fc2ブログ

記事一覧

徳島旅29 ~藍よしのがわトロッコ その4~

(未だに)ゴールデンウィーク
旅模様を綴っております、
「徳島旅」編。
(旅に出るまでに、
終わらせたい! 汗)
よしのがわトロッコ 3-23
徳島県を吉野川流域に沿って
東西に繋ぐ、JR徳島線

その徳島線を「全線走破」し、
のどかな車窓風景を駆け抜ける観光列車、
よしのがわトロッコ


その1
http://ac802tfk.com/blog-entry-513.html

その2
http://ac802tfk.com/blog-entry-514.html

その3
http://ac802tfk.com/blog-entry-515.html


地域の、路線の「顔」として走る列車は、
3つめの停車駅となる
つるぎ町の中心駅・
貞光駅(さだみつえき)に到着!
よしのがわトロッコ 4-2
貞光駅徳島線全線開業
(川田-阿波池田間で延伸開業)を迎えた
大正3(1914)年の開業。

徳島県最高峰
四国、および西日本でも2番目の高峰
(1位は愛媛県・石鎚山(いしづちさん))・
剣山(つるぎさん)への
最寄り駅となっており
よしのがわトロッコ 4-3
駅舎やホーム上では、
その点を全力アピール

ただし実際には剣山登山口までは
40kmほど離れており、
自家用車で約1時間

季節運行の路線バスで
約1時間40分かかる
結構な遠距離アクセスとなっている模様。
(さすが「霊山」。ハードル高い!)

そんな距離感ゆえ、
特急列車の列車名でありながら、
徳島線沿線からは見えません(笑)
よしのがわトロッコ 2-23
貞光駅では途中駅最長(※下り便の場合)となる
12分の停車時間が
設定されており
よしのがわトロッコ 4-5
車両や・・・
よしのがわトロッコ 4-6
(手は加えられている物の)
開業当時から100年以上にわたって
使用されている木造駅舎などを、
じっくり観察することができます♪
よしのがわトロッコ 4-7
のどかな風景の中に佇む、
カラフルな観光列車。
このギャップも、魅力的♪
よしのがわトロッコ 4-8
12時19分、貞光駅を出発!

この先の区間で味わえるのが、
徳島県内では平成28(2016)年以来の復活
となったよしのがわトロッコ限定販売の駅弁、
阿波尾鶏トロッコ駅弁

(ア~サヒィ~
スゥ~パァァ~ドッラァ~イ!

とともに頂きます♪)

よしのがわトロッコ指定席券を所持
していることを条件
事前予約での
購入が可能で、
お値段1コ1,300円

「その2」で取り上げた車内販売品・
なると金時どら焼き
(紹介記事はコチラ
http://ac802tfk.com/blog-entry-514.html)と同じ
つるぎ町貞光のお菓子屋さん・
栗尾商店さんが手掛けた一品で、

最寄りの貞光駅にて
予約人数分の積み込みが行われ、
その先の区間から
頂くことが可能となります♪

(阿波池田駅発の上り便・
「かちどきの風」では、
東みよし町の日本料理店・
「日本料理 味匠 藤本」さん作の
あわ愛ぎゅうぎゅう ローストビーフ弁当
(1コ3,000円)が提供されます)
よしのがわトロッコ 4-9
お弁当のメインは、
その名の通り徳島県代表のグルメ・
阿波尾鶏!(あわおどり)

炊き込みご飯(おそらく鶏肉エキスも使用)の上には
丸々とした鶏肉の塩焼きそぼろ煮
玉子そぼろキュウリなどが
トッピング。

阿波尾鶏の塩焼き
食すまでの時間を要し、
幅広い年齢層の乗客が食するであろう
駅弁としての用途を想定してか、
少々薄めの塩加減。

周りを固める
鳥そぼろ玉子そぼろ
甘口の味付けで、
家族連れでも馴染みやすい味わいに。

これに別口で付属する
すだちドレッシングを掛ければ、
サッパリとした風味にニンニクの旨味と
唐辛子の辛味が加わり、
見事に味変!

一気に「食欲増進」する味わいへと
゛大化け″します!
(素の味付けを楽しんでから、
ドレッシングを掛けるのが
゛上策″かと)
よしのがわトロッコ 4-10
車窓風景を眺めながら、
頂く駅弁・・・

これもまた良き!
よしのがわトロッコ 4-11
数駅を経て、4つめの停車駅・
阿波加茂駅へ!

