fc2ブログ

記事一覧

香深地区~島歩きの一歩は「町歩き」から~

香深地区0
礼文島(れぶんとう)

東西に細長く伸びる日本列島、その中でも北方に当たる北海道でも
さらに北端、日本海上に浮かぶ島で、
稚内市から59km、お隣・利尻島からはおよそ8kmの距離、
北緯45度16分17秒、東経140度57分51秒に位置する、
民間人の居住地としては日本最北端の離島
(ただし北方領土まで含めると同地の択捉島、現状無人島としては
稚内市・宗谷岬沖の弁天島がそれに当たります)

東西29.8km、南北7.9km、周囲72km、面積81.33k㎡の範囲に
およそ2,600人が居住。
礼文郡礼文町による町制が敷かれています。

島は東西に狭く、南北に細長く伸びており、中央付近に島の最高峰となる
礼文岳(れぶんだけ、標高490m)が聳え立っています。
島内には海岸沿いを除いて河岸段丘が広がっており、
島の東側は比較的緩やか、西側は宗谷地域特有の強い風、
日本海からの荒波によって削られ、断崖絶壁が続きます。

一方北部にはスコトン岬金田ノ岬(かねだのみさき)に囲まれた船泊湾(ふなどまりわん)、
島内唯一の淡水湖・久種湖(くしゅこ)が所在。
それらの周囲には砂丘や湿地も存在する等、変化に富んだ自然風景が見られます。

また厳しい自然環境に置かれながら、島内では限られた雪解けの季節の中で
約300種もの花々が見られるそうで、
花の浮島の異名とともに人々を惹き付ける要素となっています。

今回はそんな礼文島で最も発達した町・香深地区(かふかちく)を歩きます。
香深地区1
利尻島からのフェリーにて、「最北の島」に降り立った私。
散策の第一歩はそのフェリーが発着する香深港フェリーターミナルから。
香深地区2
フェリーターミナルの向かいには、島を出入りする観光客向けの土産物屋が軒を連ねています。
交通拠点の目の前ではありますが、フェリーが発着する前後を除けば
人も車も多くは無く、「離島らしい」静かな雰囲気。
香深地区3
海産物や雑貨、お菓子等を取り揃える土産店。
軒先には地域色を前面に押し出した置き物がいっぱい!
香深地区4
旅人の心をくすぐる「最北端」のワード。
もちろんアピールは欠かしません!
隣では毛皮をまとったキタキツネ君も、応援モード(?)
香深地区5
少し歩けば、香深地区の中心市街地。
香深地区6
河岸段丘と海に挟まれた限られた土地、その中に役場や商店、
飲食店、宿泊・娯楽施設が効率的に配されており、小さいながらもなかなかに
「発達している」印象。
香深地区7
もちろんここは自然環境に恵まれた地。
海沿いに出てしまえば・・・
香深地区8
こんな景色に出会えます。
香深地区9
ここからは「内陸」側、河岸段丘の上を目指します。
先ほどの写真に写っていた交差点を左に折れると、景色は一変。
平坦な海辺から、傾斜の付いた登り坂となります。
香深地区10
島の中央に向かって、丘陵が連なっているのが分かります。
厳島神社(礼文)
坂を上った先には、小さな集落。
鮮やかな鳥居の朱色が目を引くこちらの社は、厳島神社(いつくしまじんじゃ)

祭神は私の地元・福岡県の宗像大社(むなかたたいしゃ)に祀られている
「宗像三女神」の一柱、水の神・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、
託宣と漁業の神・事代主神(ことしろぬしのかみ)、
山岳信仰に端を発する力と勝負、破邪顕正(はじゃけんしょう、誤った考えや教えを打破し、
正しい見解と実践、教えを顕す仏教用語)を司る三吉大神(みよしのおおかみ)の三柱。

文化5(1808)年、宗谷場所※1の請負人※2、藤野喜兵衛(ふじの きへえ)が
松前福山(現在の松前町)から市杵島姫命を奉り、
現在の町役場裏手付近に祠を建てて「弁天社」と称したのが始まり。

明治9(1876)年に集落を代表する「村社」に列せられ、
同19(1886)年には春日造(かすがづくり、奈良県奈良市の春日大社を筆頭に
近畿地方に多く見られる神社の建築様式)に則った社殿を建立。
しかし同22(1889)年、大豪雨による土砂崩れにより埋没
憂き目にあってしまいます。

その後地元の人々からの寄付もあって、明治28(1895)年に現在地へと
社地を移転の上、再建
今日に至るまで香深地区の鎮守の社となっています。

※1 宗谷場所・・・江戸時代に蝦夷地(北海道)を治めた松前藩公認の下、
            交易権を認められた商人がアイヌ民族との間で
            商取引を行った所。
            宗谷地域に於いては宗谷岬近傍、現在の宗谷漁港付近に
            「場所」が置かれていた。
※2 請負人・・・松前藩公認で交易や地域の統治を任された有力商人。
          以前取り上げた利尻山神社等を勧請した「恵比寿屋源兵衛」も、
          「リイシリ(利尻)場所」にてこの地位に就いていた。
厳島神社(礼文)2
神社門前のこの通りも、「門前町」のような位置付けでしょうか。
厳島神社(礼文)3
入口から奥の拝殿が見えるほどの小さな社ですが、
その中枢はご覧のような斜面の向こう。
そこへ至るまで百段の石段が待ち構えています。
厳島神社(礼文)4
石段の途中、こちらもの色彩がまぶしい手水舎(ちょうずや)で、
お浄めも兼ねて一休み。
厳島神社(礼文)5
龍神様の口元からは、礼文の山稜から湧き出た清く新鮮な水が湧き出しています。
厳島神社(礼文)6
手水舎の傍からは、集落の屋根の向こうに利尻富士
厳島神社(礼文)7
百の石段を越え、拝殿の前に辿り着きました!
地元の方々による修復・整備の賜物でしょうか、境内の構造物は
社殿に限らずピカピカ✨
厳島神社(礼文)8
念願の礼文上陸。
この地とご縁を結べたことに感謝し、鎮守の神様にごあいさつ♪

後から知ったのですが、拝殿内の天井部分には、
礼文島の花々42種を描いた天井画が有るそうな。
う~ん、もっとじっくり観察すればよかった!

海と山を抱き、豊かな自然に恵まれた礼文島
真っ直ぐ観光名所を目指す前、町の観察も欠かせません♪

次回は丘陵上にて待ち受ける名所を目指し、森の中へ!
快晴下での自然散歩を楽しみます♪
それでは!
香深地区11
街角の先に、利尻富士

参照:礼文町郷土資料館 解説パネル
    礼文島観光協会 ホームページ
    コトバンク
    Wikipedia

コメント

おはようございます。

遂に礼文島に上陸ですね。
礼文島からみた利尻富士もきれいですね
夏だけでも礼文島に住みたい気分です(できそうにもありませんが)。
香深地区の散策、楽しそうですね。
私も、ここで2泊しましたが、ac802tfkさんの記事は参考になります。

こんにちは

普段利尻島内から見上げる力強く大きな
利尻富士も良いですが、離れたところから
海越しに観る姿にも、また違った良さが有るように
思います。
ご存知かと思いますが、夏は滅多に真夏日を
超えることは無く、「内地」と比べてとても
過ごし易い気候となっています。
(冬も過ごそうとは思えませんが)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。