fc2ブログ

記事一覧

レア列車を追いかけて

エアコンの無い宿泊施設で、暑さと闘いながら
数か月後の旅を夢見て奮闘する「西のノリ」です。
さて、先週土曜日は希望休を頂き、
松本市内へ降りて参りました。
目当てはこの日走った二つの臨時列車。
普段この地域では見られない車両を追いかけた
一日をレポート!

早速、松本駅構内から。
IMG_0760.png
4番線に停まっていたのは、10時2分発、臨時快速
「北アルプス風っこ」号。
この日限定の運転で、松本から大糸線を走り、
JR西日本との境界駅である南小谷(みなみおたり)まで
向かいます。
復路は南小谷から松本まで。一往復の運転です。
IMG_0757.png
牽引するのは、国鉄時代に製造されたEF64形電気機関車
甲信越地方の勾配の多い線区で使用される直流(一方向に電流の流れる
電化方式)機関車です。
この1053号機はJR東日本所有。
花形である寝台特急の運用を失った今でも、
時折旅客車両の牽引に従事しています。
IMG_0756.png
この日は臨時の特急あずさも運行。
車両は国鉄型特急車両、189系
その中でも大掛かりな改造を経た「グレードアップあずさ色」と
呼ばれる編成。
昔懐かしい並びに、集まった「撮り鉄」たちも夢中!
IMG_0758.png
EF64形には、専用ヘッドマークが取り付けられていました!
モチーフは、穂高連峰でしょうか?
IMG_0765.png
こちらが「北アルプス風っこ」に充当された。
ビューコースター風っこ
国鉄型気動車・キハ48形の改造車で、宮城県の車両所に所属し、
普段は東北地方での臨時運用に供されています。
側面は大きく開かれ、春~秋は外の風を感じながら、
冬はガラス窓がはめられ、備え付けのストーブで
暖を取りつつ、列車旅を楽しめます。
IMG_0763.png
車内には向かい合わせで配置された、木製のベンチシート。
足下のガラス窓に施された装飾と相まって、
かわいらしい雰囲気。
IMG_0761.png
シンボルマークは、葉っぱの形。
IMG_0768.png
進行方向(南小谷方)には、別の機関車が連結されています。
終着駅で機関車の付け替えをする手間を省くための工夫。
ただ、中間にサンドイッチされた車両が見えづらいのが難点。
この車両はDD16形ディーゼル機関車
主力機関車が入線出来ないような規格の低いローカル線向け
機関車として誕生し、わずかに残った蒸気機関車を
置き換えました。
しかし、JR化と前後して相次いだローカル線の廃止、
あるいは貨物取り扱いの終了によって居場所を失い、
今ではこの11号機一両のみの存在となっています。
IMG_0766.png
製造は昭和47(1972)年。
40年が経過しているベテランです。
この後列車は耳に残る汽笛を響かせ、たくさんの
人に見送られ、大糸線へと入っていきました。

列車を見送ってから松本駅を出て、中町へと向かいます。
IMG_0775.png
やって来たのは、翁堂
私のお気に入り、素朴な和洋のお菓子と気さくな社長さんが
魅力のお店。
IMG_0777.png
店の奥、土蔵を取り囲む草木も、ずいぶんと伸びてきました。
IMG_0779.png
今日は名物でもある栗饅頭・十三夜と、利休饅頭をチョイス。
無料でサービスされる、冷たいお茶と共に頂きます。
IMG_0782.png
お昼は中町に店を構える定食屋、くろ門
刺身定食1200円。
海の無い長野県ですが、こうしておいしい魚が味わえるお店の存在は、
有り難い。
IMG_0785.png
食後は四柱神社に参拝。
IMG_0789.png
拝殿正面に置かれているのは、茅の輪
これは夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)
という神事の一環で、
「水無月(みなづき)の 夏越しの祓する人は 千歳の命 延ぶというなり」
という古歌を口ずさみながら決められた順序でこの茅の輪を潜ることで、
日常生活の中で染み付いた罪や穢れを祓う、というもの。
皆さんも、平穏な夏を祈りながら潜ってみてはいかがでしょうか?

さて、この後は再び松本駅へと戻ります。
入場券を購入し、ホームへ。
IMG_0800.png
やって来たのは、北陸新幹線と並行する第三セクター・
しなの鉄道の観光列車・ろくもん
国鉄時代製、信越地方のような寒冷地向け、
115系電車の改造車で、
2014年から運転を開始しました。
デザインを手掛けたのは、各地の鉄道会社に旋風を巻き起こす
デザイナー・水戸岡鋭治氏
JR九州の各種デザインでもお馴染みです。
名称や各部のシンボルマーク、深紅の塗色のモチーフとなったのは、
しなの鉄道沿線・上田を拠点としていた戦国大名・真田氏
長野と軽井沢を結び、土休日にはランチやデザートのコース、
主要な停車駅では地元の人によるお出迎え・お見送りも。
この日は「信州デスティネーションキャンペーン」の一環として、
「信州DCワインバレー号」と銘打っての特別運転。
IMG_0801.png
松本駅での停車は一分ほど。あっという間に
終点・塩尻へと出発して行きました。

普段見られない車両を堪能し、大満足の一日。
鉄道に興味が無い、という人でも楽しめる
列車が、この日本にはたくさんあり、さらに
増えつつあります。
「速さ」だけではない、旅そのものを楽しむ
スタイルを、今こそ見直す必要が
有るのかもしれません。
私も「過程」を楽しむ旅を心掛けたい物です。
それでは!
IMG_0751.png
上高地への玄関口、新島々(しんしましま)バスターミナルにて。
カメラの「撮影効果」を試してみました!




















コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。