fc2ブログ

記事一覧

美観地区巡り5 ~「泊まれる文化財」・アイビースクエア その3~

アイビースクエア 9
岡山県倉敷市(くらしきし)、
倉敷川を中心に江戸~明治に掛けて建てられた
土蔵や町家、洋風建築が並び、
「歴史浪漫(ろまん)」を感じさせる町並みが魅力的な、
倉敷美観地区

その「美観地区」東方、
「美観地区」を代表する観光スポットの一つ、
明治期に開創された紡績工場を再利用した
宿泊・文化・観光の揃った複合施設・
倉敷アイビースクエア
ゆるりと紹介しております。

前回記事はコチラ



アイビースクエア 2-11
前回ご紹介した「アイビーショップ」の裏手側、
アイビースクエア」の成り立ちを紹介した
解説パネルが並ぶ通路を抜けると・・・
アイビースクエア 3-1
裏口(美観地区側)となる「西門」へと通じる、
施設裏手へ!

ここは「アイビースクエア」本館、
並びに「中庭広場」へと至る動線上
位置しており、それを生かして
アイビースクエア 3-2
天然素材を中心に「和」のテイストを取り入れた
衣類店・-gokan-五感(写真)や、

倉敷産のい草・帆布(はんぷ)・
デニムを始めとする工芸品・民芸品を販売する
愛美工房売店
アイビースクエア 3-3
リンゴ」や「嵯峨(さが)竹」といった
天然素材」を使ったオリジナル印鑑が選べる
京遊印
アイビースクエア 3-4
様々なコースで「手作り陶芸体験」ができる
愛美工房 陶芸教室等、
さまざまなジャンルと個性の
店舗・施設が用意されています♪
アイビースクエア 3-5
周囲の木々や本館の「レンガ×つた壁」と
素敵に調和した洋風建築は、
多目的ホール メタセコイア

スグ隣に植えられた「生きた化石」・
メタセコイアにちなんで命名された
シャレた洋館は、
結婚式場としても
利用が可能だそう。

歴史と文化を感じられる場所で
ウエディングなんて、
とってもロマンチック♪

(以前訪れた時は「オルゴール館」だったのですが、
数年のうちに廃業してしまったの
でしょうか・・・)
アイビースクエア 3-6
「メタセコイア」の向かい側、
一転して和の設えとなっているこの建物は、
日本の紡績産業の歴史や
創業から現代までの倉敷紡績(クラボウ)
歩みを紹介した展示施設・
倉紡記念館(くらぼうきねんかん)

元は「倉敷紡績」設立および本社工場開設当時に
建てられた紡績の原料・原綿(げんめん)を
保管するための倉庫だったものを、
昭和44(1969)年のクラボウ創立80周年という
記念の年にリニューアルし、

同社と日本の紡績産業の歩みを紹介した
施設として再生させたのだそう。
(大いに興味をそそられるところでしたが、
今回はパス
倉敷市に住んでいることですし、
いつでも行ける!・・・かな? 笑)
アイビースクエア 3-7
「西門」の隣、小ぶりで簡素な造りながら
どこか品のある佇まいの
こちらの建物(造りと位置からすると、
工場に出入りする人をチェックする
「守衛所」だったのでしょうか?)は、

倉敷市西方・高梁川(たかはしがわ)流域の
船穂町(ふなおちょう)に醸造施設を構える、
ふなおワイナリー
直営店

ワイナリーの地元・船穂町で産出された
ぶどう女王」と称される品種、
マスカット・オブ・アレキサンドリア
100%使用したマスカットワイン
選別購入が可能な他、

店頭の販売カウンターでは
飲み切りサイズのマスカットワイン
マスカット・オブ・アレキサンドリア」を使用した
デザートその場
購入・飲食可能となっています!

(ここで頂いたデザートについては、
後日の記事にて!)
アイビースクエア 3-18
今さらですが、「西門」横で
アイビースクエア」の
レンガ壁を観察!

アイビースクエア(旧倉敷紡績本社工場)」は
建物・外壁ともに「産業革命の本場」・
イギリスの工場設計に準拠。

建物や外周の囲いを形成するレンガ壁にも
イギリス積みと呼ばれる
積み上げ方式が採用されており、
長辺と短辺が交互に現れた積み上げ方が
特徴的。

一方「アイビースクエア」改修時に
新規に積まれた長手積み
(長辺のみが現れる積み上げ方)の壁面も
存在するそうで、
時代ごとに異なる「個性」を楽しむのも
一興かも知れません♪



アイビースクエア 3-8
現在ではレトロな洋風建築群が楽しめる
施設となっている、
アイビースクエア」。

・・・ですが、実はこの場所、
元々江戸時代に「天領・倉敷」を治めるために
江戸幕府が置いた統治機関・
倉敷代官所の跡地に当たります!
アイビースクエア 3-9
「倉敷代官所」想像図。


