fc2ブログ

記事一覧

善通寺参り 4 ~善通寺誕生院と、「門前グルメ!」~

去る23日、栃木県内を走行するJR宇都宮線の車内、
および降車後の駅ホームで発生した、
暴行事件

車内で喫煙していた(しかも優先席に寝転んで!)
成人男性(ここ重要!)に対し
乗り合わせていた男子高校生が注意したところ、
容疑者は逆ギレ

10分間にわたり殴る、蹴るの暴行を加えて
男子生徒に重傷を負わせた上、
降車後のホーム上で土下座を強要し、
靴で踏みつけるという、

前途ある少年に
肉体的・精神的苦痛を与える
とんでもない振る舞いに及んだという。

取り調べに対しては
「ケンカを売られた」「正当防衛である」などど
およそ「模範的」とは言えない自身の振る舞いを
棚に上げての、

実に身勝手な主張と行動。
(自覚(常識と言ってもいい)ナシ?)

以前触れた
未成熟な大人の増加という、
「゛自己による思考″の放棄を迫る、画一的教育」の
問題点を凝縮したかのような、
今回の事件。

これ以上「自分のものさし」で「感情のままに」動く
子どものような大人の横行を防ぐためにも、
「数字の教育」、「机上の教育」ではない、
人を育てる教育という
本来あるべき姿に回帰することが、

現代日本が取り組むべき
喫緊の課題なのでは
ないでしょうか?


・・・冒頭から長々と語ってしまいましたが、
本文へと入って参ります。

今月半ば、職場の都合により発生した
三連休を生かし、香川県西北部の街・
善通寺市(ぜんつうじし)を訪った私。
善通寺 8
前回記事では四国屈指の名刹、
仏教界レジェンド」・
弘法大師(こうぼうだいし)誕生の地に建つ
善通寺の二つに分かたれた
敷地の東側、

立派な堂塔が建ち並ぶ
伽藍(東院)を散策して参りました。


前回記事はコチラ
http://ac802tfk.com/blog-entry-473.html


善通寺 2-1
次に向かうのは、二つに分かれた「善通寺」敷地の、
もう一方!

「東院」西面に開かれた中門を出て、
お正月の出店が(畳まれずに)残る
参道を抜け・・・
善通寺 2-2
伽藍(東院)の西側に広がる、
誕生院(西院)へ!

元々弘法大師が生を享けた誕生地
佐伯家の屋敷があった場所
建てられた寺院で、
創建は伽藍(東院)よりも後の鎌倉時代

以来善通寺(伽藍)とは別の寺院として
別の住職を立てて並立
(ただしお隣の「善通寺」、今の伽藍の管理も
「誕生院」が受け持っていた模様)していましたが、
明治に入ってから統合され、

現在は一個の寺院・「善通寺」として、
一体的な管理と対外広報がなされています。
善通寺 2-3
誕生院の入口に建つ、仁王門

誕生院の「正面入口」となる門で、
現在の建物は明治22(1889)年の再建
(伽藍(東院)を焼いた火災の、
延焼を受けたのでしょうか?)

門の左右には「仁王門」の名の通り、
南北朝時代・応永3(1396)年に製作された
金剛力士像(こんごうりきしぞう)が
門を守るように通行する者を
睥睨(へいげい)している他、

裏側には「お仁王さま」の履物である、
巨大な草履(ぞうり)が
架けられています。
善通寺 2-4
金剛杵(しょ)を手に持ち、
鋭い視線で通行人を睨み据える
金剛力士たち。

口を開け、怒りの表情も顕わな
阿形(あぎょう)と・・・
善通寺 2-5
口を結び、内に秘めた熱情を表す
吽形(うんぎょう)。

゛静と動″の対比、
躍動感に溢れた精緻な造り込みが、
圧巻です!
善通寺 2-6
色とりどりの花々で飾り付けられた
手水舎(ちょうずや)で手口を浄め
善通寺 2-6.5
趣のある廻廊を抜けて行くと・・・
善通寺 2-7
「誕生院」の本堂に当たる、
御影堂(みえどう)へ!

「佐伯家邸宅跡」、
すなわち弘法大師が生誕した
まさにその場所
建てられたお堂で、
現在の建物は江戸時代・天保2(1831)年の建立。

「御影」、とは宗門の開祖である祖師
その御姿を指した言葉ですが、
ここ善通寺ではご本尊として
弘法大師ご自身の手によるものとされる秘仏・
瞬目大師(めひきだいし)像を安置。

この「秘仏」は通常非公開
50年に一度の大法要・
弘法大師遠忌(こうぼうだいしおんき)の際にのみ
公開(次回は2034年催行予定)
となっていますが、

仏堂直下を巡る戒壇めぐりでは、
「弘法大師誕生の間」の直下を潜り、
「お大師さま」とご縁を結ぶことが
許されています。
善通寺 2-9
「御影堂」前に御座すのは、
仏教の開祖・゛お釈迦さま″の直弟子にして
十六羅漢の一人、
賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)の像。

