fc2ブログ

記事一覧

越前旅22 ~「新しい老舗」・足羽山ATARASHIYA~

先日21日にやって来た秋の恒例行事
中秋の名月!

古より尊ばれた日本ならではの「粋の文化」、
おまけに今年は8年ぶりとなる
満月とあって大いに注目を集めました。
(皆さまご覧になられましたか?)

当然私も一日本人としてこのビッグイベント
楽しまねばならない!と思いまして、
お近くのスーパーで買った日本酒とお餅
(お団子は売り切れだった!)を用意して
スタンバイ!

なかなか雲が晴れずにヒヤヒヤしましたが、
襲来する吸血軍団(蚊)に悩まされながら、
無事お月見を終えることが出来ました!
(満足満足!)

聞くところによると来年も満月の中秋となるそうで、
今から楽しみ♪
足羽山 2-18
足羽山(あすわやま)中腹に鎮座する「千古の社」・
足羽神社へのお参りを終えた私。
足羽山 2-21
神社境内を後にして、次の場所へと向かいます。
足羽山 3-1
足羽神社門前からの道は、
足羽山北東麓から山中を通り、
西側へと抜けて行く散策路・
あじさいの道通りの一部。

梅雨時″を象徴する花がひときわ美しい
この季節(6月中旬)、
道沿いのあちこちには・・・
足羽山 3-3

足羽山 3-4
可憐な花を咲かせた、アジサイたち♪
足羽山 3-5
アジサイを眺めつつ、
「食べるところ無いかなぁ~?」と思いながら
歩いていた私の目に、
なにやらオサレなお店が出現!

こちらの足羽山ATARASHIYA(あたらしや)さん、
今風な見た目に反して
明治時代創業、以来130年変わらずここ足羽山
商いを続けて来たという、老舗のお茶屋さん

昭和初期に建てられたという
「お茶屋」の趣を残す旧店舗で、
創業以来の味であり足羽山の名物である
おでんでんがくを作り続けていましたが、

店主の交代と創業130年という節目を迎えた
今年3月に、大幅なリニューアルを敢行!

「おでんやでんがくを広めたい」、
「お客様にくつろいでいただく、笑顔になって
いただく店舗づくりをしたい」という思いから、
古風な「お茶屋さん」から洋風な見た目の「カフェ」へと、
大胆なイメージチェンジを図り、
再出発を果たしました!
足羽山 3-6
メニューはこんな感じ。

名物である「おでん」と「でんがく」を軸に、
麺類や和食(これらも創作的!)、
洋風プレートランチを網羅!

またデザートも「お茶屋」のイメージピッタリの
「お団子」から洋菓子、
和洋折衷の「フルーツ白玉かき氷」まで、
あらゆる年齢層を狙ったメニュー展開が
なされています!

もちろん各種ドリンク類も充実!
足羽山 3-7
店内も外観通りの、オシャレな洋装!

こちらは店舗奥の様子ですが、
入口右手の座敷はフランスの画家・
クロード・モネの代表作である「睡蓮(すいれん)」を
イメージした青壁

外光が差し込む窓辺は明るく開放的な色調の
白壁として
エリアや用途、環境に合わせた造りとすることで、
リニューアルの目的である「くつろげる」
空間づくりを試みています。

そして、店舗のさらに奥に進めば・・・
足羽山 3-8
開放的なデッキテラスが出現!

足羽山中を吹き抜けるさわやかな風
穏やかな陽光を感じながら、
ゆっくりと「くつろぎのひととき」を
過ごすことが出来ます!

今回は私もこの「デッキテラス」に陣取り、
風に吹かれながらのランチタイム♪
足羽山 3-9
今回はコチラ、日替わりで選べるメイン一品
(この日は「豚肉の甘辛照り焼き」or
「豆腐ハンバーグ&シュウマイ」)と
丸~く整えられたごはん、
大根とイカの煮物、
たっぷりサラダが一皿にまとめられた、

お時間限定(11時~14時)の
ワンプレートランチ(1,200円)を注文♪
足羽山 3-10
アップで。

手前に敷かれた豚肉の甘辛照り焼きは、
名前通りさっと茹でられた豚肉を
甘辛いタレに潜らせたもの。

ともすれば「重く」なりがちな肉料理ですが、
サッパリとした味わいと仕上がりで、
「ターゲット」とされているであろう
若年層(特に女性)を意識した
味付けとなっています。

しっかり出汁の染み込んだ煮物、
新鮮シャキシャキのサラダ、
ゴマで風味を付け、豚肉とマッチした
モッチリ食感のライスもお見事!

これらの品々も全体的に優しくヘルシーな
味付けと食材選びがなされており、
やはり「女性」を意識した作りと
なっています。
(30路のオッサンですいません 汗)
足羽山 3-11
そしてもう一品、
優しい色合いの桜葉緑茶を注文!

緑茶」というと「苦い飲み物」というイメージが
先行しがちですが、
この「桜葉緑茶」は氷が入れられ、
味が調えられているのもあってか、
あっさり、さわやかな風味。

さらに名前通りに桜エキス
注入されているためか、
心地よい微苦」に加えて桜の風味までも
感じられ、初夏に居ながらにして春の心地に♪
足羽山 3-12
ここで添えられた桜の葉を投入して、
桜の風味 強・化!

桜の風味がさらに強まって、
なんだか桜餅を食している気分。
(某柱も喜びそうなお味♪)
足羽山 3-13
「あたらしいお茶屋の食事」を頂き、
「くつろぎの時間」を得て、さらに先へと進みます♪

参考:足羽山あたらしや 公式ホームページ
    ふ~ぽ 毎日発信!ふくいの旬な街ネタ&おでかけ情報ポータル

前回記事
越前旅22 ~愛宕坂と足羽神社~

足羽山ATARASHIYA(あたらしや)

営業時間
10:00~17:00
(お花見期間中は21時まで。
L.Oは閉店30分前)

定休日
毎週月曜日
(祝日の場合営業。翌火曜日がお休みとなります)

※GoToEAT、など各種対応。
※サービスランチ(ワンプレートランチ)は
11時~14時まで。

ご予約・お問い合わせ
〒918-8007
福井市足羽1-8-45
TEL
0776-35-1768
FAX
0776-35-1768


北陸自動車道福井ICから 約15分
JR福井駅から タクシーで約8分

公共交通機関
JR福井駅から
ミュニまい 西ルート
足羽一丁目バス停下車 徒歩約8分

京福バス 清水グリーンライン
左内公園口バス停下車 徒歩約7分

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。