fc2ブログ

記事一覧

国鉄型振り子車で、山陽へ。

皆様、お待たせいたしました。
長きに渡った山陰紀行も、ついに最終回
山陰地方の松江駅から山陽地方の岡山駅まで、
伯備線を辿る鉄路と、今や絶滅危惧種とも言える
国鉄型特急車の様子をお伝えします。
IMG_9058.png
戻ってまいりました、松江駅
帰りは表側、宍道湖や松江城方向を向いた北口から入ります。
IMG_9063.png
ここから岡山までは、特急やくもに乗車。
運転開始は昭和40(1965)年、福知山線山陰本線を経由し、
新大阪駅と島根県の浜田駅を結ぶ列車として。
当初はキハ80系気動車が使用され、
12両まで増結されるほどの人気を誇りました。

そんな「やくも」に転機が訪れたのは昭和47(1972)年のこと。
山陽新幹線が新大阪~岡山間で開業し、
それに合わせてダイヤ改正を実施。
これにより運転体系が見直されることとなり、
やくも」は伯備線(はくびせん)を経由して山陽と山陰を結ぶ
陰陽連絡特急となります。

さらに昭和57(1982)年には伯備線電化が完了、
カーブの多い線形を考慮し、振り子機構を搭載した381系
投入されました。

以来2度のリニューアルや一部列車のスーパー」化
再統合を経ながらも、中国山地を越える連絡特急として、
岡山出雲市間を結んでいます。
IMG_8717.png
使用車両は前述の通り381系特急型電車。
登場は昭和48(1973)年、中央本線(西線)の特急「しなの」より。
この形式の何よりの特徴は、営業車両としては日本初となる
振り子式車両であること。

時速50km/h以上でカーブへ差し掛かると
コロ式の振り子機構が作動。
遠心力を利用することで最大5度車体を傾け、
カーブで速度を保ったままの通過を可能とする。
この振り子機構の搭載によって従来の気動車や
振り子非搭載の電車と比較し、曲線が多い路線での
スピードアップが実現することとなりました。

外観では既存の国鉄型特急車の意匠を継承しているようにも思えますが、
振り子車両という特性に合わせて各部に改良が施されています。
車体は大きく傾斜する振り子車両でも建築限界(鉄道に於いては、
車両が周囲の建築物と接触しない為に定められた範囲)に触れぬ様に
上下に向けて絞り込まれています。

また振り子動作を妨げない様に徹底した軽量化低重心化が図られ、
車体に普通鋼では無くアルミ合金を使用、
それまでクーラー等の電装品が並んでいた屋根上は、
床下への集中配置によってスッキリしています。
車輪にも小径の物が用いられ、車高も低く抑えられているのが印象的。

まず「しなの」、次いで阪和線紀勢本線(きせいほんせん)の
くろしお」に投入された381系は、
先述の通り「やくも」でも営業運転を開始、
JR化後はそのままJR東海JR西日本
2社へと継承されました。

その後「やくも」では車両のリニューアルを開始、
改造によって生まれたパノラマグリーン車を連結した
スーパーやくもが登場し、一般車との差別化が
行われました。

こうして列車名と使用車両・塗色を分けて運用されていた「やくも」ですが、
平成18(2006)年改正では列車名称の再統一が行われ、
翌年から2度目となるリニューアル工事を実施。
全車ゆったりやくもと呼ばれる
グレードアップ仕様となっています。

・・・一部では乗り心地の悪さからはくもなどという悪名を頂戴している
同車ですが、大体制御無し、自然の遠心力に任せた振り子機構のせい
人にもよりますが、JR化以後に製造された振り子車両では、
コンピューター制御によって横揺れはある程度緩和されています
IMG_9060.png
こちらがパノラマグリーン車
それまでの「国鉄スタイル」とはかけ離れたスタイルと、
運転室越しの前面展望が好評。
一部の指定列車に連結され、時刻表にもその旨が記載されています。
IMG_9126.png
ゆったりやくも」化されていることを証明する、乗降ドア横のステッカー。
マスコットキャラクターも設定されています。
(左:ももちゃん、右:やっくん)
IMG_9067.png
乗降デッキ部分。
所々に「国鉄らしさ」は残りますが、木目調に仕上げられた壁面が、
高級感を醸し出しています。
IMG_9068.png
車内もリニューアル工事により、大幅に印象が変わりました。
天井照明には円形のスリットを設けたカバーが被せられ、
「安っぽさ」を払拭。