優れた神通力を持ちながらも
その力を乱用したがゆえに
師の下を追われたという、
大変クセの強い人物ではありますが、

今日では「聖者」の一人として崇められ、
尊像と同じ箇所をなでれば、
病気平癒のご利益がある、
とされています。

厳格な「聖僧」としての姿を表した
滋賀県・竹生島の尊者像とは対照的な
ユーモラスな姿
(釈尊の下でやんちゃしていた頃を
イメージして彫られたのかも知れません)ではありますが、

そのご利益は同じ!・・・ハズ(笑)
善通寺 2-8
肝心の御影堂内は、
残念ながら撮影NGのため、
ここからは文章でのご説明。

外から眺める以上に広々とした堂内で
一般の参拝客が立ち入ることを許されるのは、
お堂の外郭部に当たる
外陣(げじん)まで。

その内側にはと~っても広い
内陣(ないじん)が設けられており、
木造の弘法大師像や大師の幼少期の姿を表した
稚児大師像

それを守護する四天王像や大師のご両親の像
安置されており、さらにその奥、
一切人の目に触れることのない
厨子(ずし)の中に、

秘仏の瞬目大師像
納められています。
(後述の「戒壇巡り」を申し込めば
内陣の一部に立ち入ることは出来ますが、
そこからもそれらの゛尊像″が確認できないほどに
広々としています!)
善通寺 2-11
そんな御影堂、通常時の目玉となるのが、
堂内直下の「地下通路」を巡る
戒壇(かいだん)めぐり

「御影堂」の地下、長さ100メートル
通路をぐるっと一周。

一切の光が届かない暗闇の中を歩くことで、
自己を見つめ直し、お大師さまと
結縁(けつえん)出来る
という、
修養の場

外陣右手の受付で500円(小・中学生は300円)を支払い、
靴箱に履き物を預け、
階段を下って暗闇の中へ。

通路の中へと足を踏み入れ、
入口が遠ざかって行くと、
周囲は文字通りの真っ暗闇

床板を踏みしめる音以外何も見えず、
何も聴こえない空間は、
世界から隔絶された感覚さえ覚えるほど。

そんな中を進んで行くと、
突如としてが出現!
(ちょっと安心♪)

おぼろげな明かりに照らされて
浮かび上がったのは、
真言密教の柱となる仏さま・
大日如来(だいにちにょらい)の像。

ここはまさに「弘法大師誕生の間」、
生母・玉依御前のお部屋
あった゛神聖な″場所であり、
そこに「真言密教」の要となる仏像が
置かれているのは、必然

その神々しい御姿に見惚れていると、
備え付けの音声機器から流れ来る、
低く、威厳に満ちた声。

実はこれ、音声鑑定や声紋鑑定、音響分析、
音声分析などを手掛ける民間の研究所・
日本音響研究所との共同で再現された、
弘法大師の肉声

モンタージュ・ヴォイスと呼ばれる
人物の肖像画、写真、銅像などから、
その人の発声器官を
コンピュータ上でシミュレーション
する技術が
用いられているそうで、

実際に「お大師さま」の面前で
その説法を聴いている気分に浸れる、
スグレモノ!

明瞭にして、「重さ」を感じる声音と語り口・・・
歴史上の人物に゛触れた″心地がして、
なんだか感激!
善通寺 2-10
「戒壇めぐり」の後は、
御影堂裏手の通路を通って、
セットで拝観可能な宝物館へ!

こちらも残念ながら撮影禁止
なっていたものの、
重要文化財に指定されている
地蔵菩薩立像(じぞうぼさつりゅうぞう)や
吉祥天立像(きっしょうてんりゅうぞう。
ともに平安時代作)、

その他時代ごとの仏像や
「善通寺」創建以前の頃の出土品
(開創以前、既にこの地には
寺院が存在していたそう)、

゛狩野派″きっての名手・
狩野探幽(かのう たんゆう)筆とみられる
龍虎図など、

「名刹」の歴史を彩る寺宝の数々
目にすることが出来ました♪

(「御影堂」と「宝物館」を結ぶ通路の途上には、
弘法大師の産湯に使われた、
産湯井(うぶゆい)も残されています!)
善通寺 2-12
ここからは、軽く「善通寺グルメ」をご紹介!

まずはコチラ、
善通寺仁王門のそばにお店を構える、
熊岡菓子店さん。

創業明治29(1826)年、
以来100年近くにわたって
善通寺門前で菓子作りを営む、
人気の老舗

(ついでに店舗も大正2(1913)年築の、
゛大ベテラン″!)

