fc2ブログ

記事一覧

ビバ、海の幸!

車が無く、普段は日帰りでの遠出が出来ない
私ですが、昨日は職場のボスと休みが
被ることとなり(シフト作成の権限を持つ
ボスの仕業ではありますが)、
折角なので海側へ出よう!という訳で
新潟県へ足を伸ばして参りました。
今回はその模様をレポートいたします!
IMG_0618.png
出発前の一枚。台風一過の好天に、良い一日となりそうな予感!

まずは、岐阜県飛騨地方を経由し、富山県へ。
IMG_0619.png
長野県・岐阜県の山道を抜け・・・
IMG_0622.png
富山県に入ります!
IMG_0624.png
富山インターから北陸自動車道に乗り、
東へ針路を取ります。
IMG_0628.png
途中、立ち寄った有磯海(ありそかい)サービスエリア
富山県の滑川市と魚津市に属し、上下線で何と
3キロも離れています。
ちなみに有磯海という名称は実在の物ではなく
古くから歌人・俳人が自らの作品に富山湾を指して
詠み込んだ言葉から来ています。
奥に設けられた展望台からは、こんな眺めが。
IMG_0629.png
遠くには、豊かな水産資源を育む富山湾
日本海側は荒れた気候で知られていますが。
この日ばかりは穏やかに凪いだ姿を私たちに
見せてくれました。
IMG_0630.png
情景豊かなサービスエリア・パーキングエリアではお馴染み。
恋人の聖地
ロマンチックな演出ですが、男二人に「幸せの鐘」を鳴らす理由は
有りません(笑)
IMG_0631.png
鐘の名前は「ミラージュ・ベル」。
魚津市で観測される蜃気楼から命名されたそう。
鐘本体は富山県高岡市の名産品・
高岡銅器で製作されています。
IMG_0632.png
広場に面してテラス付きのカフェも併設されています。

北陸道に戻りしばらく。
黒部市を進んでいると、前方に巨大な建造物が現れました。
IMG_0633.png
一昨年の北陸新幹線金沢開業と共に登場した
黒部宇奈月温泉駅
名前通り、立山黒部アルペンルートおよび宇奈月温泉への玄関口として、
新幹線停車駅とするべく新設されました。
JRの在来線は通っていませんが、宇奈月温泉へと向かう
富山地方鉄道への乗り継ぎが可能です。
駅周辺に建物は少なく、開発はこれからといった印象。
IMG_0638.png
本日二度目の越境を果たし、新潟県へ。
左側から海が近づいてきました。
IMG_0640.png
この辺りは通行の難所として知られる親不知(おやしらず)・
子不知(こしらず)
にあたります。
十五キロに渡って荒波打ち寄せる日本海と
断崖絶壁が立ちはだかり、幾多の旅人たちに
苦難を与えてきました。
今では道路・鉄道が通り、人と物の行き来を容易な
ものとしていますが、山と海の僅かな土地を
縫うように走る国道や鉄道線、
海に張り出して建設された北陸自動車道を
見ると、その険しさのほどが窺えます。

上高地を出てから、寄り道をしながら走ること
およそ4時間。
新潟県は上越市に到着!
上越市は新潟県南西部に位置し、面積は937・81㎢。
人口はおよそ21万人。
市の中核を成すのは古くからの港町・直江津(なおえつ)と
城下町・高田。
この二つの「市」の合併によって誕生しました。
平成17(2005)年には周辺自治体を含めた
14にも及ぶ大合併が実現。
日本海沿岸から平野、山間部にまで及ぶ
広大な市域を獲得しています。
IMG_0646.png
まずは腹ごしらえ。
高田駅前のアーケードに店を構える
「海の幸 味どころ 軍ちゃん」へ。
メインとなるのは海鮮料理。
漁港で直接仕入れた魚、米や酒まで、
地場の食材にこだわり抜いています。
我らがボスのイチ押し!
IMG_0642.png
食前にまずは一杯。
南魚沼に店を構える青木酒造の銘酒・鶴齢(かくれい)
香りを抑えた、クセの無い素朴な味わいが、喉をスッと通り抜けて行きます。
サービスで付けられたツマミと合わせると、
風雪に耐え、豊かな土地を守り抜く越後人の心意気が
伝わります。
IMG_0644.png
特上ちらし税抜き1900円。
これでもかとばかりに、獲れたての地魚が盛り付けられています。
ご飯と刺身が分けられており、好みによって
別々に食べるも良し、一緒に食べるも良し。
IMG_0645.png
料理に添えられていた、店員さんお手製の品目表。
丁寧にも、盛り付けられた食材の位置に合わせて
書き込んであります。
客を慮る優しさに、感激!

久々に新鮮な海の幸を堪能し、市内散策に出掛けます。
次回は上越市高田の名所をチラ見せ!
そして、海沿いドライブの模様をお届けします。
それでは!











コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。