fc2ブログ

記事一覧

沓形散策2~新スポット、発見!~

沓形散策2-8
本文の前に・・・明日10月1日(火)、私ac802tfk、職場の仲間達とともに
再び礼文島上陸を目指すこととなりました!
今度は香深集落でレンタカーを借りて島を南北に貫く道路を駆け巡り、
名所やそこからの眺めをお伝えする所存でございます!
ご期待ください!
沓形散歩15
前回は「らーめん 味楽」でお昼を摂った後「北見富士神社」へ参拝し、
沓形港沿いをのんびり歩いた訳ですが、今回はその続きから。

港を抜けて「我々」が向かったのは・・・
沓形散策2-1
沓形港の西方、礼文島に対するように突き出た、沓形岬(くつがたみさき)

港を荒々しい日本海の波濤から守り、江戸時代には「北見富士権現」の
社が置かれていた場所。
現在岬付近は公園として整備されており、沓形地区付近の海景色山景色を望む
眺望ポイントとして、またアウトドア派の訪問客を迎え入れるキャンプ場としても
人気のスポットとなっています。
沓形散策2-2
あいにく利尻富士は隠れてしまっているものの、
南東方向から眺める礼文島は、ほどよく全体像が確認出来る角度と距離感!
沓形散策2-3
陽光照り返す海辺には・・・
沓形散策2-5

沓形散策2-4
次々と荒波が押し寄せます。
沓形散策2-6

沓形散策2-7
礼文島との間にも、砕けた波濤が襲い掛かる。
沓形散策2-8
しばし海景色を楽しみ、沓形地区中心部へカムバック。
鴛泊へと戻るバスまで少々時間があったので、寄り道。
立ち寄ったのは、cafe and dining UNBALLON
(カフェ・アンド・ダイニング アンバロン)

「味楽」の店員さんからのご紹介に与ってやって来た、
この日オープンしたばかりの新スポット!
名前通りのカフェメニューはもちろんのこと、ランチメニューやアルコール、
デザート、お酒のつまみまで、豊富なラインナップが揃っています。

訪問時には近所の方やお仕事を終えた「味楽」の従業員さんら、
沓形住まいの人々が続々と訪れ、早くも地元の集い場(サロン)として
定着しそうな雰囲気を漂わせていました。

営業情報
営業時間・・・10:00~18:00(ランチメニューは15:00まで)
主なメニュー・・・バロから(から揚げ)プレート900円
          スパイシーカレー960円
          カリカリポテト370円
          チキンナゲット450円等
(ドリンク)・・・タピオカドリンク(ミルクティー・抹茶)480円
         ホットコーヒー420円
         アイスコーヒー450円
         ソフトドリンク各種250円等
沓形散策2-9
オープン当日とあって、お店の前や店内には、島内各所のお店や
ご家庭から贈られた花束が、ズラリ!
記念すべき日に立ち会えたことが、なんだか嬉しい♪
沓形散策2-10
店内は白と木目でまとめられ、落ち着いた雰囲気。
そんな中にも外からの光や店員さんの明るい声が響き、
過ごしやすい環境が整えられています。
沓形散策2-11
まだ昼間ですが、チキンナゲット(450円)をお供に、一杯♪
沓形散策2-12
店内の一角に設けられた、ショーケース。
その中身は、ひんやり甘~いジェラート!

店員さんに声を掛けてこちらのショーケースやその背後のメニュー表から
チョイスすることで、こちらの6種類の基本となる味の他、トッピングと組み合わせて
多彩なアレンジが可能となっています♪
沓形散策2-13
注文からしばらく。
運ばれて来たのは、「北海道ミルク」をベースにココアパウダーとエスプレッソを掛け合わせた、
アフォガード味。

さっぱり、冷え冷えのミルクアイスの上からほんのり甘く、ちょっぴり苦みの効いたエスプレッソ、
香りと風味をもたらすココアパウダーが合わさり、
素敵なハーモニーを奏でます。
ん~、おいしい♪

実はこの日、当初予定では礼文島へ向かうはずだったのですが、
海上が荒れ模様であったためフェリーが欠航するのでは?
という情報を入手。
「行っても帰れなくなってはたまらない!」という事で
急遽行先を変更した、という事情がありました。
結果としてフェリーは通常運航が為されており
全くの杞憂であった訳ですが、こうして穏やかな休日を過ごせたのも、
十分プラスと成り得たのではないかと思います。

沓形注目の新スポット、皆さんも利尻島、そして沓形地区をお訪ねの際には、
是非ともお立ち寄りください。
それでは!
沓形散策2-14

沓形散策2-15

沓形散策2-16

沓形散策2-17
夕日ヶ丘展望台にも、寄り道。

参照:cafe and dining UNBALLON 公式インスタグラム

コメント

こんばんは。

夕日ヶ丘展望台、いいですね。
沓形岬からしっかり礼文島が見えていますね。
礼文島の記事、待っています。

おはようございます

コメントありがとうございます。

天気の良い日には太古の火山活動が生み出した
地形や利尻富士、稚内や礼文島まで一望する
絶景が楽しめる、お気に入りのスポットです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。