fc2ブログ

記事一覧

近江商人のふるさとを歩く 3 ~近江八幡市立資料館~

近江八幡

滋賀県中央部、琵琶湖南岸の町。
天正13(1585)年、近江国蒲生郡43万石の領主として入封した「天下人の甥」・
羽柴(豊臣)秀次(はしば ひでつぐ)が、
琵琶湖に面した八幡山八幡山城を築城。

同時に「主なき城」となっていた安土から城下町を移し、
防御施設と舟運の拠点として八幡堀を開削したことから、
町の歴史が始まります。

築城後5年ほどで秀次は尾張国(愛知県西部)清洲城(きよすじょう)へ
移封となってしまいましたが、
城は小田原征伐の戦功によって大名に返り咲いた
京極高次(きょうごく たかつぐ)の居城として存続。

しかし文禄4(1595)年に豊臣秀次が
謀反の疑いにより切腹を申し付けられると、
「所縁の城」であった近江八幡城は破却されてしまい、
近江八幡は「空城の町」となってしまいました。
(京極高次は大津城へ)

取り残される形となった「八幡商人」たちですが、
このくらいではへこたれません

安土時代より守って来た「楽市楽座」の精神
(無課税の商い、並びに「座」と呼ばれる同業者組合に縛られない
自由な通商)と遺された八幡堀の舟運、
江戸幕府成立後に整備された街道網などを生かし、
各地に進出。

近江八幡の町はそんな「八幡商人」たちの本拠地として、
一大商業都市としての繁栄を
謳歌することとなりました。

近代以降は陸上交通の発展と舟運の衰退によって
斜陽の時代を迎えましたが、
旧市街の碁盤の目状に整備され、商家の本邸や土蔵が並ぶ町並み、
風光明媚な八幡堀沿いの情景から
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、

今日では「近江商人」たちの繁栄の跡を示す
一大観光地としての地位を確立しています。

そんな近江八幡の町を巡って書き綴っております、
「近江商人のふるさとを歩く」編。

前回までは「旧伴家住宅」をご紹介しましたが、
今回は朝鮮人街道を挟んで向かい側にある・・・
歴史民俗資料館 1
近江八幡市立資料館へ!
朝鮮人街道新町通りに面した文化施設で、

洋風建築の郷土資料館
豪商の別邸をそのまま保存・活用している
歴史民俗資料館
重要文化財に指定されている旧西川家住宅
3つの施設が存在しており、

これらをまとめた総称が、「市立資料館」となっています。
歴史民俗資料館 2
朝鮮人街道側に建っている郷土資料館は、
元々「西村家」という商家の邸宅が在った場所。

ここに明治19(1886)年、
一万円余り(現在の物価に直すと約四千万円)の
資金を投入して建てられたのが、旧近江八幡警察署

開設から60年余りが経過した昭和28(1953)年には
アメリカ人建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
主宰する「ヴォーリズ建築事務所」によって大改築が行われ、
現在の意匠に。
(そのためこの建物も、いわゆる「ヴォーリズ建築」に当たります)

昭和46(1971)年まで警察署として機能した後
敷地と建物は近江八幡市へと移管され、
「郷土資料館」として保存・活用されています。

では早速館内の様子をご紹介!
・・・したいところなのですが、
建物内は撮影こそ可能なものの、
SNS、インターネット等での投稿はNG

ここから先は文章でのご説明となります。

洋風の玄関を潜って、まずは入って右手の一階展示室へ。

こちらでは近江八幡の町や「八幡商人」、
そしてこの「郷土資料館(旧八幡警察署)」に関する
展示がなされています。

中でも興味深いのが、八幡山城より出土した金箔瓦

天下統一へと突き進む羽柴(豊臣)家。
その一門の城として築かれた八幡山城では、
観る者に豊臣一門の権威と財力を表す「シンボル」として、
瓦の凸面に金箔を貼り付けた
金箔瓦が用いられていました。

この形式は豊臣系城郭と呼ばれる
秀吉直轄、あるいはその一門衆や豊臣派の主要拠点にのみ許された
特別なものであり、
八幡山城が豊臣政権にとって重要な位置を占めていたことを示す
貴重な遺産と言えるでしょう。

