fc2ブログ

記事一覧

猿回し、お菓子、お買い物。

これまで半月に亘って記して来た門司港旅も、ついに最終回
そんな一区切りを迎える今回は、門司港レトロの中核を成す
商業施設と、その近くで行われていた「イベント」を取り上げます。
IMG_1212.png
旅行・・・となれば、確保すべきはやはりお土産。
という事でやって来たのは、船溜まりに面した一帯。
食事や土産物にピッタリなレストランや雑貨店、土産物店などが
入居する複合施設・海峡プラザ

レストランや海産物店が入る「東館」と雑貨店やお菓子屋さん、
各種土産物を中心に扱う「西館」から成り、
営業時間は物販スペースが10:00~20:00、
飲食店が11:00~22:00。
年中無休。
IMG_1211.png
平日とはいえ天気に恵まれたこの日。
ここ「海峡プラザ」には、たくさんの観光客が集っています。

そんな「海峡プラザ」の傍で出会ったのが・・・
IMG_1161.png
お猿さん。
船溜まりを背にしたウッドデッキで披露される猿回しの主役で、
芸名はハナちゃん
観客が現れると、猿使いの方に促されての「ごあいさつ」。
IMG_1162.png
小道具の人形が登場。
この人形を「赤ん坊」に見立て、「母親役」のハナちゃんが
おぶったり、抱っこしたり。
なんだか微笑ましい一芸。
IMG_1166.png

IMG_1165.png
続いては「輪くぐり」。
ハナちゃんと猿使いの方が息を合わせ、一枚、二枚と
クリアして行きます。
ハナちゃんの機敏な動きと軽やかな跳躍が、見事。
IMG_1168.png
締めは3つの輪っかを一つにまとめ、ジャンプの最高点、
かつ狭い真ん中を潜るという難易度の高いもの。
しかし芸達者なハナちゃんからすれば、なんのその。
ジャンプ一番、一発クリア。お見事!
人猿一体の技、楽しませて頂きました。

ちなみに「ハナちゃん」ですが、かわいらしい衣装は女装だそうで、
本名テッペイくん
オスのお猿さんだそうです。
あいにく「鈴なり」の見物客とは行きませんでしたが、
「ハナちゃん」、猿使いさん、良いモノ見させて頂きました!
IMG_1213.png
「海峡プラザ」での土産物探しの途上で、ちょっと寄り道。
西館1階に在る洋菓子と紅茶の専門店・グリーンゲイブルズ
「赤毛のアン」をテーマに、物語の舞台である
カナダ・プリンスエドワード島の住居から名前を取ったお店。
ショーケースに並ぶお菓子の数々が、食欲をそそる♪

その中から選んだのが、こちらのレトロバナナ
バター・アーモンド・バナナを使った焼き菓子は、
「バナナのたたき売り発祥の地」、門司港らしい一品。
甘さ控えめのほのかな口当たりは、飲み物との相性もバッチリ。
う~ん、紅茶と合わせてもよかったかも。
IMG_1216.png
お次は建物の外側、人の行き交う路地に面した
おにぎり処 かば田へ。
辛子めんたいの名店が営むおにぎり屋さんで購入したのは、
関門地域らしいふぐめし
炊き込みごはんのような風合いのデルタ地帯に、
タケノコ、椎茸、にんじんといった野菜と共に
ふぐの身が投入された、食べ得な一品。
IMG_1214.png
船溜まりを眺めつつ、パクパク。

お土産も「ふぐめしの素」と「アオサの味噌汁(シジミ入り)」を購入し、
お買い物(食べ歩き)完了!
大満足で門司港駅へ向かいます。
IMG_1239.png
レトロタウンに別れを告げ、改札を潜る。
ああ、今回も良い旅だった・・・

明治~昭和初期に形成されたレトロな街並み。
そこには凝縮された歴史と魅力、先人より託された
魅力を生かそうという人々の心意気がありました。
再発見と新発見を通し、見所いっぱいの「門司港レトロ」を
より深く知ることが出来た3日間。
皆さんも九州の端っこに、「レトロ」を探しに来ては
いかがでしょうか?

次回は未定・・・ですが、花咲く季節に合わせて
近くの城下町にでも行ってみようか。
それでは!
IMG_1247.png
フェアウェル、門司港。

コメント

No title

おはようございます、お久しぶりです(笑)

海際に建物があるとなんだかほっこりというかいいな~と思ってしまいます(#^.^#)

猿の芸をご覧になったのですね、なかなか見ることがないと思いますので貴重な見世物だったのではないでしょうか(^J^)
余談ですが、私の地域は何年か間に山を切り崩した際に野生の猿が車道に居座るということが何回かありましたw



景色を見ながら食べるおにぎりとかって不思議と美味しく感じますよね~

No title

コメントありがとうございます。
お久しぶりです(笑)

海辺の情景って、なんだか普通の町と違うように
見えますよね。
わたしもがっつり猿の芸を観たのははじめてでした。
なんだか新鮮!
山猿の座り込み抗議・・・一度居座れば頑として
退いてくれないでしょうから、迂回かこちらが
避けるほか無くなりそう(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。