fc2ブログ

記事一覧

緑の列車、森を行く

ネットの出来ない状況であったため、久々の書き込みとなります、
「西のノリ」です。
今回、仕事のために長野県へ行くこととなりまして、まっすぐいっては
つまらない、という「旅人魂」のもと、一週間を掛けていろいろ
廻ってみた次第であります。
まず向かったのは、先日も訪なった、大分県。
今回はそこまでの道中をレポートします。

地元の最寄り駅から九州最大のターミナル駅へ。
DSC04765.png
博多駅からこの列車、観光特急・ゆふいんの森号に乗車します!
近年、各地に続々と現れている観光向け列車、その中でも
鏑矢と呼べるのが、このゆふいんの森です。
運転開始は、1989年。JR化直後の事です。
初期から観光客や鉄道ファンの注目を集め、由布院近辺の観光地化と併せ、
今では押しも押されもしない人気列車となっています。
ゆふいんの森には二種類の車両があり、こちらは博多と由布院を結ぶ後発の車両、
キハ72系気動車です。
1999年に運用に入り、一昨年には訪日外国人観光客の増加に合わせ、
五両編成となりました。
DSC04774.png
丸みを帯びた前頭部が特徴的です
DSC04775.png
この列車オリジナルのシンボルマークも、
デザイン性と高級感が溢れます。
14時35分、博多駅を出発、ゆふ高原を目指す
鉄路が始まりました。
二日市駅発車後、車内探検へと出発です!
DSC04778.png
こちら、ゆふいんの森号の座席。
この列車には車両によって数種類の色調の違いがありますが、私が乗った一号車は、
このデザイン。
全車指定のため、自由席特急券での乗車は出来ません。
DSC04780.png
本列車の特徴の一つ、展望席
1号車、ならびに5号車の特に最前列からは、運転席越しに
進行方向によって前面、もしくは後方からの眺望が楽しめます。
DSC04807.png
こちらは客室の様子。高い天井と明るい室内が印象的です。
DSC04781.png
こちらは乗降デッキ。なんと車両と車両の間をブリッジで
通しています。
これにより階段無しでの車両間の移動と、ワゴンによる車内販売を可能としています。
日本の鉄道車両に二つと無い、特異な設備。
DSC04783.png
こちらは3号車に設置された、ビュッフェスペース
写真には写っていませんが、右手側がドリンクやデザート類、ゆふいんの森
オリジナル弁当、オリジナルグッズを用意した販売スペース、
正面は立ち食いも可能なカウンターとなっています。
DSC04785.png
私も早速。
オレンジジュースバニラアイス
アイスの蓋には、しっかりと列車のロゴがプリントされています。

ここからは、沿線の見どころ(進行方向右側)をご紹介。
やはり景色を楽しめるのは、久留米から大分を結ぶ非電化路線・
久大本線(愛称・ゆふ高原線)に入ってから。
DSC04790.png
こちら、福岡県筑後地方と大分県とを隔てる耳納連山(みのうれんざん)
晴天ならば遠くまで山並みを見通せますが、この日はあいにくの天気。
ご覧のとおりのかくれんぼ状態。
DSC04794.png
山を越え、谷を越え、大分県へと入ります。
DSC04798.png
こちら、日田市郊外、温泉街で知られる天ヶ瀬駅
発車後に見られる慈恩の滝
二段となって流れ落ちる、名瀑です。
竜神伝説も伝わる、神秘的なスポット。
乗客にたっぷり楽しんでもらおうと、列車は徐行運転。
間近で轟轟たる流れを眺めることが出来ます。
鋭い水勢、白煙が覆いつくさんとする様は、神々しささえ感じます。
DSC04800.png
もう一枚。
ちなみに正面から撮ろうとしたら、カメラがフリーズしました。
DSC04802.png
豊後森駅の手前で見られる不思議な形のこの山は、切伐山(きりかぶやま)
名前通り、頂上が平らになっています。
DSC04805.png
豊後森駅発車後に見られるこの建物は、旧・豊後森機関庫
SL時代の貴重な遺構であり、現在は自治体・JRが一体となって
遺産を活かした公園として整備されています。
中央には重い蒸気機関車を回すための転車台
その前に佇むのは、9600形蒸気機関車です。

さて、そこから15分ほど走り・・・
DSC04809.png
終点・由布院駅に到着です!
言わずと知れた由布院温泉の玄関口。
おしゃれな駅舎は、レンタサイクルや観光馬車の受け付けも兼ねており、
観光の拠点としても機能しています。
DSC04812.png
ゆふいんの森号は車内清掃と点検の後、
博多駅へと折り返します。

実はこの駅、独特な設備を備えています。それは・・・
DSC04817.png
こちら!温泉の街ならでは、ホーム上の足湯です!
多くの観光客で賑わう駅なれど、立ち寄る人の少ないスポット。
駅の窓口で「入浴券」を購入すれば、
心地よいお湯に浸かりながら、旅の疲れを癒せます
DSC04820.png
足湯からは発着する列車も見えます。
二重の意味でしあわせ
DSC04822.png
エンジン音を響かせながら、大分行き普通列車がやって来ました。
これに乗って、大分市へと向かいます。

さて、移動日はいきなりの悪天候となりましたが、次回は大分県佐伯市(さいきし)・
臼杵市を周ります。
時季は、花盛り。
歴史と花の香り漂う街の様子をお伝えいたします。
それでは!
DSC04764.png
野辺の花も、美しきかな。













コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。