fc2ブログ

記事一覧

夕日ヶ丘展望台~気分に任せ、天に任せ~

昨日18日に京都市伏見区の「京都アニメーション第1スタジオ」にて発生した
放火・火災事件。

死者33名、重軽傷者35名という被害の大きさを報道を通して見るに付け、
10年近くを京都で過ごした身として、また京都在住時に同社の作品を視聴させて頂いた身として、
大きな衝撃と悲嘆の念に堪えません。

近頃は映画を除いてアニメを見ることも無くなりましたが、同社が創り出す物語と世界観、
画面に展開される映像の美しさには「アニメ」という枠に収まらない、
一創作物としてとても優れたものがあったように思います。

今回の事件ではそんな「世界の創り手」たる多くのクリエイター達、
彼らを支える従業員の方々が犠牲となりました。
その損失はアニメーター業界だけに止まるものでは無く、
日本の創作そのものにとっての大きな痛手。

重篤とは言えこのような事態を引き起こした犯人が確保されているのは幸いな事。
もはや「テロ」とすら言い得る事件の、一刻も早い真相究明と厳正なる処罰を望みます。

犠牲となった方々のご冥福と、被害に遭われた方々の早期回復を祈って。

去る17日(水)、まる一日のお休みを頂いた私。
のんびりと過ごす予定だったのですが、空は快晴!
これは「夕日ヶ丘で夕日鑑賞」が期待できるか!?・・・てな訳で。
夕日ヶ丘展望台
陽も大分傾いた夕刻に寮を出発!
予報では日没となる19時台から「曇り」との事でしたが、
分厚い雲の切れ間からわずかに日差しも届いています。これは行けるか・・・!?

鴛泊の集落を抜け、郊外へ。目的地までもう少し、というところまで到達しましたが・・・
夕日ヶ丘展望台2
GAME OVER
南から移動して来た雲の大群で、完全に太陽が隠されてしまいました。
貴重な休みの一刻を使った賭け、失敗
夕日ヶ丘展望台3
ともあれ折角ここまで来たので、登ってしまいましょう!
こちらが夕日ヶ丘展望台

ペシ岬の半分ほどの高さの小高い丘陵地で、
その名の通りの夕焼け鑑賞の名所
島の玄関口・鴛泊港から2kmほどの距離に在り、
港からここまで交差点1つを曲がればあとは一本道、麓にはご覧の様に
駐車場も整備されているため、レンタカーやレンタサイクルでのアクセスも容易。
鴛泊集落からも近いため、徒歩での来訪も射程内です。
夕日ヶ丘展望台4
駐車場から頂上までは、散策路が整備されています。
絶景ポイントへと至る、唯一のアクセス路。

注)この写真から見てお分かりかと思いますが、「散策路」といっても平坦に非ず。
階段や結構な傾斜が存在し、片側は断崖絶壁、もう片側も
転がり落ちてしまいそうな斜面となっておりますので、動きやすい服装と
運動に適した靴での来訪をお勧めします。
夕日ヶ丘展望台5
階段を登り始めたところで、前からやって来たのは悠然たる足取りの黒猫氏。
彼もまたサンセットを拝みにやって来たのだろうか。
夕日ヶ丘展望台7
狭く、急傾斜が待ち受ける散策路の向こう、丘の頂上が見えて来ました!
画面左手、手すりの向こうは荒波削る断崖絶壁。
ゴツゴツとした岩肌が露出しています。
夕日ヶ丘展望台6

夕日ヶ丘展望台8
足下に目を遣れば、短い夏を謳歌する花たち。
夕日ヶ丘展望台14
登り始めて10分ほど。頂上に到達!
実際に登ってみると、以前(5月)挑んだペシ岬よりも標高が低く
傾斜も(比較的)緩やかな為、割と手軽に登れた印象。

既に「夕日ヶ丘から望む夕日」という目標は達成不可能となってしまいましたが、
ここからは高所からの眺めをご覧いただきましょう!
夕日ヶ丘展望台11
まずはドドンと礼文島
天候と運さえ味方に出来れば写真左手に沈み行く夕日
見えている筈なのですが、今日はお預け。

ともあれ眼下に広がる断崖や海景色、その向こうに見える島影という景観は
やはり素晴らしい!
細長く伸びたこのアングルからの眺めはもう幾度となく目にしたものですが、
こうして展望スポットから見てみると、否応なく旅情の様なものが掻き立てられます。
う~む、いずれ上陸せねば!
夕日ヶ丘展望台12
礼文島の手前、利尻の陸地に付きそ~で付かない絶妙な位置に浮かんでいるのは、
ポンモシリ島という無人島。

