボードには、M51編成の雄姿を捉えた写真たち。
共に写るM50編成(あずさ色)とM52編成(グレードアップあずさ色)は、
一足先に現役を退くこととなりました。
IMG_6100.png
14時35分、松本駅発車。
惜別の汽笛が構内に鳴り響く中、M51編成はもう帰ることの無い鉄路へと踏み出して行きました。
ラストランに付き物の騒ぎも無く、見送る人々は静かにその姿をファインダー、
あるいは目に焼き付けておりました。

全国的に「国鉄型車両」がその数を減らしつつある中で、かつては日本中で見られた
優等列車にのみ施されたクリーム色
組み合わせ、いわゆる国鉄特急色は、実はこの
M51編成の引退に伴い、消滅
半世紀以上に渡って「特急列車」の象徴となっていたカラーリングも、これが見納め。
IMG_6102.png
松本駅2番線へと入線するE353系スーパーあずさ
現在の中央東線に於ける主役であり、将来的な車種統一へ向けて
精力的な増備が行われています。
IMG_6107.png
夕刻も迫り、上高地へ。
しかし松本電鉄の終点・新島々駅(しんしましまえき)まで戻ったところで、
重大な事態に気付く。
16時45分新島々発のバスが運転されるのは、この翌日・28日から。
つまり自力で上高地へ戻る手段が無い
部署のリーダー経由でどうにか社員さんのマイカーに同乗させて頂く運びとなり、
それまでの時間は松本へ戻ることに
IMG_6112.png
という訳で、Uターン。
滞在時間も伸びた事ですし、折角なので夜の松本を満喫しちゃいましょう!
IMG_6116.png
約10日ぶりの中町
営業を終えてシャッターを下ろしてしまっている店も多いですが、
昼間とはまた違った風情が有ります。
IMG_6118.png
晩御飯を摂りに立ち寄ったのは、薬膳火鍋yang yang(ヤンヤン)
平成26(2014)年9月オープン。15種類を超える漢方薬や香辛料を混ぜ合わせた
薬膳火鍋を看板メニューに、
美肌と疲労回復に効能有りのコラーゲンメニューを含む「コラーゲンコース」、
火鍋スープをアレンジしたラーメン、その他サイドメニューや
日本酒を取り揃えた、昼も夜も楽しめるお店。
IMG_6122.png
辛い物を苦手とする私、主力メニューの一つである「担々麺」はパス。
チョイスしたのは白湯蒙古とん塩ラーメン
火鍋白湯(パイタン)スープをラーメンのスープとしてアレンジ。
こちらも薬膳が豊富に含まれた、口にも身体にも優しい一品。
ああ、身体が喜んでおる
IMG_6125.png
続いてやって来たのは、先日発見し優しい間接照明と
壁面に取り付けられた鳥を型取ったオブジェが印象的だった
蔵久小路
まるで隠れ家のような雰囲気をまとう、中町から入った細い路地の
奥には・・・
IMG_6126.png
土蔵を生かした手芸品のお店やカフェが入居しています。
IMG_6134.png
そんな蔵久小路の一角、こちらも土蔵造りの町家をきれいにリノベーションした
居酒屋、酒肴 車
改装前そのままの欄間や床の間を残しつつ、和のテイストを
加えた、落ち着いた佇まいのお店。
IMG_6129.png
こちら、長野県内や新潟県糸魚川市の地酒を飲み比べることが出来る、
利き酒三点セット
メニューに記載された銘柄の中から、好みの物を3つまで選択可能。
今回は左から松本市・大信州酒造の大信州 辛口特別純米酒
川中島・酒千蔵野の川中島 特別純米酒
塩尻市・美寿々酒造の美寿々(みすず)純米吟醸酒の3つをチョイス。
IMG_6132.png
山菜や蒸し鶏、オリーブオイルに漬け込まれたマグロ等が盛られた
「お通し」と共に、頂きます!

目的を果たし、さあ帰ろう!とした矢先、私の凡ミスによって
発生した緊急事態。
しかし結果としてより深く松本をエンジョイし、無事帰り着くことが出来ました。
災い転じて福となす
ただでは転びませんよ~!
次回は松本地方を取り巻く温泉地の一つ・浅間温泉へ!
「松本の奥座敷」と呼ばれた名湯で、たっぷり湯治を
味わいます。それでは!

コメント

No title

こんにちは!

電車には詳しくないのですが、廃車や引退というのもあるんですね~

画像のラーメン美味しそうですね、ちょうどお腹が空いているのかなり響いております(笑)

私はお酒は飲めないのですが、飲み比べというの楽しそうですね(*^▽^*)

このお通しも野菜、肉、魚が味わえるのも良いですね(*´ω`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。