fc2ブログ

記事一覧

ノシャップ岬~サンセットに酔い痴れて~

新しい記事を上げるたびに、過去記事の画像が侵食されて行く・・・
そんなジレンマとの闘いが続いている、ac802ftkです。
まあ・・・上げますけど!

いよいよ旅も終盤、翌日に利尻島上陸を控えての稚内散策は、
夕日の名所・ノシャップ岬へ!
晴天を利し、宗谷海峡を望むサンセット、自然と天体の織り成す極上の「魔法」を目撃します。
IMG_2632.png
ホテルでしばし休息を取り、日が傾いた頃を見計らって再出撃!
稚内駅前のバスターミナルから、ノシャップ行き宗谷バスに乗り込みます。

市街地を抜ける事10分ほど、終点・ノシャップバス停で下車。
目的地へ向けて歩きます。
IMG_2634.png
宗谷地方の特徴の一つは、海から吹き付ける烈風。
道端に立てられた町内会の旗も、常時はためいています。
これに道北の冷たい空気が加わると・・・結構キツい
岬への道
「岬」という単語から想像していたそれとは異なる、案外「普通」の住宅街を抜けて
岬の突端を目指します。
IMG_2637.png
さて、やって参りました・・・
IMG_2645.png
ノシャップ岬!
「日本最北端」で知られる宗谷岬と対する位置で(宗谷岬が東側、ノシャップ岬が西側)
海へと突き出し、日本海宗谷湾を区切る岬。

名前の由来はアイヌ語でノッ・シャム(もしくはノッ・サム)と言い、
「岬がアゴの様に突き出たところ」、「波の砕ける場所」、「岬の傍ら」等の意味が有るそう。
漁港に面した岬の一角は恵山泊漁港公園(えざんどまりぎょこうこうえん)として
整備されており、雄大な日本海利尻島礼文島といった島嶼を望む位置に、
ご覧の碑やイルカのモニュメントを設置、自然観察や記念撮影を楽しめます。

また周辺には天体観測や南極観測の資料を展示した青少年科学館
「幻の魚」と称されるイトウをはじめ、北方の海に住まう魚たちを取り扱う
ノシャップ寒流水族館も設けられ、海の眺めと合わせて楽しめます。
(訪問時は既に閉館時間後)
イルカのモニュメント
夕日を浴びて輝く、イルカのモニュメント。
タイミングが合えば身を捻ったイルカの中央付近に」、夕日が掛かった一枚が撮れます♪
海上の利尻富士
荒波と烈風の先、海の上に浮かぶように立ち上がっているのは、
最終目的地・利尻島のシンボル、利尻山!(りしりざん、標高1,721m)
「利尻富士」の異名を取る海の名峰が、その美しい稜線を霞の向こうに浮き立たせています。

この他天気に恵まれれば礼文島宗谷岬も見えるそうなのですが、
あいにくこの日は大気の状態が悪かったか、両者とも確認できず
IMG_2681.png
「恵山泊漁港公園」越しでも見えます。
IMG_2670.png
周辺の散策スポットその2。
白のウ〇ーリーみたいな配色が特徴的な、稚内灯台

明治33(1900)年開設、現在地には昭和44(1969)年に移設されました。
高さは地上から灯台頂部まで約43m、水面から灯火までおよそ42m。
これは北海道一、全国2番目の高さ
(日本一は島根県の出雲日御碕灯台 いずもひのみさきとうだい)

内部には154段(!)の階段が設けられ、その頂部に取り付けられた灯火器からの光は、
18.0海里(約33km)の彼方まで届くという。
波濤と強風押し寄せる宗谷海峡の、「海の守護者」。
IMG_2672.png
下から見上げると、やはりものすごい迫力!
IMG_2687.png
やがて日が傾き、サンセット(夕暮れ刻)が始まりました。
IMG_2728.png

IMG_2729.png

IMG_2730.png
徐々に落ち行く太陽
ノシャップの夕日4

IMG_2737.png

IMG_2738.png

ノシャップの夕日7
そしてついに・・・
夕日
水平線の向こうへと沈んでしまいました。
IMG_2746.png
稚内灯台も既に稼働中。辺りが夜闇に包まれる頃にはその光が眩いものとなり、
暗黒の海を照らす「案内人」となることでしょう。
IMG_2748.png
すっかり暗くなった頃、稚内駅前に帰着。
車屋源氏
晩ごはんを食べに向かったのは、車屋・源氏(くるまや げんじ)
「たこしゃぶ」を始めとする稚内の郷土料理や、宗谷の海で獲れる
海産物を生かした日本料理店。
地元の人と店員さんが親し気な会話を交わす、アットホームなお店。

営業時間・・・11:00~14:00、17:00~22:00
定休日・・・不定休
※ランチ・ディナーでメニューの違いあり
お酒
まずは一杯。オエノンホールディングス傘下、旭川市で醸造を営む
北の誉酒造の一杯を、お燗で頂く。
冷えた身体に、適温に暖められたお酒が染み渡る~!
IMG_2758.png
食事は宗谷の味覚をコンパクトにまとめた、地物定食
焼き魚(ホッケ)、刺身(サーモン、ボタンエビ、ホタテ貝柱)、イクラ丼、もずく酢、
小鉢、漬物、味噌汁が付いた定食メニュー。

脂の乗ったホッケ、食べ応えのあるホタテ、プリプリのボタンエビ、甘みを帯びたサーモン、
ご飯と一緒にホカホカ、プチプチを味わえるイクラと、
北海で食べる海の幸はやはり絶品!
離島上陸前の贅沢、味わい尽くしました♪

北の大地、海の傍で見る夕日。それはいつも目にするものとは異なる、
とても「特別な」体験に思えました。
次は「日本最北端」・宗谷岬で、北海に沈む太陽を拝みたいな。

次回はいよいよ利尻島上陸!
激しい荒波と激烈な風が吹き付ける大海原へ、この旅3本目となるフェリーで
踏み出します!
果たして無事に辿り着けるのか!?
それでは!
IMG_2639.png
仲良しカモメ、エサを食む

参照:稚内観光協会公式サイト
    北海道Style
    ヤマケイオンライン
    食べログ

コメント

こんばんは。

私も、ノシャップ岬へ「夕方」に行きました。
ここから見る利尻島はとてもきれいです。
利尻山がまるで海に浮かんでいるように見えて感動的です。
ac802tfkさんの記事を見ていると、また行きたくなりました。

No title

こんにちは。
コメントありがとうございます。
最北端に近い地で目にする夕日、水平線の彼方に
浮かぶ利尻島・・・
素晴らしい眺めでした。

私はあまり旅先の「再訪」はしないのですが、
かつての旅路の追憶、というのも良いかも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。