fc2ブログ

記事一覧

徳島旅10 ~「阿波おどりの殿堂」・阿波おどり会館!~

恐ろしく楽しかったG・Wから、
はや一カ月(ホントに早い!)

時季は梅雨時
「晴の国」岡山では
太陽優勢の天気が多いため
あまり「梅雨」という感じはありませんが、

全国的には連日灰色の雲
垂れ込め、
盛んに雨滴を降らせているとも聞きます。

春のうららは遠ざかり、
道行く人の心もまた晴れ行かぬ心地とは
存じますが、
これもまた豊穣の秋を迎えるための下準備。

雲の向こうに待つ夏晴れ
(近年(いま)は殺人的に暑いケド 笑)を
楽しみに、
゛傘の住人″に甘んじると致しましょう。
阿波おどり会館 8
徳島ラーメンの゛パイオニア″的名店・
いのたに本店で腹を満たし、
阿波おどりの殿堂、
阿波おどり会館へと
やって来た私。


前回記事はコチラ
http://ac802tfk.com/blog-entry-496.html


阿波おどり会館 15
「阿波おどりミュージアム」で
阿波おどりの歴史と成り立ちに触れた後は、
阿波おどりの鑑賞を目的として設計された
専用の劇場、
阿波おどりホールへ!

実際に踊りが披露されるステージを中心に
250名を収容可能なホールでは、
11:00~16:00の1日4回

昼のおどり」と称して
「阿波おどり会館」専属の
(れん。阿波踊りを踊る団体のこと。
徳島阿波踊りでは学生から企業、
有名連まで1,000を超える(!)「連」が
存在しているそう)による踊りが、

夜は20:00~の1日1回
それぞれに個性と特色を持った
有名連による、
夜のおどり」が披露されています。

今回は「昼のおどり」最終回、
16時からの専属連の踊りを、
鑑賞!


入場が許されてから待つこと10分ほど。
幕の向こうから賑やかな゛お調子″が
流れ出し・・・
阿波おどり会館 16
幕が上がるとともに、
踊り手の皆さんが、登場!
阿波おどり会館 17
「専属連」に属する踊り手の皆さんは、
阿波おどりの華・「有名連」で
長年の経験と研鑽を積んだ
ベテランたちから選別された、
精鋭集団(「阿波おどり」を専門に踊る、プロ)

「お久しぶり、元気だった?」という意の
「ヤットサー」「あヤット、ヤット」の
掛け声から始まる
阿波踊り特有の軽快なぞめき
(二拍子で刻まれる軽妙なリズム。
「ぞめき」は「騒がしい」の意)、
賑やかな鳴り物の調子に合わせ、

勇壮で力強い男踊り
阿波おどり会館 31
優雅にして軽やかな所作の
女踊り
絶妙なハーモニーを奏でます♪
阿波おどり会館 19
専属連をまとめる「連長さん」による
ごあいさつと簡単な阿波踊りの
紹介・解説の後は、

阿波踊りの時代ごとの変遷
実演。

起源の一つとされる、
音頭に合わせて円になって踊る
古風な盆踊りから
阿波おどり会館 32
現在のそれにやや近付きながらも
どこか控えめな
近代阿波踊り
阿波おどり会館 20
そして体を目いっぱい使い、
手を高く突き上げて踊る
現代阿波踊りへ!

実際目にしてみると、
(写真では伝わりづらいですが)
その変化と進化の度合いが
如実に表れているように思えます。
阿波おどり会館 33
公演では男性による「男踊り」と、
女性によって踊られる「女踊り」の
違いも詳説。
(これで皆さんも、
「阿波おどり博士?」)

男踊りは腕を左右に
大きく広げた構えが基本で、
「時には勇猛に、時には滑稽に
踊るのがポイント」なのだそう。
阿波おどり会館 18
対する女踊りは、
鳥追い笠と呼ばれる顔をすっぽり覆った
編み笠と高下駄妖艶さを強調し、

踊りもかかとを後ろへ大きく蹴り出し、
手を「ひらひらと」動かすことで、
優雅さ上品さを意識。
阿波おどり会館 36
如何にも動きづらそ~な履物で
優雅に、軽やかに舞い上げるところが、
「踊り手」の゛腕″の見せどころ、
でしょうか♪
(磨き上げられた熟練の
゛技芸″を感じます!)
阿波おどり会館 34
男踊りではさらに演出として、
うちわや・・・
阿波おどり会館 35
提灯(ちょうちん)も登場!

