fc2ブログ

記事一覧

三寺まいりと美観の水辺

 18日朝に発生した大阪北部地震
震源となった大阪府内をはじめ、近畿地方の広範囲を鳴動させた
自然災害は、都市機能に、開けた大地に、そして居合わせた人々の心に、
多大なる余波を及ぼしました。
 実は私も数年前まで関西(京都市)に住し、彼の地には
知り合いや友人も抱える身。
距離を隔てた遠方より動向を追い、祈り、願うことしか
出来ぬことを、もどかしく思います。

 あるいはこういった大変な時機にこうして旅日記を綴る、という
行為に、自重を求める向きも有るかも知れません。
しかし私はあえて常の如く、あるがままの日本の風景を、この目で見た
情感を伝えたいと考えます。
 この小身の綴る、写す光景を通し、苦難に当たる人々にとっての
癒やしとなることを祈って。 ac802ftk

さて、今回はやや増量気味でお伝えいたします!
読み切る心の準備はよろしいでしょうか?
IMG_6390.png
前回訪れた渡辺酒造を出て、その先の曲がり角で方向転換。
こちらは進行方向の反対側ですが、古い町並みを繋ぐ
通りにも、味の有る建築物が並びます。
IMG_6394.png
近隣の町・高山を彷彿とさせる町家。
出格子に出窓と、京町家の影響をも感じさせる造り。
IMG_6392.png
こちらが軒下に設けられた、と呼ばれる飾り付きの腕肘木(腕状に木材を
渡すことで、上からの荷重を支える部品)。
これは家屋を受け持った棟梁の証であり、古川にはこの「雲」が
約170種有ると言われています。
IMG_6396.png
町の南側、荒城川の近くに設けられた、飛騨古川さくら物産館
飛騨土産を豊富に取り揃えた物産館で、お菓子や飛騨ラーメン、飛騨牛の加工品といった
グルメから小物、各種工芸品まで、一度立ち入ればどれを選ぶか
迷うこと必至の多彩さ!
IMG_6398.png
館内の一角では、飛騨の工芸品・組紐作り体験の他、
映画君〇名は。パネル展を開催中。
IMG_6399.png
映画のパンフレットや劇中の一場面を切り取ったパネルの他、
アニメーション映像と現実の風景を比較したものまで、
ファン垂涎の企画となっています!
町中のあちこちでグッズ販売や各種展示が行われているあたり、
作品の持つ影響力が窺える様。
IMG_6400.png
さくら物産館にて購入したどら焼き。
しかし、ただのどら焼きにあらず!
IMG_6401.png
中に詰まっているのは、飛騨地方の伝統食材えごま
シソ科の一年草で、そこから採れる脂や実からは
人間の体内では合成・蓄積出来ない必須脂肪酸という成分の一種、
α‐リノレン酸を摂取することが出来、物忘れ予防やアトピーの改善、
便秘解消といった効能が期待されるそう(無論えごまを摂取するのみならず、
日頃の食生活や生活習慣の改善が必要となります)。
古くから飛騨地方の人々に食されて来たというえごまの実は、
プチプチ食感。
ふっくら焼き上げられた表皮と合わさった、独特な食べ応。

