fc2ブログ

記事一覧

官庁舎、今昔。

先日東京都内にての開花宣言が出され、
いよいよ春本番も間近、といった感じになって参りました。
ここ九州地方も次第に冬の足音が遠ざかり、
新たな季節の到来を肌身に感じる次第でございます。

さてまだぽちぽちと書き綴っております門司港散策、
今回ははね橋・ブルーウイングもじを渡って
新浜地区へ。
そこに建つ一軒の洋館を取り上げます。
IMG_1177.png
ブルーウイングもじ」を間近に望み、「大連友好記念館」の
向かいに佇むこちらの重厚な建物が、今回のお目当て。
ここは旧門司税関

明治45(1912)年、当時一般開港に指定され横浜・神戸と並ぶ国際港へと
発展を遂げつつあった門司港に於ける、貿易品の課税・監督を請け負う
関税の2代目(初代は明治43年、火災により焼失)
庁舎として建てられました。

設計を担当したのは建築技師としてのみならず、
俳人としても才を発揮しながら若くして没した咲壽栄一(さくじゅ えいいち)
その過程に於いてはドイツで建築技法を学び、
日本橋や東京商業会議所(現存せず)、横浜正金銀行本店(現神奈川県立博物館)や
横浜新港埠頭倉庫(現赤レンガ倉庫)といった
官公庁・公的施設のデザインを手掛けた妻木頼黄(つまき よりなか)が
指導に当たりました。
IMG_0907.png
ブルーウイングもじからも見えます

建物はルネサンス様式を取り入れた赤レンガ造りの木骨構造で、
骨組みを包むレンガの構成は、大小のレンガを
それぞれ積み重ねたイギリス式

税関施設として使われたのは昭和2(1927)年までで、
税関の新庁舎建設にともない民間に払い下げとなって、
事務所や倉庫として使われていました。

その後民間運営の下で施設の一部取り壊し、窓の封鎖等によって
変容していた「旧門司税関」でしたが
平成4(1992)年、建物の持つ建築様式や
優美な佇まいに着目した北九州市が、所有権を取得
平成6(1994)年までの間に修復や欠損部分の復元を行い、
かつての官庁舎は往時の威風を取り戻すこととなりました。
IMG_0914.png
付近には税関庁舎時代を物語る遺構も。
これは大正8(1919)年に門司税関によって設置された
浮さん橋の跡。
港の沖合に停泊する外国籍貿易船との間を作業員を乗せて
行き来する小型船の発着場の他、
積み下ろされる船内用品の監視・取り締まりを行う場所として
利用されていました。
IMG_0921.png

IMG_0931.png
どっしりとした造りの玄関を潜ると、そこは開放的なエントランスホール
2階分、そして天井にまで及ぶ吹き抜けから、
赤レンガや天井に張り巡らされた木組みの構造までもが
手に取るように分かります。
IMG_0922.png
館内の所々に、税関の仕組みや役割、門司税関の歴史を解説したパネル、
その他こういった資料が展示されています。
IMG_0923.png
こちらは明治7(1874)年~同9(1876)年に遣り取りされた公文書。
そこには当時の内務卿(内務省長官。副首相相当)・伊藤博文(いとう ひろぶみ)、
大蔵卿(現在の財務大臣)・大隈重信(おおくま しげのぶ)の連名にて
太政大臣・三条実美(さんじょう さねとみ)宛てで
税関が未設置である下関に於いて、山口県官吏(国家公務員)による
取り締まりを行うべきである、という上申がなされています。
思いがけない所で「お宝」を発見。

この他1階には関税の役割を周知するための資料として、
押収された現代の偽造品や密輸品が展示されています。
特に密輸品に至っては、パソコンのバッテリー部分や真ん中がくり抜かれた本、
消化器や靴などに「白い粉」や拳銃が押し込まれた、
なんでも有り状態。

こんな周到な手段で掻い潜ろうとする者たちに目を光らせ、
取り締まりに当たる税関の皆さま、ご苦労様です。
IMG_0935.png
階段を上がって2階部分は、建物の構造を生かした
「休憩スペース」となっています。
IMG_0932.png
こちらの真鍮製金具、
昭和2(1927)年以降の門司税関の入居先、
旧湾岸合同庁舎(税関施設としては3代目)に
取り付けられていたもの。
おそらく現庁舎(昭和54 1979年完成)移転後に移されたものでしょうが、
税関庁舎としては「先代」に当たる洋風建築に、
違和感なく溶け込んでいます。

2階の一角には「資料コーナー」も設けられ、
明治・大正・昭和の門司港の姿を、絵はがきを通して
知ることが出来ます。
IMG_0943.png
その上、3階部分は展望室
狭い空間、なおかつレトロ建築ゆえ視界は限定的ながら、
「大連友好記念館」や高層マンション「門司港レトロハイマート」
IMG_0951.png
街並み越しに関門橋
IMG_0949.png
前回ご紹介したブルーウイングもじ(しかもちょうどオープン状態!)を
望むことが出来ます。
IMG_0954.png
1階へ戻りまして、やって来たのはこちら、
フルーツファクトリー モーン・デ・レトロ
果物専門店直営、北九州市内に店舗を展開する
「世界中のフレッシュフルーツを買って食べて贈れるお店」。

レトロな洋風建築の一角に現れる「今様」のお店では
山盛りの果物やアイスクリーム、ジュレが贅沢に載せられた
パフェ(お店では「パルフェ」と称す)やアイスバー、
新鮮果実を搾ったフルーツジュースを楽しめる他、
タルトやフルーツの盛り合わせ、ジャムといった
「お持ち帰りメニュー」も充実。
好みのスタイルで瑞々しいフルーツを味わうことが出来ます。
IMG_0957.png
券売機でチケットを買い、カウンターへ提出。
しばし待ってから眼前に現れましたるは、
「果物の良いとこ取り」と言えるミックスフルーツジュース
レトロ店オリジナル、こぼれんばかりのフルーツと
ソフトクリーム、その下に果実入りぶどうジュレが詰め込まれた
レトロジュレ
ビジュアル・ボリューム共に大盛り感溢れる一品。
IMG_0955.png
船溜まりを望むテラス席で、寒風に耐えつつ味わう。
(※今はまだ海風の冷える季節のため、頂く際は
風をしのげる場所か屋内店舗部分での飲食をオススメします)

官庁舎ならではの風格ある造りと税関の成り立ち、
おいしいフルーツパフェを楽しんだひととき。
人の営みが生みだした仕組みから出来た施設が、
今こうして人を集め、土地を潤わせている。
これもある種の「サイクル」と言えるのかも知れません。
次回は夜の門司港レトロ散策!
ライトアップされた各施設と、美味しく、温かい
食事処を巡ります。
それでは!
IMG_0959.png
撮影スポット、見つけた。

コメント

こんばんは。

旧門司税関……。
立派で堂々とした建物ですね。
旧門司市は、かつて九州の玄関港であったことが偲ばれる都市ですね。
現在も旧門司港は、北九州港の外国貿易の中心であるのでしょうか。
福岡県というのは、福岡市だけではないですよ、という声が聞こえそうでした。

こんにちは

yamashiro94さん
コメントありがとうございます。
旧門司税関、公的機関の庁舎らしい重厚な
造りは、門司港レトロでも有数の物だと思います。

現在の門司港は港湾関係の機関が置かれた、
言わば「オフィス」のような立ち位置だそうです。
門司港や市内各所の埠頭を一体とした
「北九州港」は、国内有数の規模を誇る
「海の玄関」だそうな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。