また八幡山城廃城後に敷説された上水道・
近江八幡水道は、
築城に伴うインフラとしてではなく、
町人たちによって水道が整備された稀有な例。

「朝鮮通信使」を迎えるために造られた
とも言われる水道は、
その一部が現役で稼働している他、
全国各地に築かれた水道設備の一部に
ここでノウハウを得た「近江商人」たちが関わるなど、

近江八幡の町だけでなく、全国の水道網の整備に一役買った、
重要な役割を持っていたようです。
(展示室では古式水道現役当時に使われていた
樽(水タンク)のフタや、竹筒を繋ぎ合わせていたコマ(栓)が
展示されています)

ここで八幡商人の雇用形態
昇進制度についてもご紹介。

八幡商人を始めとする近江商人たちの間では、
江戸・上方(京都・大坂)などに置かれた「出店」で
下働きとして働く奉公人(ほうこうにん)には、
地元・近江国出身の男子の採用を原則としていました。

これは江戸や大坂・京都のような隔地であっても
信用の置ける従業員を確保するためであり、
地縁を持つ者を採用することで
・奉公人の情報確保
・奉公人に不正・不実があった場合に素早い対処が可能
・地縁による不正・不実への抑止効果
が期待されていました。

そうして「出店」で懸命に働いた奉公人たちには、
5~7年が経過した頃に登りと呼ばれる
帰省が許されました。

「登り」に伴い与えられる休暇は50日間で、
雇い主から旅費となる「路用金」、土産料、祝儀、着物代を渡され、
国元(在所)に帰ると、まず商家を取り仕切る「本家」の主人にごあいさつ。

その後親元へ帰り、帰路道中観光を楽しみながら
出店へと戻り、上の役職に昇進して行きました。

このように帰省を契機とする昇進システムは
在所登り制度と呼ばれ、
「登り」を重ねるごとに手代・番頭(ばんとう)・支配人と昇進を重ね、
特に有能な者には「のれん分け」、すなわち独立
許されることもありました。

(一方で、「登り」を区切りに、素行不良の者や体調を崩した者、
商いに不向きな者などは雇用契約終了
もしくは解雇を通告されることもあったそう。
昇進を心待ちに一時の休暇を楽しむか、
非情の通告を突きつけられるか・・・「運命の分かれ道」である)
歴史民俗資料館 3
階段踊り場より撮影。

2階への階段を上ると、まずは左手の展示室へ。
壁面には1700年頃の近江八幡を描いた絵図
掲げられており、
八幡山の東側まで回り込んだ琵琶湖の姿
(現在は干拓によって分断され、内湖である西の湖
その頃の面影を留めています)や

「左義長まつり」の舞台である日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)、
碁盤の目状に区割りがなされた町の様子などを
知ることが出来ます。

ガラスケースには八幡山城城主であった京極高次が
町人たちに宛てた文書などが展示されており、
権力者たちと町人たちとの関係性を窺うことが出来る
貴重な史料となっています。

ここで注目したいのが、
近江八幡の町人たちが歴代の権力者より与えられていた特権・
諸役免除(しょやくめんじょ)

「諸役」とは、領主に課せられる負担のうち、
年貢を除いた労働使役などの義務のこと。

近江八幡はこれを「免除」、すなわち年貢以外の負担を
全回避出来る特権を有していました。

始めは近江八幡の前身である安土城下にて
織田信長より与えられた公文書・
安土山下町中掟書(あづちさんげちょうちゅうおきてがき)に、
「楽市」に対する諸役免除が明記されていること、
八幡移転後も信長公より下された朱印状を所持していることを根拠とし、

近江八幡移転後は八幡山城主・豊臣秀次より下された、
「安土山下町中掟書」を引き継いだ掟書・
八幡山下町中掟書を所持。

徳川政権となってからは徳川幕府が都市特権を認めない方針を取っていたため
危うく特権を失いそうになりますが、
関ヶ原の戦い後に徳川家康
沿道への安全の保証として渡した禁制を盾に、

うま~いことごまかしながら
江戸時代を通して「諸役免除」を維持し続けたそう。
(きっとあの手この手で役人の追及を
逃れていたのでしょう 笑)

二階奥の展示室は、近江八幡開創の主・
豊臣秀次の一生を漫画にまとめて紹介した、
漫画で見る秀次物語

尾張国の農民の子として生を受け、
天下人・豊臣秀吉の縁者(甥)であったことから
後継者(養子)として最高権力者である関白にまで
立身を果たした秀次公。

秀吉の実子・豊臣秀頼(とよとみ ひでより)の誕生と
養父・秀吉より掛けられた謀反の嫌疑により
切腹
させられるという最期を迎えた彼ですが、
領主としては城下町として近江八幡の町を築き、
後に発展の礎となる八幡堀を開削。

