fc2ブログ

記事一覧

グルメ、温泉

旅路まで、あと7日
心躍る刻を指折り数え心待ちにしている、「西のノリ」です。

お休みを利用し、県境の向こう、岐阜県平湯温泉へとやって来た私。
前回は温泉街の近傍に在る自然スポット・平湯大滝
巡りましたが、今回は温泉街方向へ。
飛騨グルメが楽しめるお店と、目玉となる
温泉にじっくり浸かります!
IMG_7855.png
まずは平湯温泉スキー場に接し、落ち着きある佇まいが素敵な
御食事処 あんき屋へ。
IMG_7856.png
飛騨地方の古民家を移築・改装した店内は、とっても広々!
複雑に組み合わされた柱や梁の下で、ゆっくりと食事を
楽しむことが出来ます。
飛騨地方が誇るブランド牛・飛騨牛の他、
各種定食やカレー、麺類、一品物まで、幅広いメニューが
ラインナップされています。
酒どころ・飛騨地方各地の酒造で造られた地酒
味わうのも、また一興。
IMG_7859.png
という訳で、料理が来るのを待つ間にまずは一杯。
高山市内、「古い町並み」にお店を構える造り酒屋・
舩坂酒造の銘酒・深山菊(みやまぎく)の
大吟醸酒。
常温にて提供される一杯は、香り芳醇にしてまろやかな口当たり。
大きな窓から差し込む陽射しにも当てられ、
ふわふわ、ほかほかな心地に。
IMG_7860.png
さあ、やって参りました、飛騨牛!
飛騨地方の郷土料理・朴葉焼き(ほおばやき)の定食を
頂きます!
IMG_7863.png
こちらがメインとなる飛騨牛の朴葉焼き。
火に晒される網の上には、朴の木(ほおのき)の葉が
くべられ、その上に脂の乗った飛騨牛のロース肉
野菜、それらの具材に味と風味を加える甘辛な味噌
載せられています。
焼き上がりに時間を要するため出来上がるまで少々待つことには
なりますが、これらの食材が織り成すハーモニーは
満足頂けるる事請け合い!
IMG_7865.png
小鉢や味噌汁をつまみながら待つ内に、焼き上がり~!
程よく脂が染み出し、野菜のエキスや味噌が絡み合った肉は、
ジューシーでありながら食べやすい!
なんだかずっと食べていたくなる(無理ですが)
IMG_7867.png

IMG_7871.jpg
あんき屋を後に、色付く山並みを眺めながら温泉街を目指します。
IMG_7874.png
温泉浴へと向かったのは、バスターミナル横、温泉街の
入口付近に広がる温泉施設ひらゆの森
温泉浴と森林浴をテーマとする複合施設で、
軸となる天然温泉の大浴場の他にも、広々とした休憩所や
各種グッズ・お菓子・お酒等を扱うお土産処、
ファストフードやデザートを扱う喫茶ラウンジ、
「飛騨牛」を始めとする本格料理が味わえる食事処、
和室・洋室と民芸調のお部屋から成る宿泊施設、
飛騨観光をサポートするカウンター・「旅の達人」といった
充実の設備が湯治客を待っています。
建物の前には広大な駐車場が有るのですが、いつも車両でいっぱい!
ここの人気のほどが窺えます。
IMG_7876.png
敷地への入り口には、足湯有り。
先ほどの画像に映っていた看板、「森の灯台」の
足下からお湯が流れ出ており、入浴前の一息、
あるいは散策の合間の休憩にピッタリ!
IMG_7878.png
建物入口、庇の内側には、飛騨地方の建築物に用いられる
伝統技法・(装飾を施した腕肘木。6月記事参照)が
設けられています。
建物自体も飛騨地方の他所から移築された合掌造りの建物であり、
古風な造りの中にどこか安らぎを覚えます。
IMG_7879.png
玄関内では、「和」を感じさせる人形や・・・
IMG_7881.png
飛騨の伝統工芸・さるぼぼ(平湯印)がお出迎え!
IMG_7882.png
館内へ入ってスグのスペースは、ロビーとお土産処。
その奥には軽食やティータイムにピッタリの喫茶ラウンジも
控えています。
お風呂上りの一休みによし、お酒やお菓子、小物といった
土産物をここで見繕うのもよし。
IMG_7895.png
ロビーの一角には、飛騨観光のお供となるパンフレットや
割引チケットが並ぶ観光案内所・旅の達人も設置。
温泉ついでに情報収集?
IMG_7886.png
男湯入り口。
ここ「ひらゆの森」の自慢は、男性7つ、女性9つにも及ぶ
温度や造りの異なる露天風呂
そこへ注がれるのは、源泉掛け流し(ただし源泉の
温度が高いため、適宜調節済み)の天然温泉。
それぞれ趣の異なる湯船に浸かり、浴場内や
借景となる山々を染める紅葉を眺める、贅沢なひととき。
一度に30人は浸かれる、大きな内湯も魅力的。

湯の花浮かぶその泉質は、カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・
炭酸水素塩・塩化物泉。
濁り方も湯船によって異なるお湯は、従業員の方が適宜巡回し、
大切に守られています。
IMG_7888.png
湯上りは紅葉煌めく廊下を通り抜け・・・
IMG_7892.png
合掌造りの休憩所・湯上り処へ。
火照った身体に染み渡る各種ドリンクやアイスクリームを販売する
自動販売機の他、マッサージ機も設置され、快適な
滞在をサポート。
柔らかな畳に寝転がるだけで、心地よい眠りへと
誘われそう。
IMG_7891.png
手入れの行き届いた庭を眺めながら、寛ぐ。
ああ、至福のひととき。
IMG_7896.png
「アルプス街道 平湯」に戻り、温泉卵をかっ食らう。
さて、上高地へ戻りましょう。

平湯大滝での自然浴に始まり、飛騨グルメ、温泉と
存分に堪能した一日。
実は上高地にほど近い立地から、平湯温泉は時折
訪れる場所でもあるのですが、改めてじっくり周ってみるのも
面白いもの。
馴染みの土地を再発見する、良い休日となりました。
次回はいよいよ山陰旅へ!
旅程をアップするのは地元への帰着後、今月24日頃からとなる
予定。
しばし間を空ける事となりますが、またここでお会いしましょう。
それでは!
IMG_7894.png
お風呂上りは、やっぱりコーヒー牛乳!

コメント

No title

こんばんは!

岐阜県はお隣の県ですが、まだまだ行ったことのない市町村がありますが、高速道路だと割とすぐに岐阜県に遊びに行けるので、親しみがあります(*´ω`*)

飛騨牛と朴葉味噌の組み合わせは最強ですね~

さるぼぼ、懐かしいです(笑)

三重県や愛知県でもちらほら売っているところありますよ~(今は減ってしまったかもしれませんが)

温泉施設でも最近はスペースが広かったり、売店も大きくなったりして便利になりましたね(*´▽`*)

山陰旅行の記事も楽しみにしております!

お気をつけていってらっしゃいませ(*^。^*)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。