奏でられる「調子」に合わせ、
時に優雅で、時に豪快な動きを
魅せてくれます♪

(特に「調子」がテンポアップした際の
激しい動きと、
踊り手・小道具の゛一体感″は、見物!)
阿波おどり会館 18.5
「踊り手」たちの後ろで「お調子」を奏でる、
三味線や大太鼓、締太鼓(しめだいこ)、
鉦(かね)、笛、鼓(つづみ)などから成る
伴奏(鳴り物)の方々も、

「踊り」を彩る一要素♪
阿波おどり会館 22
劇間では、観覧者も参加しての
体験コーナーも設定されています!

「連長さん」の解説とご指導、
「踊り手さん」の実演を見聞きしながら、
客席上で「阿波踊り」♪

(本来はステージに上がっての
゛実演″が行われるそうですが、
コロナ禍のため観客と踊り手さんたちを
隔離しての実施となります。
悪しからず。)

私も踊りましたが、
上手く出来たか否かは・・・
皆さんのご想像にお任せします(笑)

(身体で「調子」を取りながら、
同時に手や足を動かすのが、
とってもムズカシイんです!
「踊り手」の人たちは、
やっぱりスゴい!)
阿波おどり会館 23
最後は再び「専属連」さんの演舞で、
フィナーレへ♪

あっという間の40分!
楽しき時間を、
ありがとうございました!

阿波おどり会館 24
「阿波おどり」鑑賞後は、1階に在る
「徳島県物産観光交流プラザ
あるでよ徳島」へ!

広~いスペースが取られた
販売コーナーでは
阿波おどり会館 37
阿波踊りグッズ(CDやDVDもある!)から
阿波おどり会館 25
徳島ラーメン
阿波おどり会館 38
銘菓や地酒、特産品
阿波おどり会館 27
徳島県を代表する民芸品・
阿波藍(あわあい)製品や
阿波おどり会館 39

阿波おどり会館 26
阿波踊りを象った木工細工まで、
県産品がより取り見取り!

今回は豊富な品ぞろえの中から、
宿で味わうためのお菓子2点
お酒1点の他、

実家への発送用として
徳島ラーメンすだちジャムを購入!
(「自分用」のグルメたちは、
次回記事にてご紹介♪)
阿波おどり会館 28
大満足♪の「阿波おどり会館」滞在を終え、
一日過ごした眉山山麓を離れ
阿波おどり会館 29
新町川沿いをそぞろ歩きながら、
宿へリターン!

徳島市観光は、これにて終い!
徳島滞在3日目は徳島市を離れて、
県南東部の町・美波町(みなみちょう)は
日和佐(ひわさ)へと向かいます!


参考:徳島県
    阿波おどり会館
    Wikipedia


阿波おどり会館

〒770-0904
徳島県徳島市新町橋2丁目20番地

阿波おどりミュージアム
開館時間
9:00~17:00

利用料金
一般 300円
小・中学生 無料

阿波おどりホール
(阿波おどり公演)
上演時間
昼のおどり(専属連)
1回目 11:00~
2回目 14:00~
3回目 15:00~
4回目 16:00~

夜のおどり(有名連)
20:00~20:50

利用料金
一般 800円
小・中学生 400円

阿波おどりミュージアム・阿波おどりホール・
眉山ロープウェイがセットになった
お得!3種セット
一般 1,830円
中学生 1,280円
小学生 810円

徳島県観光物産交流プラザ
あるでよ徳島

営業時間
9:00~21:00
12月21日~27日、
1月2~10日

9:00~18:00

3,000円以上お買い上げの場合、
周辺駐車場(阿波おどり会館駐車場・
眉山パーキング・新町地下駐車場)の
駐車料金が1時間無料

お問い合わせ
公益社団法人 徳島県物産協会
TEL 088-622-8231
FAX 088-623-9779

「阿波おどり会館」全体の
休館日

12月28日~翌1月1日
(眉山ロープウェイは除く)、
2・6・10月の第2水曜日
(祝日の場合は翌日)

お問い合わせ
阿波おどり会館
TEL 088-611-1611
FAX 088-611-1612

アクセス

徳島自動車道徳島ICから 約12分

駐車場
普通車26台 (車高1.55m以下)
1時間330円、以降30分ごと160円
その他近隣に阿波おどり会館指定
有料駐車場有り。
大型
阿波おどり会館前バス専用無料駐車場
先着順13台まで
お問い合わせは阿波おどり会館
(TEL 088-611-1611 
FAX 088-611-1612)まで 

公共交通機関
JR徳島駅から 徒歩約10分
徳島阿波おどり空港からJR徳島駅まで
リムジンバスで約40分

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。