領内の農民の間で水争いが発生した際には
適切な裁定でこれを収めるなど、
近江八幡開創の主として、また善政を敷いた「お殿さま」として、
今なお土地の人々に慕われているようです。

(お付きの家臣の助けがあったとはいえ、
為政者としてはなかなか優れたものを持っていた様子。
彼が生きていれば、あるいは・・・)
歴史民俗資料館 5
郷土資料館の次はコチラ、
歴史民俗資料館へ!

郷土資料館に隣り合うように建てられた町家で、
江戸末期の築。

元は新町通りの向かい側に本邸を構えた商家・
森五郎兵衛(もり ごろべえ)家の控宅
(ひかえたく。商家の主や家族が住む「本宅」とは別に、
取引先との商談、客人への接待、家族や親族の冠婚葬祭などに
使われた建物)として建てられたもので、

隣接地に「八幡警察署」が落成してからは
警察署長が暮らす官舎となり、
昭和51(1976)年に近江八幡市が土地と建物を取得。

復元工事を経て昭和54(1979)年より
一般公開されています。
歴史民俗資料館 6.5
表側から見ると、こんな感じ。

本宅ほどの派手さはないものの、
豪商の持ち家に相応しい格式ある造りとなっています。
歴史民俗資料館 6
気になる内観ですが・・・こちらも撮影こそ可能なものの、
公開はNG
「郷土資料館」に続いて文章でのご紹介。

現在入口となっている裏口から中へ入ると、
内部は江戸の町家らしく細長い造り。

長~い土間の周りにはかつての所有者・森五郎兵衛家で
用いられたと思しき家財道具や商売道具がビッシリ!

中には電気が無い時代に氷を冷気の基とした
冷蔵庫や時代を感じる壁掛け時計などの
お宝アイテム(?)も。

玄関脇の部屋には、一階→二階の移動設備と収納スペースを兼ねた
階段箪笥(だんす)も残されています。
(2階はどうやら非公開の様子)
歴史民俗資料館 7
「歴史民俗資料館」(旧 森五郎兵衛家控宅)坪庭

一階奥は広い座敷となっており、
こちらにもタンスや灯火具といった家財道具が
並べられています。

一方床の間など商家としての趣もしっかりと残されており、
特徴的な朱塗りの土壁、
純銀で装飾された揉み紙
(和紙を手もみにすることで、独特のしわを生み出す日本画の技法。
滋賀県の無形文化財にも指定されている)の障子など、

商家の「持ち家」に相応しい建物として、
また客人などを迎える「もてなしの場」として、
装飾性が確保されていたことが分かります。
歴史民俗資料館 9
座敷から見た「歴史民俗資料館」中庭

ここが商家の所有であった頃は、
この景色を眺めながら、商談や接客が行われたことでしょう。
歴史民俗資料館 10
「歴史民俗資料館」まで見終えたところで、時刻はお昼時
「市立資料館」の裏庭に面したカフェ兼お土産屋さん・
cafe'& shop SHINMACHI
(カフェ・アンド・ショップ しんまち)にてお昼ごはんと参りましょう!
歴史民俗資料館 11
店内はカウンター席・テーブル席から成る飲食スペースの他、
店名の通り土産物販売スペースも完備。

小物やTシャツ、絵ハガキなどの他、
近江八幡名物・赤こんにゃく
丁字麩(ちょうじふ。全国的に珍しい四角く成形された麩。
行商の際に持ち運びしやすいように、この形になったそう。
効率を重視した、近江商人らしい発想!)、

東近江市にて牧場やレストラン、アウトドア施設などを経営する
池田牧場ジェラート等、
多様な商品が揃います。
歴史民俗資料館 12
そんな「cafe'& shop SHINMACHI」で頂くのはこちら、
葦(よし)うどん

琵琶湖の湖岸で採れるイネ科多年草
葦(よし)を練り込んだ、近江八幡の「新名物」。
歴史民俗資料館 13.5
関西系薄口ダシの中からは、
手打ち風の緑掛かった麺がコンニチハ!

