fc2ブログ

記事一覧

古来の里に根付く息吹き

また間隔が開いてしまい、ちと筆不精ぶりを反省中の
「西のノリ」です。
松本市郊外の古湯・浅間温泉への小旅行、2日目は
温泉街付近をぶらり散策。
歴史ある町らしい小道を抜けて参ったのは・・・
IMG_6206.png
神宮寺(じんぐうじ)
隣接する温泉街の鎮守の社・御射神社(みさじんじゃ)の別当寺(べっとうじ、
神社を管理する役目を帯びた寺院)として平安時代に創建され、
臨済宗妙心寺派に属し、医王山(いおうさん)を名乗ります。
社地と並ぶように構えられたその様は、
神仏分離令(1868年発布)以前に一般的であった神仏習合
(神道の神と仏教の仏を同一とする考え方)の名残を思わせる形態です。
IMG_6214.png
山際に建つお寺には私以外の来訪者も少なく、静かな雰囲気。
山門を潜れば、石仏や花の彩、春のがお出迎え。
IMG_6216.png
重厚な破風(屋根の飾り)を持つ唐門の向こうに、本堂が建っています。
IMG_6218.png
幅広に造られた廊下には・・・
IMG_6221.png
「子供と牛」を題材とした襖絵が描かれています。
それぞれの関係と距離感が一枚ごとに変えられており、なんだか
微笑ましい。
IMG_6220.png
本堂前は、広々とした石庭
整然と、かつ法則性を持って配された波紋状の石たちが、
巨石や立木、周囲を取り巻く山の色と見事な調和を
見せてくれます。
本堂の縁側に腰掛け、「風の声」に耳を傾けてみれば、何だか自然の中へと
溶け込んで行きそうな感覚に。
IMG_6223.png
規模では表側の石庭には及ばないものの、本堂と庫裏(くり)の間に設けられた
裏庭も、味があります。
IMG_6226.png
境内には歌人・与謝野晶子(よさの あきこ)や俳人・上原三川
(うえはら さんせん、正岡子規の弟子)の歌碑や句碑が残されており、
文人たちと温泉街の関わりを窺わせます。
こちらの上原三川の句碑には五月雨や 山の温泉のさゝ濁り

とあります。
IMG_6228.png
句碑の奥、石段を登った先には薬師堂
延宝2(1674)年、時の松本城主・水野忠直の生母、清陽院
祈願により薬師如来を戴くお堂として完成しました。
昭和23(1948)年、火災によって焼失してしまいましたが、十年後に
平安時代の建築様式に則って再建。
堂内に安置されている薬師如来坐像
像高73.6m、神宮寺創健当時に造られた由緒正しい仏様で、
松本市重要文化財に指定されています。
IMG_6234.png
お寺の次は、隣の神社へ。
永く浅間の里にて鎮守の社として祀られて来た、御射神社(みさじんじゃ)
古くは文治2(286)年編纂の「吾妻鏡(かがみ)」に記され、
春は里に下りて「田の神」として庄園(社寺や貴族が所有する領地)を守り、冬には
松本市と上田市の間に聳える三才山(みさやま)を守る「山の神」となる
神様を祀っていました。

今から約650年前の建武年間(1334-35)に浅間郷の地頭(じとう、
鎌倉幕府とそれに続く室町幕府によって設置された、庄園を管理する役職)
赤沢氏によって諏訪の地から御射山神社を勧請し、改名。
浅間の社地は春宮とされました。
IMG_6237.png
に囲まれた高台に社殿が設けられています。
祭神は大山祇命(おおやまづみのみこと)で、後に
諏訪大社の祭神である建御名方命(たけみなかたのみこと)、
八坂刀売命(やさかとのめのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)の
三柱の神々が合祀されました。
ご利益は地域の平安・家運長久・五穀長久・繁栄。
茨城県・鹿島神宮の祭神・建御雷神(たけみかづち)と力比べを
したという大力の持ち主・建御名方命を祀る故か、神前に参ってみると、
境内に大きな「力」が溢れているように
感じました。ちょっと不思議な体験。
IMG_6239.png
続いては御殿山(標高860m)の山麓を巡り、山頂へも繋がる
遊歩道の入り口付近にひっそりと佇む、小笠原家廟所(おがさわらけびょうしょ)
かつての信濃守護の後裔として父祖伝来の地へ復し、初代松本城主として「松本」の基礎を創った
小笠原貞慶(おがさわら さだよし)とその子・秀政(ひでまさ)、
秀政の子・忠修(ただなが)の小笠原家三代が、
浅間の地にて祀られています。
周囲を囲む石垣は御霊屋(おたまや、先祖や貴人の霊を祀る
霊廟)の名残り。天保12(1841)年に建物は焼失してしまいましたが、
敷地に残された五輪塔から、松本を治めた領主たちの先人たちへの敬意と尊崇の念を
感じることが出来ます。
IMG_6240.png
こちらが小笠原家三代を祀る五輪塔
貞享2(1685)年、当時の松本城主・水野忠直によって建立されました。
右側が秀政、中央が貞慶、左側が忠修のものとなっています。
それぞれ臨済寺殿大隆寺殿法性寺殿と、
埋葬された寺院と関係の有る戒名が付けられています。

なお初代貞慶は上杉→織田→徳川→豊臣→徳川と信濃の豪族らしく
波乱万丈な遍歴を重ねた後、下総国(今の茨城県)古河にて病死
その子秀政は徳川家康の嫡子・松平信康(まつだいら のぶやす)の娘を
正室として迎える等、徳川家に於ける地位を築いたものの、
嫡男・忠修とともに大坂夏の陣(1614年)にて戦死
小笠原家の家督は秀政の次男・忠真(ただざね)が継ぎ、
豊前(福岡県東部と大分県北部)小倉藩として幕末まで存続することとなります。
IMG_6241.png
住宅地を通り、再び温泉街へ。
その一角はかつて宿場町・浅間の宿が置かれていた場所。
IMG_6243.png
宿場町時代の面影はごく薄いですが、路地の造りから僅かにその姿が
窺えます。
IMG_6246.png
松本市街へと続いているかの様な坂道・湯坂を下ります。
IMG_6248.png
途上のお土産屋さんで、郷土のお菓子・お新粉餅(おしんこもち)
しんこ(新粉)とは白米を粉状にしたもので、その新粉によって作られたお餅だから
お新粉餅。
かわいらしい見た目に成形された餅はもっちり。中には程よい甘さのこし餡が、たっぷりと
詰まっています。

この日は昼以降にの予報が出ていたため、早めに温泉街散策を切り上げ
上高地へと撤退。
バスの車中より降り行く雨を見詰める事となりました。
次回は松本市内に出来た新スポット・信毎メディアガーデンへ。
期間限定で開催中のイベントと、オシャレ和食店での
お昼ご飯をお届けします。
それでは!
IMG_6245.png
浅間宿跡に建てられた、明治~昭和に掛けて登山家・事業家・歌人として
活躍した、大町市生まれの人物・百瀬慎太郎(ももせ しんたろう)氏の
歌碑。
私の趣味に「登山」は含まれてはいませんが、何だかぐっと来るものがあります。



コメント

No title

こんばんは~

詳しくないのですが、石庭というのもなかなか風情がありますね!

やはり神社やお寺からはオーラというかそういうものが出ているのを感じます(*^^*)

小学生のころ、神社でカードゲームをしていたら、全然知らないおじさんから「こういう神聖なところで、そんなことをするんじゃない」と注意されたことを思いました(笑)

次回のお昼ご飯の記事も楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。