fc2ブログ

記事一覧

秋の美観地区巡り3 ~倉敷川沿いを歩く~

現在、冬休みを絶賛満喫中の私。
この「ゆとりの時間」を利用して、
ブログの方もドンドン進めて行くぞ~!>▽</


前回記事はコチラ
http://ac802tfk.com/blog-entry-458.html


日本が近代化へと向かう明治・大正期、
「山陽の商都」・倉敷から大きく飛躍して行った
大商家・大原家の本拠、
大原本邸(旧大原家住宅)
見終えた私。

屋敷への出入り口も兼ねた主屋から
表へ出てみると・・・
秋の美観地区 3-1

秋の美観地区 3-2
趣ある「倉敷町家」と紅葉との、
美しいコントラスト♪
秋の美観地区 3-3
大正時代、大原家7代・孫三郎氏の
援助の下で架け替えられた、
見た目石橋・中身鉄筋コンクリート
今橋
秋の美観地区 3-4
エル・グレコの「受胎告知(じゅたいこくち)」を始めとする
大作の数々が収められた、
大原美術館

「美の殿堂」の神殿を思わせる姿が、
の中に浮かび上がる。
秋の美観地区 3-5
「今橋」からの眺め。
(逆光ワ~オ!)
秋の美観地区 3-6
倉敷川左岸を往く。
(人多い~!><)
秋の美観地区 3-7
趣ある情景の中を、「川舟」が進む。

行き交う舟はみな定員(6名)いっぱい!
私の乗船時(3名でした 笑)を思うと、
ちょっと安心。
秋の美観地区 3-8
ともに゛倉敷町家″の形式を留める、
「お食事処 かも井(左)」と、「旅館 鶴形(右)」
秋の美観地区 3-9
ちょっと早い(11時頃)ですが、
お食事処 かも井
お昼ごはん

美観地区の中心地・倉敷川沿いに
店を構える「かも井」は、
古い土蔵を改装した料理屋さん。

現在の当主は二代目と食事処としても
歴史を重ねつつあり、
岡山名物・ちらし寿司ままかり寿司
各種定食等、

地元の食材を大切に扱い、
その風習に根差した料理が
魅力のお店です♪
秋の美観地区 3-10
「かも井」店内。

ほどよくリノベーションを施しながらも、
土蔵の趣を残した空間づくりが好印象♪
秋の美観地区 3-11
窓際の席からは、
風光明媚な倉敷川沿いの情景が望めます♪
秋の美観地区 3-12  
そんな「かも井」さんで頂くのは、
店名を冠したカモイ定食

地元「岡山・倉敷の幸」が詰め込まれた
゛看板メニュー″の一つで、
メインとなる枡形容器に

1.瀬戸内産海の幸お刺身
2.名物・「ままかり」を載せたちらし寿司
3.野菜と魚の煮物
4.イカ・タコ・ワカメなどを盛り込んだ酢の物
5.和え物

これに6.お吸い物が付いて、
お値段チョイとお高め
1,870円
(注:「カモイ定食」という名前ですが、
カモ肉は入っていません by公式)
秋の美観地区 3-13
メインの品々を、アップで📷

瀬戸内で獲れた新鮮な海の幸を捌いた
刺身は、

「瀬戸内の王様」・
さっぱりとした味わいのタイ
脂のノリ良く、食べ応えがありながらも
゛重さ″を感じさせないカンパチ
表面に焼きを入れ、香りと風味漂う
サワラの三品。

隣に詰め込まれた煮物は、
丁寧な処理がなされ、
具材の芯まで味が染み込んだ良品。

その下のちらし寿司
酢飯に付けられた甘味と酸味のバランスよく、
上に載った名物・ままかりも含めて
サクサク味わえます。

その横の酢の物は、
゛酢″、という単語とは裏腹に、
やや甘味が強め
その甘味を、添えられたカラシがピリッと
引き締める。

(5品目の「和え物」は・・・
あんまり覚えてない 笑)
秋の美観地区 3-14
お椀に注がれたお吸い物は、
香り高く、品のある味わい。

しっかりとした出汁に、
具材の旨味が染み込んでいます♪

底に敷き詰められたにゅうめん
(・・・でしょうか?)は、
食感柔らか、優しい味の織田氏お出汁も
相まって、ほっこり気分に♪
秋の美観地区 3-15
「かも井」でのお食事タイムを終え、散策続行。

「かも井」のお隣、
旅館 鶴形(つるがた)は、
江戸中期築の町家を改装した、
美観地区でも最古級の建築物。
秋の美観地区 3-16
「中橋」の下から覗く、倉敷川
秋の美観地区 3-17
中橋の下を潜って、「川舟」が登場!
秋の美観地区 3-18
おっ、新婚さんだ!
(いらっしゃ~い♪)
秋の美観地区 3-19
「中橋」のそば、
夏には可憐な花を咲かせていた
蓮の池にも、秋の彩り♪
秋の美観地区 3-20
中橋に倉敷川
観光案内所が置かれた「倉敷館」を絡めた、
定番の構図!
秋の美観地区 3-21
「中橋」からの眺めを楽しんでいると・・・
秋の美観地区 3-22
さっきの新婚さんを乗せた舟が、
戻って来ました!

船上から振りまかれる「幸せ満点」な笑顔♪
橋の上から送られる拍手と祝福の言葉。
実に良い光景。
(おめでとうございます!)
秋の美観地区 3-23
中橋を渡って、「倉敷館」へお立ち寄り♪


参考:倉敷市公式観光サイト 倉敷観光WEB


お食事処 カモ井

倉敷市中央1-3-17

営業時間
10:00~18:00
(17:20L.O)

定休日
第2月曜日(祝日の場合翌日休)
水曜日(祝日の場合翌日休)

ご予約・お問い合わせ
086-422-0606

アクセス

山陽自動車道 倉敷I.Cより 約13分
瀬戸中央自動車道 早島I.Cより 約11分

公共交通機関
JR倉敷駅から 徒歩約12分
タクシーで約5分

下電バス51系統 塩生線(所要約1分)
大原美術館前バス停下車 徒歩約4分

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。