喉をスルスルと通るコシ弱めの麺からは、
名前通りに植物の香りと風味が伝わる。
麺を通して湖畔に水草が群生する様が
見えて来るような、不思議な味わい。
歴史民俗資料館 13
丼に添えられた丁字麩は、たっぷり出汁を吸い込んで柔らかく、
風味豊か!

麺と一緒に、トッピングでも「近江八幡の味」を感じられます♪
歴史民俗資料館 14
隣に用意された朱塗りの器を開けると・・・
歴史民俗資料館 15
こちらも「近江八幡名物」の、赤こんにゃく!

一見するとレバー辛い食べ物のような見た目をしていますが、
れっきとしたこんにゃく。

この地域でこんにゃくを赤く染めるようになった理由については
・この地域に安土城を築いた織田信長が非常に派手好きだったために、
地味なこんにゃくを赤く染めさせた
・織田信長が安土城下で行われていた「左義長まつり」で
赤い長襦袢をはいて踊ったことにあやかった
・こんにゃくを売り歩いていた「近江商人」が「左義長まつり」の山車に飾られる
赤色の紙からヒントを得て、
他の商品と差別化するためにこんにゃくを赤く染めた
など諸説あるそうです。

その赤色の秘密は、着色料として混ぜられた
ミニ酸化鉄

「着色料」と聞くと身体に悪そうなイメージを抱いてしまいそうですが、
実際には身体には無害であるばかりか、
鉄分を多く含んでいるため、
貧血予防にも効果があるのだとか。
(お土産に購入してみましたが、
確かに素の状態では「鉄の味」がしました)

もちろんそのままでは美味しく頂けないので、
cafe'& shop SHINMACHIでは醤油に浸けてのご提供。

こんにゃくならではの弾力と、
醤油の深い味わいを楽しむことが出来ました♪
歴史民俗資料館 16
下段からは、葦うどんに続いて丁字麩が登場!

こちらは丸ごと一個が投入されていた葦うどんとは異なり、
細かく刻んでのご提供。

添えられたキュウリともども甘酸っぱい味付けがなされており、
先ほどの赤こんにゃくとは違った食感と味が楽しめます♪
歴史民俗資料館 18
食後のデザートには、
初夏の暑さを和らげるべく、
池田牧場ジェラートをチョイス!
歴史民俗資料館 19
頂いたチョコチップジェラートは、
濃厚なミルクの風味が感じられるバニラアイスに、
ザクザク食感のチョコチップが散りばめられた一品。

冷たくおいしく、頂きました♪
歴史民俗資料館 20
吹き抜ける風を感じ、趣ある建築を眺めながら過ごすひととき・・・
至福♪

参考:近江八幡観光物産協会
    近江八幡市
    池田牧場 公式ホームページ
    特産名品ものがたり
    食べログ
    Wikipedia

近江八幡市立資料館(郷土資料館・歴史民俗資料館・旧西川家住宅)

開館時間
9:00~16:30(最終入館16:00)
休館日
月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日・年末年始。
入館料
【4館券】
市立資料館(郷土資料館・歴史民俗資料館)
重要文化財旧西川家住宅
かわらミュージアム
(個人)一般 700円 小中学生 350円
(団体)一般 600円 小中学生 300円
【3館券】
市立資料館(郷土資料館・歴史民俗資料館)
重要文化財旧西川家住宅
(個人)個人 500円 小中学生 250円
(団体)個人 400円 小中学生 200円
【単館券】
市立資料館(郷土資料館・歴史民俗資料館)
もしくは重要文化財旧西川家住宅
(個人)一般 300円 小中学生 150円
(団体)一般 240円 小中学生 120円
※団体は10名以上
※窓口にて障がい者手帳をご提示いただきますと、
一般の方は小・中学生団体料金、
小・中学生は無料(付き添いの方1名は割引)。

アクセス

名神高速道路 竜王ICから30分
※市営小幡観光駐車場(有料)をご利用ください
収容台数
普通車 83 台
大型車 11 台
利用料金
普通車510円、大型2,090円(マイクロバス含む)

公共交通機関
JR琵琶湖線 近江八幡駅下車
近江鉄道バス「八幡市内線」・「長命寺線」で6分
小幡町資料館前バス停下車すぐ

cafe'& shop SHINMACHI
営業時間
10:00~16:00
定休日
月曜日(+不定休)
予約・お問い合わせ
〒523−0871滋 賀県近江八幡市新町2丁目22 市立資料館内
TEL 0748-36-5115

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。