ここの名物となっているのが・・・
善通寺 2-13
日本一硬い」と称されるお菓子・
カタパン

日清戦争の頃に従軍兵士の糧食として
考案された
という「由緒正しい」門前グルメで、
善通寺に参った゛お遍路さん″のお腹を満たす
定番おやつとなっている他、

県内外から「カタパン」目当てに
お客さんが訪れ、開店時には行列が出来る
ほどの、
人気メニュー

そんな中から今回頂いたのは、
比較的小さな小丸パン
(大き目な品は、平日にもかかわらず
売り切れていました・・・)
お値段驚きの20円ナリ!(安っ!)

実際に購入して触れてみると、
ほんとうにに触れているかのような
コツコツ感。

口を付ければ文字通り
歯が立たないほどに硬く、
「折れてしまうのではないか?」と思うほど。

しかしじっくりと味わってみれば、
「昔懐かしさ」を感じる
ショウガ砂糖の優しい甘みが
じわりと広がり、ホッコリとした心地に♪

「やみつき」になる人が続出するのも頷ける、
クセになる味でございました♪
善通寺 2-15
そして!「讃岐国(香川県)」に来たならば、
これを味わわずして帰れまい!

香川県民の誇り(?)、讃岐うどん!

今回立ち寄ったのは
善通寺から徒歩7分ほど、
駐車場の目の前で営業中の、
こだわり八輻(はちや)さん。

平成24(2012)年オープンの
比較的歴史の「浅い」お店ながら、
善通寺近傍という立地の良さと、
綾川町の名店・「田村」で修業を積んだという
ご主人の腕から、

既に善通寺市ではその名を知られた
名店候補
善通寺 2-16
店内へ入るとまず、
入口のカウンターで゛メイン″となる
うどんを注文。

そこからお好みでサイドメニューのおにぎりや
天ぷら、各種トッピングを選択し、
レジでお会計を済ませるという、
セルフサービス

その中から今回選んだのは、
・釜玉うどん中(410円)
・わかめおにぎり(80円)
・ちくわの天ぷら(90円)

の、計3品。

先に天ぷらとおにぎりを取って
席で待機していたら、
やって来ました・・・
善通寺 2-17
ホクホクの麺に黄金色の玉子が絡む、
釜玉うどん!
善通寺 2-18
これにトッピングのネギを掛けて・・・
善通寺 2-19
実食!

゛決め手″となる麺は、
「本場」の讃岐うどんらしく、
コシが強く、食べ応えタップリ!

これに辛味のある(ショウガが入っているのかな・・・?)
だし醤油が絡まりながらも、
玉子がまろやかさをプラス!

ボリューム、味ともに大満足!
本場の讃岐うどん、頂きました♪

(八輻さんのうどんは「中サイズ」でも
お腹がパンパンになるくらいの
量とボリュームがあるため、
小食の方や女性には、「小サイズ」が
オススメ!かも?)
善通寺 2-21
「善通寺めぐり」、あと一回!


参考:善通寺 公式ホームページ
    朝日新聞デジタル
    日本文化の入り口マガジン 和樂web
    陳腐男のチープ飯


熊岡菓子店(カタパン販売店)

〒765-0003
香川県善通寺市善通寺町3丁目4−11

営業時間
9:00~16:00

定休日
火曜日、第3水曜日
※火曜日が祝日の場合
営業振替アリ

お問い合わせ
0877-62-2644

アクセス

高松自動車道善通寺ICから 約10分

駐車場
収容台数5台

公共交通機関
JR善通寺駅から 徒歩約20分
タクシーで約7分
市民バス西部コース乗車
総本山善通寺駐車場前バス停下車 
徒歩約4分

こだわり八輻

〒765-0004
香川県善通寺市善通寺町1059−1

営業時間
10:00~14:00
夜時間帯営業はありません!

定休日
火曜日・金曜日

お問い合わせ
0877-62-8818
※ご予約は受け付けておりません

アクセス

高松自動車道善通寺ICから 約10分

駐車場
収容台数30台

公共交通機関
JR善通寺駅から 徒歩約22分
タクシーで約5分
市民バス西部コース乗車
総本山善通寺駐車場前バス停下車 
徒歩約1分

コメント

No title

本当に「子どものような大人」が増えている感じがしてなりません。
教育界がサービス業になり、育てるよりおもねるになってしまった結果だと思います。
毎日のように目の前の高校生を見て、「大人になってない」と痛感してます。

No title

本当に「子どものような大人」が増えている感じがしてなりません。
教育界がサービス業になり、育てるよりおもねるになってしまった結果だと思います。
毎日のように目の前の高校生を見て、「大人になってない」と痛感してます。

No title

タカムさん

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、今日の教育現場は
教える側が子供たちの「後ろ」に立つ
保護者たちの顔色をうかがうような、
「おもてなし」のような性格が
強くなっているように思えます。

親から子へ、教育現場から子らへ、
「教え」、「伝える」ことこそが、
あるべき「教育」の形だと
思うのですが・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。