東みよし町の中心駅となっている、
同駅。

町の中心部に在りながら
駅周辺には樹齢1,000年、
高さ25m
を超える大樹・
加茂の大クスを始めとして
豊かな植生が広がっており
よしのがわトロッコ 4-12
ホーム上にも見事な大木
鎮座しています!
(自然豊かな地方ローカル線とはいえ、
なかなか見られない光景なのでは?)
よしのがわトロッコ 4-13
阿波加茂駅を出て、再び走り始めた
よしのがわトロッコ」。

車窓には、茶畑が広がります。
よしのがわトロッコ 4-14
阿波加茂駅辻駅間で見どころとなるのは、
徳島県の名勝・天然記念物
指定されている景勝地・
美濃田の淵(みのたのふち)

吉野川中流域
幅約100m、長さ約2kmにもわたって続く
渓谷地帯で、

変成岩(へんせいがん。熱や圧力、
化学反応等によって組織が変化した岩石)の一種・
結晶片岩(けっしょうへんがん)で形成されていた岸辺が
吉野川の流れ浸食されることで、

長い時間を掛けて形づくられたと
考えられています。

(例のごとく)低速走行する
よしのがわトロッコ」でも
眺められるのは一瞬に等しい
短時間ですが、

自然が生み出した独特な情景の他、
近年ではアウトドア・スポットとしても
人気の場所なのだそう。
(マナーを守って、
仲良く楽しみましょう♪)
よしのがわトロッコ 4-15
吉野川を渡る真っ赤な橋
美濃田大橋横を通過。
よしのがわトロッコ 4-16
再び吉野川の流れを望んで・・・
よしのがわトロッコ 4-17
のどかな景色の中を走る。



列車が目的地の三好市(みよしし)域に
入ったところで、
再びガイドさんからの案内放送が。

この先、三好市井川町(いかわちょう)に
本社を構えるバス会社・
四国交通に、

昭和の中頃まで見られた
路線バスの「初期形態」、
昔懐かしいボンネットバス
置かれており、

運が良ければ観られるかも!
とのこと。

ワクワクしながらカメラを
構えていると・・・
よしのがわトロッコ 4-18
居ました~!!

丸っこい車体にフロント部分にエンジンを置いた
独特なスタイリング!
まさしくボンネットバスの姿!

このバスはBXD30という
型式の車両で、
いすゞ自動車によって
昭和41(1966)年に製造された、
車齢56年を数える大ベテラン!

後継車両の登場によって
定期運行を終了し、
仲間たちが引退して行った後も
風光明媚な祖谷渓(いやけい)を駆け巡る
観光バスとして活躍していましたが、

寄る年波には勝てず、
昨年11月を以て
惜しまれつつ引退

しかし所有者である四国交通
ファンの方々の保存への想いは熱く、
クラウドファンディングを実施したところ、
見事目標額を達成!

現在は来年春の復活を目指し、
大規模修繕に入っている、
とのこと。

聞けば線路の真横に車両を置いてくれたのも
四国交通さんの計らい」とのことで、
このタイミングで出会えた幸運と
運行会社さんのサービス精神に、
大感謝!
よしのがわトロッコ 4-19
吉野川沿いに広がる
三好市の中心地、
池田町(いけだちょう)の街並みが
見えて来ました!

よしのがわトロッコ」の旅も、
もうすぐおしまい・・・
よしのがわトロッコ 4-20
徳島駅から2時間27分、
定刻通り「よしのがわトロッコ」は
終点・阿波池田駅に到着!

同駅の主要路線・土讃線(どさんせん)
列車も発着する
1番ホームに入線した列車は、
乗客を降ろしてから・・・
よしのがわトロッコ 4-21

よしのがわトロッコ 4-22
一旦徳島(&琴平・高松)方面へと
引き上げ。

その後5番線横の留置線へと入り、
下り便(「かちどきの風」)の出番まで
゛ひと休み″。

50余名の「笑顔」を乗せ、
徳島へと折り返して行く
ことでしょう!
よしのがわトロッコ 4-23
いよいよ旅の終わりは目前!

乗り継ぎを待つ間、
池田観光と参りましょう!


参考:JR四国公式ホームページ・
    藍よしのがわトロッコ 特設サイト
    東みよし町 公式ホームページ
    四国交通株式会社



阿波尾鶏トロッコ駅弁
よしのがわトロッコ 4-24
よしのがわトロッコ」下り便
(「さとめぐみの風」)限定販売

お値段
1,300円(要予約)

製造元・および予約先
栗尾商店
TEL 0120-38-48-58

受付時間
9:00~17:00
(土日祝日を除く)

※乗車日4日前まで
事前予約のこと。
乗車日4日前が土日祝日の場合
その前の平日にご注文されたし!


上り便(「かちどきの風」)
「あわ愛ぎゅうぎゅう ローストビーフ弁当」予約


日本料理 味匠 藤本
TEL 0883-79-3212

受付時間
10:00~18:00
(火曜日を除く)

※乗車日4日前が定休日(火曜日)の場合
その前日までに予約されたし!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。