fc2ブログ

記事一覧

旅の区切りは山岳リゾート

松本市二日目。この日は上高地への入山日。
気ままに動けるのは昼頃までですが、
朝から近傍を周ります。
DSC05435.png
最初に訪れたのは土蔵造りの外観が特徴的な
喫茶まるも
カフェとなっているのは一階部分。二階は旅館として
営業しています。
DSC05441.png
外見は純和風ですが、店内はオシャレな洋風。
松本民芸家具の椅子やテーブルがバランス良く並べられ、
クラシック音楽が客人を癒します。
DSC05437.png
ティラミスとコーヒーのセット
シミ一つないコーヒーカップからは、上品な香りと
濃厚な味わいが溢れます、
DSC05446.png
「喫茶まるも」から橋を渡ってすぐの所にある
なわて通り
元々ここは松本城の水堀と女鳥羽川に挟まれた
狭い土手であり、「縄のように細い」ということで
その名が付いた、とされています。
また、水堀を監視する為の敷地でもあったそうです。
明治時代に埋め立てによって拡張され、
それ以降四柱神社の門前道としても発展しました。
現在では小物屋や骨董品店、はんこ屋、カフェ、
セレクトショップ等々、多種多様なお店が
細い通りの両側を埋めています。
DSC05448.png
なわて通りも花化粧
DSC05449.png
なわて通りの中心に鎮座する四柱神社(よはしらじんじゃ)
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、
神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)の
四柱の神を祀っており、それが社名の
由来ともなっています。
土地の人々の信仰も厚く、なわて通りの発達とも密接な関わりがあります。
DSC05461.png
境内へと入ります。
ちなみにここの手水(ちょうず)、とってもおいしいんです!
周囲に酒造や和菓子屋が点在しているのも、良い水が有ればこそ、
でしょうか。
DSC05460.png
境内にはがいっぱい!
餌を与えることも出来ますが、一斉にがっつくため
要注意。
DSC05452.png
四柱神社拝殿。折しも神前結婚式の記念撮影中。
日本古来の白無垢姿が周囲の景観によく似合います。
物珍しい光景に、外国人観光客もカメラを
向けます。
新たに家を成したお二人に、良い門出を!
DSC05466.png
お昼は松本駅近くのラーメン屋
りゅうま
長野と言えば信州そばをイメージしがちですが、
実はラーメンも盛ん
長野県名産・信州味噌を用いたラーメンが特色。
りゅうまは味噌・塩・しょうゆの三系統から選べます。
DSC05467.png
「塩ラーメン」のイメージに似合わぬボリュームと
濃厚な味わいが魅力の濃塩(こくしお)ラーメン
150円で替え玉が、100円プラスで大盛りが注文できます。

昼過ぎ、赴任先の用意した貸し切りバスで上高地へ。
マイクロバスをイメージしていたのですが、何と
地元のグループ企業・アルピコ交通の大型バス!
しかもテーブル・カラオケセット付きのパーティ仕様。
当然、歌う人は居ませんでした・・・
DSC05468.png
一時間ほどで上高地へ到着!
しかし昼過ぎから松本エリアを覆う雨雲で、
穂高連峰もご覧の有様。
これから半年、ここで仕事をしながら、自然の美しさを
見直したいと思います。
次に長旅へ出るのは、11月になるでしょうか。
それまで、上高地や松本市の様子、そして計画中の
小旅行の模様をお伝えしたく存じます。
それでは!
DSC05464.png
注意書き 対象:犬













コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。