fc2ブログ

記事一覧

夏の日差しを浴びながら

今日は年に一度、夏の打ち上げ花火、サマージャンボ宝くじ
当選番号発表日
実は私も購入いたしまして・・・見事、大外れ
まぁ、こんなもんでしょう・・・
気を取り直し、日付を巻き戻すこと一日。
昨日は松本へ降り、市内を散策。
ぶらりと歩いた昼下がりをレポート。
IMG_1282.png
まず最初にやって来たのは女鳥羽川(めとばがわ)沿い。
久々の夏日に照らされ、元気よくひまわり達が咲いています。
IMG_1283.png
しかし向日葵という字なのに、太陽と反対側を向いているのは
何故だろう・・・
IMG_1284.png
お盆が過ぎたとはいえ、世間はまだ夏休み。
なわて通りも多くの人波で溢れています。
IMG_1285.png
この日も寄ります四柱神社
人とハトで大賑わい。
IMG_1294.png
川沿いをしばらく歩くと、大きな建造物が現れました。
これは念来寺鐘楼
かつてこの地に建っていたお寺の名残です。
創建は元和5(1619)年。
天台宗の寺院として庶民の信仰篤く、
一時は改築により壮大なる仏堂伽藍を誇りましたが、
明治の廃仏毀釈令によって取り壊され、
廃寺に。
時を刻むこの鐘楼のみが残されています。
この鐘楼と、周囲を取り巻く墓地の規模から察するに、
それは立派な寺院だったのではないでしょうか。
国の施策が背後にあったとはいえ、
宝と成り得たであろう文化財が失われたのは、
惜しい限り(仏具・仏像等は破壊を免れた
市内の別の寺院に移されています)。
IMG_1287.png
鐘楼の軒裏には、驚くべき正確さと緻密さで
雲の文様が彫り込まれています。
建物自体も、山門かと見紛うほどの重厚さ。

建設中のイオンの裏手を抜け、住宅街へ入ると、
前方から大きな欅(けやき)の木が見えてきました。
IMG_1304.png

IMG_1305.png
傘のように広がる欅の下には、しっかりと
守られるようにして、小さな社が建っています。
これは槻井泉(つきいずみ)神社。
その歴史は大変古いそうで、創健年代は不明
平安時代の文書、「三代実録」が初出だそう。
御祭神はいずれも「水」と縁の深い神々で、
豊かな水に恵まれた松本らしいお社。
IMG_1300.png
傍らから湧き出す泉。
こちらも社と同様、太古の昔から湧いていたそうな。
その様子は歌にも詠まれ、この辺りの地名(清水地区)の
由来ともなっています。
手水から頂いた御水は、冷んやりとして
美味!
夏の暑さも吹き飛びそうな清涼感です。
IMG_1302.png
視界いっぱいに枝を伸ばし、天をも覆わんばかりの
欅の木。
周囲4.8m、高さ20m。松本市の特別天然記念物にも
選ばれています。
かつては周囲は森に覆われ、槻井泉神社も大層な
規模を誇っていたそうですが、今では太古の泉と
住宅地の中に在って窮屈そうな社、そしてこの木が
辛うじてかつての面影を保たんとしています。

またもノープランで歩いた松本市街。
しかし今回も、意外な場所で歴史と
伝統の一端に触れることが出来ました。
もうすぐ秋。
残り少ない信州滞在を、思うままに過ごしたいと
存じます。
それでは!
IMG_1306.png
イオンモールも、完成間近!




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。