fc2ブログ

記事一覧

摩周から阿寒湖へ~「湖畔リゾート」を目指して~

弟子屈町(てしかがちょう)・摩周散策。
今回は摩周駅前に戻り、有名レストランでお昼ごはん!
それから再び釧網本線(せんもうほんせん)に揺られて釧路駅へ。
さらに駅前からバスに乗って、澄んだ水面と穏やかな山々、
ノスタルジックな異文化に触れられる場所・阿寒湖を目指します。
摩周→阿寒 1
10時30分過ぎ、30分あまりの滞在時間で、「道の駅 摩周温泉」を離れる。
(もっと居たかった~!)

そこから木立に囲まれた道を通り・・・
摩周→阿寒 2
摩周温泉街を抜け・・・
摩周→阿寒 3
摩周駅前へと戻って参りました。
時間は11時ちょうど。まだ「お昼時」と呼ぶには少し早い時間帯ですが、
12時過ぎに列車に乗ることを考え、ここでお昼ごはん。
摩周→阿寒 4
立ち寄るのは、駅前スグ(本当に真ん前!)のところで営業中の、
食堂と喫茶 poppotei(ぽっぽ亭)
30年ほど前、弟子屈町内にて「貴久屋食堂(きくやしょくどう)として開店。
平成15(2003)年に現在地へと移転の上、店名を「poppotei」と改めました。

弟子屈産大豆を擂り潰した呉汁(ごじる、大豆を水に浸し、すり潰したペースト=呉を、
味噌汁に入れた郷土料理)をベースとした雪見ラーメン
地場産野菜をたっぷり使用し、「牛のおっぱいミルク」を
隠し味とした、塩スープの摩周の恵みラーメンといった
オリジナルラーメン、定食料理やブレンドコーヒー等が自慢のお店。

その豊富なラインナップの中でも一番人気を誇るのが、摩周の豚丼
厳選した道産の豚ロースを醤油ベースの特製ダレに絡め、
丁寧に網焼きにしたものをドドン!とごはんに乗っける、という料理。

この「摩周の豚丼」、摩周駅の名物駅弁ともなっており、
毎年1月、京王百貨店新宿店にて2週間にわたって開催される
駅弁の祭典、元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
第40回大会(2005、平成17年開催)に於いて、
第2位にランクインした実績を誇ります。
摩周→阿寒 5
店内の様子。
店舗は昨年(2018年)7月にリニューアル
新店舗同然の清潔感を保っています。

ここは当然、名物・「摩周の豚丼」を頼むべき!なのでしょうが・・・
摩周→阿寒 6
「期間限定」の文句に惹かれて、こちらの紅葉おろし豚天丼を注文!

弟子屈町では紅葉シーズンを迎える10月限定で、
てしかがご当地グルメキャンペーンと称して
町内各飲食店、宿泊施設や「牛のおっぱいミルク」を生産する渡辺体験牧場等で、
期間限定オリジナルメニューを提供!
この町ぐるみのキャンペーンに「poppotei」も参加しており、丼の一角には
しっかりと秋の色が載っています。
(既にキャンペーンは終了しています。悪しからず)
摩周→阿寒 7
ごはんを覆いつくさんばかりの勢いで盛り付けられているのは、
地元産「摩周ポーク」もも肉を使用して揚げられた、豚天
その周囲では味のアクセントとなる、糸唐辛子紅葉おろしが踊ります。

この丼の完成度を高めているのが、甘味と旨味をたっぷり内包した、
醤油ベースの特製ソース
ジューシーな豚天と極上の相性を見せるソースが、
豚天本体、さらに丼の底にまで注入され、
二重の幸福を与えてくれます♪

名物料理は味わえなかったものの、それにも劣らぬであろう「口福感」を
頂くことが出来ました。
お店の方、並びに摩周の皆さん、ごちそうさまでした!
摩周→阿寒 8
12時13分、摩周の山々を背景に、釧路行き快速・しれとこ摩周号
入線して来ました。

網走~釧路間で一日一往復運行される、釧網本線唯一の速達列車。
源流となったのは、昭和32(1957)年に川湯(現・川湯温泉)-釧路間で
運行開始された、準急「摩周」。

昭和36(1961)年には急行へ格上げの上で、「しれとこ」の愛称を頂戴。
この「急行しれとこ」は昭和61(1986)年に一旦廃止されてしまいますが、
平成元(1989)年に快速列車として、同じ列車愛称で復活
昨年の現名称への変更を経ながら、地域輸送と観光輸送に活躍しています。