飛騨古川地方には、毎年年初に執り行われる風習が在ります。
飛騨地方に広く伝播した仏教の一大宗派・浄土真宗の開祖、
親鸞聖人(しんらんしょうにん)の命日前夜に当たる
1月15日、古川町や近隣に住まう人々が群れを成し、
町内に点在する浄土真宗西本願寺派の三ヶ寺、真宗寺・本光寺・
円光寺に参拝し、聖人の遺徳を偲ぶというもの。
三寺まいりと称されるこの習わしは、
明治・大正以後には製糸工場に出稼ぎに出ていた女性たちが
帰省の最中に着飾って三寺まいりへと出向いたことから、
「縁結びの催し」としての性格を帯びた他、夜の町を照らす
ろうそくの美しい光と女性たちの華やいだ姿が
冬の風物詩となっています。
この行事に習い、私(と友人)も町歩きついでに三寺まいりへ出発!
IMG_6407.png
三寺まいり一つ目は、さくら物産館の向かいに門を構える真宗寺(しんしゅうじ)
開基は文亀2(1502)年、当初は東本願寺派に属していましたが、後に西本願寺派へと
転向した、という歴史を持っています。
IMG_6408.png
寺の入り口・山門。
IMG_6411.png
真宗寺本堂。
近寄って見ると、天井に施された緻密にしてバリエーション豊かな
装飾に驚かされます。
かつて奈良の都にて寺社の造営に尽力し、その腕前を称賛された
飛騨の匠
豊富な山林資源に恵まれた飛騨の国にて育まれた大工たちの
技は、こうして脈々と受け継がれています。
IMG_6416.png
真宗寺の眼前に架かる今宮橋を渡り、荒城川沿いを歩きます。
に塗られた橋と、に囲まれた寺院のコントラストが鮮やか。
川を挟んだ両岸にも、昔日の面影を偲ばせる路地が続きます。
IMG_6417.png
三寺まいり二つ目、本光寺(ほんこうじ)
開基は天文元(1532)年。こちらも飛騨の建築様式を生かした山門が
お出迎え。
元々の堂宇は明治37(1904)年に古川町を襲った大火により焼失したそうで、
現在残る仏堂伽藍はその後に再建されたもの。
寺域とその外を区切る玉垣は、明治期に女工たちによって
寄進されたものだそう。土地の人々の信仰の篤さが窺えます。
IMG_6419.png
本光寺本堂。
十四間四面総檜造りという技法で建てられており、
飛騨地方で最大の木造建築とされています。
IMG_6421.png
こちらも真宗寺に負けじと、多様な彫刻が施されています。
IMG_6434.png
古川町で一番美しい風景が楽しめるのが、壱之町通りの裏手に広がる
瀬戸川と白壁土蔵街
瀬戸川は約400年前の金森氏統治の時代、新田開発のために
増島城の水堀から取水して通された水路。
今も生活用水、防火用水として活用される流水の中では鯉が
優雅に遊び、情感に華を添えています。
一方の白壁土蔵街は、
瀬戸川沿いおよそ400メートルの間に、2軒の造り酒屋を含め
30棟の土蔵が建ち並び、止まる事なく流れる水路との対比を見せてくれます。
IMG_6430.png
瀬戸川を泳ぐ
周囲の景色を豊かなものとしている立役者。
冬の間は寒さを凌ぐ越冬池にお引越し。
花咲く季節にまたここへと戻されます。
IMG_6464.png
午前中は荒れ模様だった空にもが戻り、土蔵街の白、
透明な瀬戸川とのコラボが実現!
IMG_6438.png
ここでちょっと寄り道。
瀬戸川沿いの路地に面したお花屋さん。
ここで頂けるのが・・・
IMG_6440.png
古川町近辺で乳製品を手掛ける「牧成舎」のもなかアイス
味はバニラ・抹茶コーヒーイチゴあん抹茶の5種類。
パッケージに刻まれた「人の世の まことの味は アイスもとかす
温かき心 ふれあふときにしみじみ」という言葉が、素敵です♪
IMG_6443.png
ここは手堅くバニラ味をチョイス。
店員さんおススメの食べ方は、備え付けのレンジで30秒間暖め!
(購入者のセルフとなりますので、悪しからず)
これにより皮はパリパリ、中はヒンヤリ感を保ちつつ
濃厚な牛乳の風味に甘さが加わった、二つの
食感を味わえます!
IMG_6444.png
飛騨古川三寺まいり、三つめは円光寺(えんこうじ)
開基は永正11(1514)年。一世住職・正祐が建立した道場が始まり。
その後町内各所を転々とし、江戸初期の元和7(1621)年に現在地に
門を構えました。
正徳2(1712)年に寺名を「円光寺」に改め、今に至ります。

九世住職の頃に起きた、浄土真宗本願寺派内での教義を巡る論争・
安永の法論によって住職が本山(西本願寺)蟄居となった折には
有栖川宮家の帰依を受け、宮家の位牌所ともなっています。
IMG_6447.png
円光寺山門
元は金森可重によって築城された増島城の城門であり、元和5(1619)年に
廃城となった際に当寺へと移築
改修を受けながらも現存しています。
全体的に小ぢんまりとした造りは、小藩の支城故でしょうか?
IMG_6451.png
円光寺本堂
規模こそ先ほどの本光寺には劣るものの、約350年前の寛文7(1667)年築。
他の2寺がいずれも明治時代に大火の被害を受けた中にあって、
貴重な現存建築。
IMG_6461.png
本堂側面、屋根上に設けられた破風の内部には、
特徴的な彫刻が残されています。
IMG_6459.png
それがこちら、水呼びの亀
本堂建築の際、彫刻の形を決めかねていた棟梁らの前に
旅の老人が現れ、「亀を彫っておけば火災の難から逃れる」と
言って立ち去りました。
時代は下り明治37(1904)年に発生した古川大火に於いては、
この亀の力によって類焼を免れた、と言われています。
寺を災厄から救った、まさに守り神。
IMG_6467.png
円光寺の裏手にも、素敵なロケーションが広がります。

時季こそ違えど、町の風習に触れたひととき。
なんだか身が浄められた心地がいたします(笑)
次回は町歩きの拠点となった宿をご紹介!
贅沢晩ごはんと、夜の瀬戸川散策も、チラ見せします。
それでは!
IMG_6470.png
古い町並み×掘割りに付きものの、鯉の軍団!

コメント

No title

こんばんは!

大阪の地震はびっくりしましたね、今現在も避難されている方もいらっしゃるようで1日でも早く元の生活に戻れるよう、祈るばかりです。

やはり、君○名は。は人気ですね、このような展示もあるとは(*^^*)

街並みや建物も古き良き感じで素敵ですね~

私、和菓子が苦手なのでどら焼きは食べられませんが、このもなかアイスのバニラ、コーヒー、イチゴなら食べられそうです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。