fc2ブログ

記事一覧

徳島旅31 ~阿波池田うだつの家 その2~

ゴールデンウィークの旅模様
お届けして来た「徳島旅」編も、
いよいよ(ようやく?)終盤
阿波池田うだつの家 8
現在記事上では、
徳島県三好市(みよしし)池田町に在ります、
たばこ製造で財を成した商家を
保存・活用した文化施設、
阿波池田うだつの家
訪問中。



前回記事はコチラ
http://ac802tfk.com/blog-entry-517.html



阿波池田うだつの家 19
幕末~明治期に形成された
゛和の世界″の入口、
目くるめく「人形浄瑠璃」の世界に触れた
主屋から、渡り廊下を渡った先。

その先にはかつての「たばこ製造場」を
改装・利用した
阿波池田たばこ資料館が在る
(管理人さんの推奨コースでもある)のですが、
そちらは一旦置いておきまして

阿波池田うだつの家 2-3
「たばこ資料館」横、
新座敷と呼ばれる空間へ。
阿波池田うだつの家 2-4
必要に応じて主屋の後年
増築されたと思しき純和風空間は、
8畳の新座敷
それに続く4畳ほどの中の間
2部屋による構成。

落ち着きと格式を感じる造りは、
後述する「離れ座敷」同様、

鎌倉~室町~江戸の
「武士の時代」に形成された
゛武家の精神″が現れた建築様式・
書院造(しょいんづくり)によるもの。
阿波池田うだつの家 2-5
「違い棚」には豪奢に飾り立てられた
馬の人形と、
中国由来の楽器・阮咸(げんかん)

阮咸とは三国時代末の
魏(ぎ)国において、酒を食らい、
奔放な言論を交わした・・・とされる、
竹林の七賢(ちくりんのしちけん)
と呼ばれる人物たちの一人。

(実際には彼らが一堂に会する機会は
無かったそうだが)

楽器としての「阮咸」は同種のものを
彼が佳く弾いていた
ことからその名が取られており、

古式の琵琶の変形型であり
同じく伝来楽器である、
月琴(げっきん)の一種だとか。

なんでもこれと同形の楽器
奈良・正倉院(しょうそういん)に
納められているそうで、

そんな古式ゆかしい楽器が
ここにあることからも、
屋敷を所有していた真鍋家の
財力と影響力のほどを
窺い知ることが出来ます。

(どうやって入手したのだろう・・・)
阿波池田うだつの家 24
新時代「新座敷」鑑賞後は、
「阿波池田たばこ資料館」・・・ではなく、
(これまた順路を無視して)
中庭を挟んで佇む
離れ座敷へ!
阿波池田うだつの家 2-6
「新座敷」前から、
なんだかスリリングなこちらの
渡り板を通って進みます。

(わざわざ昇降可能な造りに
してあるようですが・・・
防犯上の理由だろうか?)
阿波池田うだつの家 2-7
通路脇には、流しが設置されています。
周辺にはお手洗い給湯室
置かれており、
動線近くに水回りを集約。

機能的かつ居住性を意識した空間づくりが
為されているようです。

(この手の建物は「隠居用」として
造られることが多いため、
余計な移動を要さず「離れ」内に
生活空間をまとめるための
工夫と思われます)
阿波池田うだつの家 2-10
「新座敷」から伸びる通路を曲がると、
スゴ~く゛イイ感じ″の
廊下が出現!

廊下は2つの10畳間を取り巻く形で
画面奥で再度右手に折れ、
敷地外方向、裏庭側にまで
続いています!
阿波池田うだつの家 2-9
大きく取られた窓からは、
先ほどとは反対側、
渡り廊下側を望む中庭の眺め!
(イイですねぇ~♪)
阿波池田うだつの家 2-11
お待ちかね、
離れ座敷室内を、
ド~ン!

立ち位置からして
「ご隠居さま」のお住いとして
設けられたであろう空間は、
日本家屋伝統の書院造(しょいんづくり)
に則った設え。
阿波池田うだつの家 2-12
入口側10畳の窓側には、
床の間(とこのま)や
書院(しょいん)が
阿波池田うだつの家 2-14
室内側には左右で高さの異なる
違い棚
小型の収納・天袋(てんふくろ)、
柱間を繋ぐ横材・
長押(なげし)などが、

様式に則って整然と
配置されています。

部位によって紫檀(したん)や
黒檀(こくたん)といった
高級木材を使い分けているのも
高ポイント♪
阿波池田うだつの家 2-13
採光性と装飾性を兼ねた明かり窓・
書院

細やかな装飾が光ります✨
阿波池田うだつの家 2-16
隣室との間に設けられた
欄間(らんま)には、
舞い翔ぶ真鶴(まなづる)たち。

ここにも築造主のこだわりと、
それに応えた職人技
現れています♪
阿波池田うだつの家 2-15
お隣・前庭側10畳は、
前室と比べるとどちらかと言えば
控え目な造り。

しかしながら襖(ふすま)や壁面上部に
掲げられた
(襖のソレは「漢詩」かな?)
阿波池田うだつの家 2-17

阿波池田うだつの家 2-18
各所に立て掛けられた絵画が、
落ち着いた空間づくりに
一役買っています♪
阿波池田うだつの家 2-19
「離れ座敷」廊下から眺める、
前庭

画面左手から伸びる石畳は、
邸宅出口(かつては玄関とは別の
「通用口」として使われていたのでしょう)へと
繋がっています。
阿波池田うだつの家 2-20
「主屋」と「離れ座敷」を見た後は、
「たばこ製造場」を再利用した展示施設・
阿波池田たばこ資料館へと
向かいます!


参考:Wikipedia
    コトバンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。