fc2ブログ

記事一覧

宮崎横断バスの旅

さて、2泊3日の宮崎旅も、いよいよ最終回
高千穂町の高千穂バスセンターから延岡市延岡駅までの、
路線バス車内からの眺めをお届けします。

高千穂町三田井地区に在る、高千穂バスセンター
高千穂と近隣地域や遠方を結ぶ交通の拠点からは、
延岡から自動車道やバイパスを通って高千穂を経由し、
久留米市・福岡市へと至る高速バス
同じく延岡から高千穂を抜けて熊本市へと向かう特急バス
(いずれも要予約)
隣町・五ヶ瀬町へのシャトルバス
町内各地区とを結ぶ町営のふれあいバス等が
発着しています。(写真無し)

今回は宮崎交通による運行、五ヶ瀬川沿いのいわゆる旧道
通って延岡駅へ向かう路線バスを利用。
IMG_9901.png
バスセンターを出発したバスは、高千穂町を抜けて行きます。
IMG_9902.png
坂を越え、峡谷に架かる橋を渡ります。
こうして見ると、高千穂が山に囲まれ深い峡谷を抱いた盆地であることが
分かります。
IMG_9906.png
斜面に広がる棚田
高千穂は傾斜を生かした棚田の情景でも知られており、
町内に在る栃又棚田(とちまたたなだ)や尾戸の口棚田(おどのくちたなだ)は
日本の棚田百選にも選出されています。
IMG_9908.png
やがてバスはどんどんと高度を下げ、峡谷の底へ。
IMG_9918.png
日之影町(ひのかげちょう)付近からは、
山塊に囲まれた五ヶ瀬川に沿って進みます。
IMG_9925.png
日之影温泉駅付近からは、車窓に高千穂鉄道の遺構が出現。
ここから延岡市内まで、並行したり、交差したり、ラジバ・・・ゴホン。
IMG_9921.png
吾味駅跡付近に架かる第3五ヶ瀬川橋梁
国鉄高千穂線が日之影駅(後の日之影温泉駅)まで
部分開業した昭和14(1939)年の完成。
中央部を鋼製のトラス構造、両端をラーメン橋とした
複合構造の橋梁で、カーブを描きながら五ヶ瀬川を渡る姿が美しい。
IMG_9927.png

IMG_9931.png
五ヶ瀬川の清流と冬の山ならではの控え目な
そこへ溶け込むような鉄道遺構が織り成す景色が、車窓を彩ります。
IMG_9926.png
手前の川床も、線路の跡
レールや枕木こそ撤去されていますが、盛り上がった路盤の名残が、
ここに鉄道が通っていたことを雄弁に物語っています。
IMG_9938.png
峡谷を抜け、平地へと出て来ました。
川幅も広がり、延岡市街はもうすぐ!
IMG_9939.png
高千穂BTから約1時間30分、終点の延岡駅に到着!
かつて高千穂鉄道の列車が発着していたターミナル駅は、
今はJR日豊本線(にっぽうほんせん)の列車のみが行き交う、
宮崎県北部の中心都市・延岡市の玄関口

(失礼ながら)予想していたよりも規模が大きく、かつ綺麗に整えられた駅施設は、
延岡市が平成24(2012)年に策定した
延岡駅周辺整備事業基本計画の下、
大規模リニューアルを実施。

駅舎の改修、各ホーム間を繋ぐ跨線橋の設置
東西自由通路の設置、
駅前交番の開設に加え、
待合スペースに各種イベントや活動に利用できるスペース、
書店、ス〇ーバックスコーヒー等が併設された
延岡駅前複合施設 エンクロス
昨年(2018年)4月にオープンしました。
IMG_9940.png
複合施設内は動線が分かりやすく整理され、通路に沿って
店舗や施設が営業中。
列車への乗り換えを待つ間、私もス〇バで一休み♪
IMG_9942.png
16時41分発、博多行きの特急にちりんシーガイア
1番線に入線して来ました。
783系ハイパーサルーンで、大分を目指します。

日向国に根付く太古の歴史と高千穂の自然、食文化を満喫した
3日間。
宮崎県を訪ねたのは1年の間に2度目となりましたが、
場所を変え、ルートを変えて存分に楽しむことが出来ました!
開拓も、面白きかな。
次は高千穂鉄道廃線巡りもしてみたい!
その機会を心待ちにしつつ、日常へと戻ります。

次回は・・・未定(笑)
またお出掛けか旅に出ることが有りましたら、こちらで
アップして参りたいと思います。
それでは!

コメント

No title

こんばんは!

見事に山に囲まれていますが、紅葉がかっている箇所もあって良いですね(^ω^)

棚田百選、というのがあるのですか、確かにこの棚田なら選ばれそうですね(*´ω`)

ラジバンダリ、懐かしいですね(笑)

ラーメン橋、ラーメン好きが勘違いしそうな名前ですね(゜_゜)

次回の記事も楽しみにしてますね(´ω`*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。