戦国時代にはが置かれていたとされる同地。
最初にここに居館を構えたのは、
「大坂の陣」頃に備中国
(びっちゅうのくに。今の岡山県西部)の
総代官を務めていた
小堀遠州(こぼり えんしゅう)で、

物資の集積と出荷に適したこの地に
戦地・大坂へ向けた兵糧米
積み出し拠点
を策定。

その後倉敷は「水運の町」として発展を遂げ、
寛永19(1642)年には正式に
幕府から「代官」が派遣され、
倉敷代官所が発足。

以来「明治維新」に至る二百余年の間、
代官所は幕府による備中・
美作(みまさか。岡山県東北部)・
讃岐(さぬき。現香川県)国塩飽諸島(しわくしょとう)の
支配拠点として、

また教諭所・明倫館(めいりんかん)を
中心とした教育機関として、
長く倉敷地域の中枢に機能し続けました。

しかし幕末の慶応2(1866)年、
長州藩の軍部隊・第二奇兵隊
(だいにきへいたい。高杉晋作(たかすぎ しんさく)が
結成した「奇兵隊」に触発されて発足した、「別部隊」)を
脱走した100名ほどの集団が
備中国の幕府側施設や藩施設を
襲うという、倉敷浅尾騒動が勃発。

この事件で倉敷代官所も
脱走隊士による襲撃を受け、
代官所は焼失してしまいました。

(のちにお隣・現総社市(そうじゃし)に在る
「浅尾藩陣屋」や周辺施設も襲撃され、焼失
事件後脱走隊士らは幕府軍による攻撃を受け、
長州藩領へ逃走
その多くが長州藩によって捕縛・処刑された)

明治維新後、一時「代官所跡」には
倉敷県県庁が置かれましたが、
明治4(1871)年に倉敷県が廃止されると、
放置されたままとなってしまいます。

そこへ置かれたのが、
地元有志たちによって結成された、
倉敷紡績所

以来この場所は倉敷の「近代化」と
街の発展の象徴として、
また現在では文化・観光施設
アイビースクエア」となって、
町(美観地区)のシンボルであり続けています。
アイビースクエア 3-10
そんな来歴を持つ、「アイビースクエア」。

施設裏手を歩けば、
代官所時代に使われていた井戸や・・・
アイビースクエア 3-11
当時の堀の跡を見ることが出来ます♪
(゛江戸″と゛明治″が調和した、
不思議な景観!)

アイビースクエア 3-12
最後はコチラ、本館裏側、
ツタボーボー」状態になっている施設・
アイビー学館

「倉敷紡績所」開業当時、
混打綿室(こんだめんしつ)※として
使われていた部屋を改装した
イベント・展示スペースで、

クラボウ」設立以来、繊維の町として
発展してきた倉敷ならではの品々を並べた
展示即売会
定期開催されている他、
一般への貸出にも対応しているそう。
(ウエディングも出来ちゃうかも?)

※混打綿(こんだめん)
紡績の工程の一つ。
固形状となっている原綿(げんめん)を
混打綿機(こんだめんき)と呼ばれる機械を使って
解きほぐし、
原綿に付着している葉かすや種子片、砂塵などの
不要物を除去する作業が行われる。
アイビースクエア 3-13
私の宿泊時に「アイビー学館」で
開催されていたのは、
皇統14代・仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の
御代(みよ)以来の歴史と伝統を持つという
伝統工芸・倉敷いぐさとタイアップした、

倉敷いぐさ祭り
アイビースクエア 3-14
「イギリス式工場建築」の特徴である、
むき出しの柱やジグザグの「ノコギリ屋根」が
残る、「アイビー学館」館内。

「紡績」の一工程を担い、
「混打綿機」が並んでいたであろう
空間では・・・
アイビースクエア 3-15
いぐさが編み込まれたスリッパや履き物
アイビースクエア 3-16
敷き物や雑貨
アイビースクエア 3-17
かわいらしい小物類などが集結!
(「〇滅グッズ」もあったよ!)

「洋風建築」の中に在りながら
畳敷きの和室に居るかのような
いぐさの香りがいっぱいに漂い、
気分がとても落ち着きます♪
(「倉敷いぐさ祭り」は、既に終了しております。
一品買っておけばよかった!><)
川舟めぐり 
アイビースクエア」紹介は、
今回でおしまい!

次回はお待ちかね!
「美観地区巡り」に出て参ります!

参考:倉敷アイビースクエア
    ふなおワイナリー 公式ホームページ
    豊田自動織機
    倉敷いぐさ 今吉商店
    Wikipedia

ふなおワイナリー直営ショップ
(「倉敷アイビースクエア」内)

営業時間
10:00~17:00
(11月~3月は11:00~16:00)

定休日
水曜日

お問い合わせ
TEL (086)422-0011

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。