fc2ブログ

記事一覧

徳島旅28 ~藍よしのがわトロッコ その3~

ついにやって来ました・・・
夏休みィィィィィ!>○</

日々のro-doで擦り減っていた身体に
超絶アリガタイ大型連休!

依然猛威を振るう新型コロナウイルス
集中豪雨台風
感染症・災害といった事象が
気掛かりなところではありますが、

折角の連休!
ゆっくり身体を休めて、そして、
楽しんで参りたいと思います!


もう夏休みに突入してしまいましたが・・・
ゴールデンウィークの旅模様を
書き綴っております、
「徳島旅」編。
よしのがわトロッコ 2-8
前々回より(ようやく)旅最終日
入りまして、
徳島県を東西に横断する路線・
徳島線を走る観光列車、

よしのがわトロッコに乗り込み、
「のんびり鉄旅」を楽しんでいるトコロで
ございます。


その1
http://ac802tfk.com/blog-entry-513.html

その2
http://ac802tfk.com/blog-entry-514.html


よしのがわトロッコ 3-2
学駅(がくえき)、続く山瀬駅での運転停車
(客扱いを行わない停車)を経て
再び走り始めた、
よしのがわトロッコ」。

横断する川田川(かわたがわ)は、
ホタルの住まう清流!

流域は「ホタル発生地」として
国の天然記念物
指定されている他、

旧美郷村(みさとそん)域は
少量生産の事業者でも
酒類製造免許を取得可能な特例・
梅酒特区に認定され、

毎年11月の最終土曜・日曜日には、
村を挙げて特産品の梅酒
振る舞われる、
美郷梅酒まつり
催行されるそう。
(行ってみたい!)
よしのがわトロッコ 3-3
川田川を渡った先、
車窓左手に見えてくるのは、
「四国百名山」に指定されている名峰・
高越山(こうつさん。標高1,133m)

阿波富士の異名で呼ばれる
美しい山体が特徴で、

頂部には伝説の修験者・
役小角(えんのおづね)による開基で
弘法大師空海(こうぼうだいし くうかい)も
修行に訪れたという名刹・
高越寺(こうつじ)が
鎮座しています。
よしのがわトロッコ 3-4
続いて車窓右手に見えて来たのは、
岩津橋(いわづばし)
よしのがわトロッコ 3-5
真っ直ぐに聳える塔と、
橋桁を支えるケーブルのバランスが美しい
斜張橋(社長しゃちょうきょう)で、
橋の長さ175m、幅員10.25m。

平成5(1993)年の架橋で、
同じ場所に架かる橋としては
4代目に当たるそう。

遠目ではあまり川幅があるようには
見えませんが、
橋の下には「四国三郎」・
吉野川が流れ、

見た目以上に大きな造りと
なっています。
よしのがわトロッコ 3-6
2つめの停車駅・穴吹駅(あなぶきえき)が
近付いて来たところで、
行く手に趣ある造りのトンネルが出現!

これは鼓山トンネルといって、
長さは74.43m。

いわゆる「イギリス積み」と同じく、
レンガの長辺と短辺を交互に
積み上げることで構築される
オランダ積みという技法で造られた、
レンガ造りのトンネルです。

のどかな風景の中を走る
徳島線では意外とも言える、
同線唯一のトンネル。
よしのがわトロッコ 3-7
この鼓山トンネルに、
よしのがわトロッコ」は
低速のまま突入!

両側に迫りくる壁に、
後方のキハ185が奏でる
エンジン音が反響します!

写真では速く通過しているように
見えますが、
実際にはとてもゆっくり

それでも100mにも満たない長さであり、
トロッコ列車でも通過するのは
あっという間!