車両は朝の普通列車と同じキハ54形500番台
こちらは純粋な釧網本線仕様が投入されており、
座席や車内設備の一部が、根室本線(花咲線)仕様とは異なります。

この「しれとこ摩周号」では専用のヘッドマークが用意されており、
道東地域に通年生息しているオジロワシ
尖嶺を連ねた知床連山流氷寄せるオホーツク海
沿線風景として描かれています。
摩周→阿寒 9
クロスシートも、花咲線仕様とは異なる趣。
この車両では国鉄型特急車・キハ183系からの流用品が
搭載されています。
(リニューアルの際に排出されたものでしょうか?)

座席の構造は、肘置きに取り付けられたボタンを操作することで
リクライニングが可能な、簡易リクライニングシート
進行方向に合わせた座席の転換は出来ないものの、
特急列車譲りの座り心地は健在。
花咲線仕様同様、「贅沢なローカル鉄旅」が楽しめます♪
摩周→阿寒 10
12時16分、「しれとこ摩周号」は摩周駅を発車。
山越えを既に終えた列車は、ひたすら平地を前進。
線路の両側には、吹き曝しとなる鉄路を護るための防風林が続く。
摩周→阿寒 11
時折途切れる木立の間から、広々とした大地。
摩周→阿寒 12
茅沼駅(かやぬまえき)から先、車窓左手にはシラルトロ湖塘路湖(とうろこ)、
達古武湖(たっこぶこ)の、3つの湖沼が現れます。

これらは釧路湿原三湖と呼ばれ「釧路湿原国立公園」の範囲内とされている他、
いずれも豊かな自然と動植物に溢れ、湖畔には「自然浴」が楽しめる
キャンプ場が設定されています。

写真は「釧路湿原三湖」で一番北に位置するシラルトロ湖で、
面積1.8k㎡、周囲9.8km、最大深度は3m。
道東地域の多くの湖沼同様周辺は湿地帯となっており、
多くの水鳥が羽を休める、水鳥の楽園

摩周→阿寒 13
シラルトロ湖塘路湖の反対側には、日本最大の湿原
釧路湿原が広がります!

釧路市、標茶町(しべちゃちょう)、鶴居村(つるいむら)、釧路町の
4つの自治体にまたがって広がっており、最大幅は東西約25km、
南北約36km、全体の面積は1万8290ha。
これは山手線がすっぽり入り、
大阪市にも匹敵する大きさ
だそう。

ヨシ・スゲミズゴケが生い茂り、ハンノキ林に覆われた湿地帯には、
約1300種もの野生動物が生息。
そのうち特に著名なのが、天然記念物・タンチョウ

一時は絶滅の危機に瀕した「湿原の主」ですが、懸命な保護活動の甲斐あって、
現在は数千羽まで回復。
冬期は餌を求めて給餌場(きゅうじば)の在る人里に姿を現し、
北の雪景と合わせ、美しい情感をもたらしてくれるそう。

これらの豊富な植生と貴重な生態系から、ラムサール条約登録地、
並びに「釧路湿原国立公園」として国立公園指定を受けています。
摩周→阿寒 14
湿原を蛇行しながら流れる、釧路川
豊富な水を携えて屈斜路湖から釧路市街、太平洋へと至る
道東屈指の流路は、大地に命の水をもたらし、「天然の遊水地」として
洪水の脅威から周辺地域を護ります。
摩周→阿寒 15
湿原東端を縫うように走る、釧網本線
その途上に現れる山小屋風の建物は、釧路湿原駅
昭和63(1988)年、臨時駅として開業。
平成8(1996)年に常設駅へと格上げされました。

近くには釧路湿原展望スポットの一つ、細岡展望台が在り、
この駅が最寄り駅。(徒歩3分ほど)
無人駅でありながら、春~秋に掛けて観光列車・「くしろ湿原ノロッコ号」も停車する、
沿線有数の名物駅
摩周→阿寒 16
開けた景色が望めるのかと思いきや、多くの区間で
このようなハンノキ林が続きます。
摩周→阿寒 17
自然の風景の中に、突如として現れる人工物。
これは岩保木水門(いわぼっきすいもん)という治水施設。