グレー系でまとめられた普通車室内には赤系でまとめられた座席が
並び、座席部分のかさ上げが行われています。
IMG_9065.png
ゆったりやくも」化に際し座席の交換も行われ、
北陸特急「サンダーバード」用683系と同一仕様の物へと進化。
ふかふかのモケットと大型化された枕が、包み込むようなホールド感をもたらします。
IMG_9075.png
車体を大きく絞り込んだ381系では、
窓際に物を置くことができません
そのため通常の背面テーブルに加え、肘置き部分に
ドリンクを置ける小型テーブルを設置。
IMG_9091.png
改造は水周りにも及び、洗面台と鏡の交換の他、
トイレもベビーキープを併設した洋式へとリニューアルされました。
IMG_9070.png
14時ちょうど、私を乗せた「やくも20号」は松江駅を離れ、
山陽を目指す鉄路へと踏み出しました。
車窓には宍道湖、次いで中海が流れ去って行きます。
IMG_9078.png
米子駅を出ると、列車は山陰本線から分かれて
伯備線へと入ります。
車窓からは大山(だいせん)の山稜がお目見え。
IMG_9080.png
南へと針路を変えた列車は、しばらく大山と平行して進みます。
伯備線随一の注目ポイント。
IMG_9090.png
車窓を眺めながらのお菓子タ~イム!
昼間に「風流堂」にて購入していた堀川めぐり
粒あんを柔らか、しっとりとした皮で包んだ銘菓を、
柚子の風味で頂く。
IMG_9095.png
列車は徐々に山間部へと向かいます。
車窓では右に左に、日野川の流れ。
IMG_9104.png

IMG_9110.png
新見(にいみ)~備中高梁(びっちゅうたかはし)間では、
荒々しい山肌を剥き出しにした峰々が続きます。
IMG_9109.png
沿線には地勢を利用した採石場も点在。
IMG_9123.png
山越えを果たして倉敷市へと出た「やくも」は、山陽本線へ。
直線の多い平野部を、最高120km/hの快足で駆け抜けます。
単線の伯備線内で行き違い列車の遅れから
遅延を食らったためか、やや飛ばし気味。
IMG_9124.png
松江駅を発してからおよそ2時間40分、
終点の岡山駅に到着!

実は381系は製造から年月が経過していることもあり、
徐々に車両更新廃車が進行中。
しなの」からは定期運用を退いた後、平成20(2008)年に引退

JR西日本でも平成27(2015)年に「くろしお」と
山陰本線(嵯峨野線)の運用から撤退しており、
残されたのはこのやくものみ
そしてこのやくも運用に関しても、
2022~23年度に掛けての新車投入と置き換えが計画されています。

引退まではまだ間があるものの、この形式に乗るのは、いや、国鉄特急車に乗るのは
これが最後かも知れない・・・
回送列車として走り去る車両を、万感の想いを込めて見送る。
IMG_9128.png
岡山駅からは山陽新幹線で九州を目指します。
2+2列のグレードアップ指定席が魅力的な、
さくら号に乗車。
IMG_9130.png
空がに染まる中、西へ、西へ。
旅路の終わりは、もうすぐ。

大都市圏から離れた、山陰の豊かな自然と食文化、情緒と景色を
楽しんだ一週間。
また山を越えて訪れたい、そんな思いとともに日常へと戻ります。

旅路を一つまとめたばかりですが、私の懐にはまだ
ネタというビスケットが!
次回からは今現在身を置いている大分県のお隣、
今年(もうすぐ終わりますが・・・)1月に続いての訪問となる、
宮崎県へ!
永い歴史に彩られた史跡や自然豊かな山間の町、
そしてブランド牛に名産の鶏と、こちらも目いっぱい
楽しんでまいりました!
年を跨ぐことと相成りますが、今後とも当ブログを
お楽しみ下さいませ。
それでは!
IMG_9134.png
九州へ帰るとやっぱり食べたくなる、とんこつラーメン

コメント

No title

こんばんは!

マスコットキャラクターは猿がモデルですかね?
愛らしいデザインで、受けは良さそうです(^ω^)

電車も進化しているのがわかります、外国からの観光客も増えてきているでしょうし、交通機関にも日本らしさが表れるのはいいですね。

車窓からの景色も世界の車窓からみたいな感じでいいですね(*´ω`*)

宮崎の記事も楽しみにしていますね!

こちらもよろしくお願いいたします。

九州の方はやはりとんこつラーメンなのですね~

私の知り合いも「九州じゃラーメンはとんこつかな…醤油ラーメンで勝負しようとか考えてないと思うよ」と話してましたw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。