fc2ブログ

記事一覧

大糸線の旅、アゲイン

さて、先月10日~12日までの2泊3日の行程、それを
一月に渡って記して参った富山紀行ですが、今回が
ついに(やっと?)最終回
本年4月以来となる大糸線(おおいとせん)に揺られ、
上高地への玄関口・松本を目指します。
IMG_7611.png
お次の鉄路は、新潟県の糸魚川駅(いといがわえき)から。
JR西日本所有、キハ120形気動車による運転となる
普通列車・南小谷(みなみおたり)行きが待機中。

ここで大糸線の説明をさせて頂きますと、
路線は長野県松本駅~新潟県糸魚川駅間で、
総延長は105.4km
松本を基点として70.1km地点の南小谷駅を境に、
南側をJR東日本、北側をJR西日本担当しています。
南小谷以北で県境を越える他、両社間での運行形態も異なり、
JR東日本区間では直流電化(直流=一方向へ電流を流す
電化方式)による電車での運行、
JR西日本区間は非電化、気動車(ディーゼルカー)での
列車運行が成されています。

元は大正4(1915)年、沿線からの出資により設立された信濃鉄道
(現在の第3セクター・しなの鉄道とは異なる)により、松本~信濃大町間が
開通したことに始まります。
その後国鉄により昭和10(1935)年には大糸南線として
信濃大町~中土間が開通。
北側は大糸北線として糸魚川~小滝(こたき)間が同じく昭和10年に開通しています。
その後昭和12(1937)年には戦前の鉄道国有化により
旧信濃鉄道も国鉄所有となり、大糸線は松本~中土間となりました。
太平洋戦争による中断を挟んで鉄路が南北に繋がったのは
昭和32(1957)年。信濃鉄道による部分開通から実に42年後
事でした。
現在では内陸県・長野と日本海に面する新潟県を往来する
ルートの一つとして、かつて人や物が行き交った「塩の道」に沿うような
形で両県を繋いでいます。

糸魚川駅を出発した列車はえちごトキめき鉄道と分かれ、
内陸へ。
市街地を抜けてからは工場や住宅、そして田園地帯へと、景色が変遷して行きます。
やがて列車は厳しい山越えへ。
IMG_7616.png
いくつものトンネルを抜け・・・
IMG_7617.png
姫川と寄り添い、時に越えつつ進みます。
急勾配ではエンジン全開
車体や乗り込む乗客をも震わせる重低音が轟きます。
IMG_7621.png

IMG_7628.png
姫川の激流や、長さ・形も様々な鉄橋も見所。
IMG_7629.png
糸魚川から1時間あまり、JR2社の境界駅・南小谷(みなみおたり)に到着!
ここからはJR東日本による運行、
1日1往復首都圏と大糸線を直結する特急あずさに乗り換え。
この地点で大分へとへとですが、旅路をレポートするため、頑張ります!
IMG_7632.png
ゆっくりと南小谷駅を出た列車は、姫川沿いを進行。
以前(5月記事参照)と同じ場所、同じ構図での一枚ですが、
深みを増したから、季節の移り変わりを感じます。
IMG_5935.png
春先はこんな感じ。
IMG_7637.png
白馬村付近。以前は美しく冠雪した姿を見せてくれた白馬連山も、
この日は雲隠れ中
IMG_7639.png

IMG_7641.png
日本海側気候と太平洋側気候の一つ・中央高地式気候を分かつ
分水嶺佐野坂峠(さのさかとうげ)を通過中。
背の高い木立ちが取り囲む勾配を、登って行きます。
IMG_7647.png
大町市へと抜ける途上、仁科三湖(にしなさんこ)の脇を過ぎ行く。
それぞれ大きさや情景の異なるが、次々に現れます。
IMG_7648.png
静かな水面を湛える湖群は、沿線を代表する見所。
IMG_7651.png
稲穂色付く安曇野を抜け・・・
IMG_7653.png

IMG_7654.png
松本駅に到着!
2番ホームに待機していた松本始発の付属編成(2両)との連結作業を終え
11両となったあずさは、一路新宿を目指します。

まるで一瞬の出来事のように思えた2泊3日。
楽しい事ほど過ぎゆくのは早いもの。
海の幸、文化、芸術、情景・・・
お隣・石川県に比べると影が薄いように思われがち(失礼)な
富山県ですが、取り巻く自然や恵みは
そこでしか味わえない、れっきとした個性
識る事とは、楽しきかな
土地々々の良さを知るのも、また面白き事でございます。
次に旅路へ打って出るのは、11月半ば
1週に亘り山陰地方を旅する予定です。

次回は松本散策。偶然見つけた祭りの賑わいを取り上げて
参ります。
それでは!
IMG_7657.png
ようやく帰着した上高地も、霞の只中(笑)

コメント

No title

こんばんは!

富山紀行お疲れ様でした<m(__)m>

川の上を通って電車が走るというもの乙ですね~

楽しい時間というのはあっという間ですね、本当に(*´ω`*)

しかし、その短い時間でも思い出に残りますので、充実した旅になったことかと思います(*´▽`*)

11月の山陰旅行の記事も楽しみにしています!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。