大正9(1920)年に釧路地域を襲った釧路川洪水をきっかけとして、
治水事業の一部として昭和6(1931)年に完成しました。

当初の建設目的には、釧路川を利用した木材輸送路の確保も
含まれていたのですが、釧網本線の開通と鉄道輸送の発達により、
存在理由が消滅
以来一度も開かれたことが無いと言われています。

現在車窓から見えるのは、施設の老朽化から
平成2(1990)年に建造された新水門
姿形こそ現代的なものへと変わりましたが、保存されている「旧水門」とともに
釧路の街を水の脅威から護っています。
摩周→阿寒 18
遠矢駅(とおやえき)付近で列車は釧路湿原を抜け、釧路市街へ。
大きく川幅を広げた釧路川を渡れば、終点・釧路駅はスグそこ!
摩周→阿寒 19
摩周駅から1時間20分。終点・釧路駅に到着!

道東最大の都市・釧路市の「鉄の玄関口」。
釧網本線を始め根室本線花咲線(はなさきせん、根室本線釧路―根室間の路線愛称)の
各路線が発着する他、振り子式の特急「スーパーおおぞら」によって、
直接札幌都市圏と結ばれています。

駅舎は道東のターミナルらしく堂々とした佇まいですが、どこか昭和チック
駅舎内の飲食店街も、ひと昔前に立ち返ったかのような風情を漂わせています。
摩周→阿寒 20
交通拠点らしく、駅前にはバスターミナルも展開。
このバスターミナルから、「タンチョウ」が描かれた阿寒バス
2時間ほど揺られ・・・
摩周→阿寒 21
やって参りました、阿寒湖
阿寒摩周国立公園」の一部として厳格に守られた水質の美しい湖ですが、
到着した時には既に夕暮れ後。
残念ながらその全体像は望めなかったものの、可愛らしい動物や天然記念物・マリモ、
天然温泉、アイヌの人々が住まう「コタン」など、魅力たっぷりな水辺のリゾート地!
ここで2泊3日を過ごし、大自然と「異文化」の名残りに触れて参ります!
摩周→阿寒 22
湖畔には、リゾートホテルが軒を連ねます。

当初は快速「しれとこ摩周号」での網走→釧路直行を企図していた、今回の旅計画。
しかし折悪く集中的な線路補修のために10月下旬~11月1日の
一部の日、一部の時間で列車が運休となり、
しかもそれが乗車予定日に被ることから、
急遽旅程を変更したという経緯がありました。

ですがその結果、摩周の町を巡り、素敵なグルメと出会うという
体験が出来、大変有意義な「寄り道」になったと思います。
想定外も、旅の内
その時々の状況に合わせ、なおかつそれさえも楽しむことで、
より旅は面白くなる!100%じゃつまらない!

次回からは国立公園内に現出した「湖畔リゾート」・阿寒湖めぐり!
風吹き抜ける遊覧船で、湖上をぐるっと一回り!
後半には、素敵な出会いが待っています♪
それでは!
摩周→阿寒 23
個性的なお店が並ぶ、阿寒湖の町。
そこを歩けば・・・
摩周→阿寒 24

摩周→阿寒 25

摩周→阿寒 26
色んな「発見」が待っています!

参照:食堂と喫茶 poppotei
    標茶町 ホームページ
    北海道観光情報 たびらい
    ウェブサイト 駅弁資料館
    北海道弟子屈町 弟子屈なび
    ライブジャパン パーフェクトガイド
    ドライブ‐Drive- 釧路町観光ミュージアム
    Wikipedia

コメント

おはようございます。

道東や道北には不思議な魅力がいっぱいありますね。
本州とは異なる自然や文化などがあるからでしょうか。
広大な大地、長く厳しい冬が、そうさせているのでしょうね。
日本列島全体が、大都市化する必要はないですね。
都市はどこへ行ってもそう変わりはないですから。
摩周湖から阿寒湖へ。
いいですね。

こんばんは

コメントありがとうございます。

北海道の「大地の広がり」は、本州以南では
あまり見られないものですが、
特に道東・道北ではそのままの自然が
多く残されているように思います。

都市開発となると、「高層ビルに小綺麗な街並み」
という様に偏ってしまいがちですが、
西洋の模倣に止まらぬ、「日本らしい」街づくり
にも、目が向けられるべきなのかも知れませんね。

阿寒湖は、自然と温泉、アイヌ文化が交差する、
素敵な場所でございました。
次回記事より、じっくりとご紹介して参ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。