fc2ブログ

記事一覧

旧き町を往く

前回は、ちょっと内容に乏しかったかな・・・と反省中の西のノリです。
ひとまず気を取り直して、いよいよ伊勢市に潜入した今回は、舟問屋街として栄え、
伊勢の水運の要衝であった、河崎地区を歩きます。
まずは、伊勢市駅の近くから、目印を頼りに移動。
DSC04352.png
いきなり、立派な建物が登場!これは期待が持てます(*^_^*)
DSC04356.png
路地を入っていくと、こんな感じ。う~ん、味がある!
DSC04355.png
こちらは、和菓子店・播田屋。
絲印煎餅(いといんせんべい)、という焼き菓子が有名だそうで。なんでも、伊勢にお越しになった皇室の方々も、
お召し上がりになるとか。看板商品に個売りがなかったので、草団子とお餅を購入。
後ほど食べてみたところ、上品な甘さとしっとりとした味わいがgood!
皇室御用達の名は、伊達ではない!
DSC04358.png
通り沿いには、このように昔の建物をそのまま利用した店舗も見受けられます。
ただ保存するだけではなく、今もこうして生活の一部として活かされていることに、感銘を受けます。
DSC04379.png
こちらは、河崎商人館。
元は造り酒屋であった建物を、地元の人達の手によって保存し、展示・公開されています。
DSC04363.png
庭の先には、洋風の応接室。明治期の増築だそうです。
DSC04366.png
母屋内部は、伝統的な和風建築。
DSC04370.png
中庭も良い雰囲気(*^_^*)
DSC04365.png
土間が高い!
DSC04374.png
何と、裏千家の様式に則った、広い茶室まで付いています(;゜0゜)
DSC04372.png
裏手にも庭があります。
DSC04377.png
これは路地ではない。敷地の一部である
なんつー広さだ!!
土蔵内の資料館を見て回り、道向かいの土蔵カフェで一休み。
ちなみにそちらも、河崎商人館の一部
つまり、商家時代の建物が、道の両側に建っている。どんだけ~
DSC04384.png
川を挟んだ対岸から、旧家の並ぶ一角を眺める。
モータリゼーションの普及と共に舟運は衰退、今は川面に舟の姿を見ることは出来ません。
しかし、建ち並ぶ商家の規模と華美にして精巧な造りから、往時の活気と繁栄が偲ばれます。
文化財の保存状態や路地の雰囲気も良く、より整備が進めば、神宮周辺にも負けない
観光スポット
と成り得るのではないでしょうか?

さて、今回のレポートはここまで。次はいよいよ、大本命たる伊勢神宮へ、レッツゴーO(≧∇≦)O♪
それでは(^-^)/
DSC04392.png
ホテルのマイルーム!15平米なり~
電車も見えるよ~(* ´ ▽ ` *)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。