スグに春の光の下へと
戻ります。

(特急「剣山」では、
トンネルを過ぎたことさえ
分からないかも知れません 笑)
よしのがわトロッコ 3-8
鼓山トンネルの先、車窓右手に、
ついに列車名の由来となった大河・
吉野川が出現!
よしのがわトロッコ 3-9
高知県中部、いの町・瓶ヶ森水源とし、
四国山地を縫いながら
銅山川(どうざんがわ)、
祖谷川(いやがわ)といった支流を
合わせつつ東下、

先ほど通過した岩津のあたりから
徳島平野に入って
徳島市北部から紀伊水道へと注ぐ、
四国屈指の大河

流路の延長は高知県・
四万十川(しまんとがわ。196km)に次いで
四国第2位の194km、

流域は四国4県(コンプリート!)、
12市15町1村にまたがり、
流域面積は3,750㎢で、
四国全体の20%にも及ぶ
広大なもの。

下流域では特産品・「」づくりの下地となる
豊富な栄養分をもたらす一方、
関東平野を貫く「坂東太郎(ばんどうたろう)」・
利根川(とねがわ)、

福岡県筑後地方を流れる
「筑紫次郎(ちくしじろう)」・
筑後川(ちくごがわ)と並び
四国三郎と称されるほどの
暴れ川であり、

治水事業が進行した今日でも
洪水時に想定される流量は
全国一毎秒24,000tにも
達するのだとか。
(恐ろしや・・・)
よしのがわトロッコ 3-10
水辺にゴロゴロ転がる岩石も、
自然のエネルギーに翻弄されて来た
被害者なのでしょうか・・・
よしのがわトロッコ 3-11
しばし車窓から吉野川の流れを楽しみ、
再び内陸側へ。

穴吹駅(あなぶきえき)手前で横断する
穴吹川は、
吉野川水系に属する一級河川

゛霊峰″・剣山(つるぎさん)を源とし、
美馬市(みまし)域を通って
吉野川へと注ぐ水流は
日本一の清流としても
知られているそうで、

国土交通省が毎年一級河川を対象に行う
水質調査では、
25年にも亘って穴吹川
ナンバーワンに君臨していました。
よしのがわトロッコ 3-12
トロッコ車内から覗いてみると、
「日本一」と称されるだけあって、
とってもキレイ!

川底まで見通せる透明度に、
感嘆。
よしのがわトロッコ 3-13
上流側。

川を取り巻く豊かな自然が、
この清流を形作っているのでしょうね。
よしのがわトロッコ 3-14
11時46分、
2つめの停車的となる、
穴吹駅(あなぶきえき)に到着。

徳島県北西部、
美馬市(みまし)の中心駅となる同駅。

歩いて20分ほどの場所には
重要伝統的建造物群に指定され、
うだつの街並みとして知られる
脇町地区が広がっており、

吉野川の舟運や藍・絹織物の
積み出し港として栄えた「歴史地区」への、
玄関口となっています。
よしのがわトロッコ 3-15
穴吹駅での停車時間は
1分ほどですが、
駅舎前からは駅員さんのあたたかな
お見送りが!
よしのがわトロッコ 3-16
続いて停車(運転停車)する
美馬市二つ目の駅・
小島駅
(おしまえき。「こじま」じゃないよ!)
よしのがわトロッコ 3-17
この駅は平成26(2014)年春
「乗り鉄」の心強い味方・
青春18きっぷ
ポスターに採用された
駅なのだとか。

駅前にはその時の撮影にも登場したであろう
大きな桜の木が、
季節を過ぎた裸の状態のまま
佇んでいます。
よしのがわトロッコ 3-18
虫さんも、トロッコ列車を「満喫中」。
よしのがわトロッコ 3-19
再び吉野川が見えて来ました!
よしのがわトロッコ 3-20
途中で差し掛かった集落では、
住民の皆さん総出での
盛大なお見送りも!

よしのがわトロッコ」が
日常の1ページとして
定着していることを感じる、
素敵な一コマ♪
よしのがわトロッコ 3-21

よしのがわトロッコ 3-22
吉野川水系一級河川
貞光川を渡って・・・
よしのがわトロッコ 3-23
3つ目の停車駅・
貞光駅(さだみつえき)に到着です!


参考:四国社会資本アーカイブス
    国土交通省四国地方整備局・
    徳島河川国道事務所
    美馬市 観光サイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。