人の寄り付かぬ岩礁は「ニャーニャー」と鳴く海鳥・ウミネコのコロニーとなっており、
周辺の海上をしばしば鳥影が横切り、波音をも圧する勢いで鳥たちの鳴き声が
辺りの空気を震わせます。
夏はちょうど彼らにとって子育てのシーズンだそうで、
双眼鏡片手に海鳥観察を楽しむのも一興か。
夕日ヶ丘展望台10
前方に視線を転じれば、稚内方面の陸地がうっすら。
夕日ヶ丘展望台13
反対側には、ペシ岬や鴛泊集落の景色が展開。
島のシンボル・利尻山は雲隠れ中。
夕日ヶ丘展望台15
鴛泊港を守るように聳え立つペシ岬
高さ92mの頂上から少し下がったところでは、鴛泊灯台からの灯火が煌めいています。

前回記事作成中に知ったのですが、このペシ岬
利尻島を形作った火山活動の際に生み出された溶岩ドームだそう。
はるか太古、人智の及ばぬ変化と長い歳月の果てに、
われわれが目にする景色の数々が有る。
地球という「生き物」の営みは、やはり面白い!
夕日ヶ丘展望台16
混ざり合う二つの青
夕焼け空とは行かなかったのが残念ですが、
ここからの眺めだけでも十分足を運んだ価値はありました♪
夕日ヶ丘展望台17
もう一度眺望を目とカメラに焼き付け、下りる。

この日この場所へ足を向ける予定は無かったのですが、好転して行く天気予報と
思い付きを味方に賭けに出てみた次第(結果は失敗でしたが)。
海、山、島をいっぺんに目にすることの出来る景観に+αが付けられるかは
運次第となりますが、利尻を訪れたなら、晴れるか否かに関わらず
足を運んでおいて損の無い場所と思います。

私自身はしばらくこの地で時を送る身ゆえ、また休日と天気が合えば
望み通りの光景が目に出来るでしょうか。
(その時はこちらで改めてアップしたいと存じます!)

次回は・・・未定です♪
夕日ヶ丘展望台18
鴛泊でパンと言えばココ!おかだ菓子店
鴛泊商店街の一角、昼頃には売り切れていることもしばしばの人気店ですが、
この日は幸運にも品定めの余地あり!
てな訳で翌日の昼食と一緒に・・・
夕日ヶ丘展望台19
3時のおやつ!
サックサクのアップルパイ♪

参照:LINEトラベルjp

コメント

おはようございます。

夕日ヶ丘展望台といえば……。
利尻島で宿泊した日、鴛泊港から歩いて行こうとしました。
ゆっくり道路にそってそれらしき所を探しましたが、見つからず、海を見たり、集落を見たりして、結局宿に戻りました。
当時スマホも持っていなかったので、場所が分かりませんでした。
京都市伏見区の放火事件はなんともやるせない事件です。
亡くなった人の多さに胸が痛みます。
京都市と言えば、私は京都市生まれで、高校生まで住んでいました。
現在も妹が伏見区深草に住んでいます。
ニュースで、「京都市伏見区」の文字を見たとき、本当に驚きました。

No title

こんにちは!

京都アニメーションの事件は本当に驚きました、おっしゃる通り真相の究明を急いでほしいです。

ウミネコにも子育てのシーズンがあるんですね、余談ですけどウミネコって海にいる猫だと子供の頃は思ってましたw



アップルパイは普段あまり食べませんけど、話を聞いたり画像を見たりすると食べたくなりますね(笑)

こんばんは

yamashiro94さん
コメントありがとうございます。
夕日ヶ丘展望台は「利尻ファンタスティックロード」から少し外れた場所に在る上、入口を示す看板も
草で隠れてしまっているので、分かりづらいかも
知れませんね。

yamashiro94さんは、京都市のご出身でしたか。
昨年の地震もそうでしたが、縁のある土地・
地域での事件や災害の知らせには、心苦しい
ものが有りますね。

No title

deikai20さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

映像や物語を通して国内・国外や洋の東西を
問わず人々に夢と感動を与えていたクリエイターの
拠点が、まさかこのような仕打ちを受けるとは・・・
事件発生から10日あまりが過ぎた今でも、
受けた衝撃と哀しみには言い表せないものが
あります。

ウミネコの名前の由来は、「ニャーニャー」という
猫の様な鳴き声、だそうです。
そのまんま!

私も普段あまり食べる機会はありませんが、
時たま口にしてみるのも、いいモノですね^-^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。