fc2ブログ

記事一覧

小さな昭和、見つけた!

高山市内で宿泊したホテルにてエアコン付けっ放しで
寝るという失態を犯し、難渋している「西のノリ」です。
今回は祭りの賑わいから離れ、街歩きへと
向かいます。
IMG_1731.png
まずやって来ましたるは、下一之町に建つ高山昭和館
内部はこれでもかと昭和チックな空間が広がっており、
「昔懐かしい」時代の空気を味わうには、うってつけ。
IMG_1712.png
入り口横では、特撮業界発展の立役者の一人、
初代ウルトラマ〇がお出迎え。
入ってすぐ、誰でも入れる店舗部分には駄菓子や
昭和の玩具が並べられており、数十年遡ったかのよう。
その先は有料ゾーンとなっています。
IMG_1713.png
入場料(800円)を払って進むと、そこはまさに昭和空間!
IMG_1714.png
入って右手には昭和の横丁が再現されており、
銭湯、居酒屋、食堂、映画館等が並んでいます(中には入れませんが)。
仕事終わりの労働者や知り合いと顔を合わせに来た住人、
夜遊びに興じる若者たちの声が聴こえてきそうです。
IMG_1715.png
かつてシネマを賑わせた作品のポスターが、ズラリ。
馴染みの無い作品名や俳優さんばかりです。
IMG_1724.png
順路を進むと、広い通りに出ます。
こちらはメインストリート。店舗や交番、郵便局等も
再現されており、中に入ったり、覗くことが出来ます。
しかし、空に零戦が浮かんでいるのは、何故だろう・・・
IMG_1718.png
これは食堂。現代との物価の差に、驚かされます。
IMG_1717.png
テーブルに置かれているのは、えび天うどんと親子丼(の見本)。
伝票やビール瓶が添えられているのが、何だかリアル。
IMG_1722.png
理髪店。店の設備はもちろんですが、壁にさり気なく取り付けられた
白黒(だよなぁ・・・)テレビにビックリ!
IMG_1723.png
昭和の街角には欠かせないお店、タバコ屋。
今ではほとんど残っていない営業スタイルですが、
銘柄の多さやそれぞれの持つ色調から、
繁栄ぶりを思わせます。
IMG_1725.png
2階の一角を占めていた、学校の教室。
今よりもシンプルな給食、当たり前のように置かれたそろばん、
タイプライターといった勉強道具。
「デジタル」が普及する前の一幕。
IMG_1726.png
教室の隣には、「お茶の間」も再現されておりました。
古い家具や調度品に、かつてのテレビ番組。
昭和の暮らしの縮図、とでも言うべきでしょうか?

2階にはゲームコーナーも設けられており、
家庭用ゲーム機の先駆者・ファミリーコンピューター(通称ファミコン)や、
ゲーム業界の礎となったスーパーファミコンが
プレイ可能。
子供の頃に友達と夢中になった記憶と
操った感覚が蘇り、思わず感激!
IMG_1710.png
お昼ご飯に向かう途中の光景。
IMG_1708.png
アサガオが大輪の花を咲かせています。
IMG_1730.png
町の一角では、屋台曳き揃えを終えた金鳳台が、
蔵の前で一休み。
しばしその姿を止めてから、一年間の眠りに就きます。
IMG_1738.png
お昼は国分寺通り沿いのアーケード街に
店を構える飛騨牛のお店、匠屋(たくみや)
1階の食事スペースでは牛肉のひつまぶしを食すことが可能。
メニューは3種類。今回はその中から飛騨牛のまぶしをチョイス。
木の暖かみを感じる器には味噌ベースのタレを掛けられたブランド肉・飛騨牛が
たっぷりと盛られています。
店員さんおススメの食べ方は
1.肉とご飯そのものの味を楽しむ
2.3種類の薬味+わさびを載せて食べる
3.2に加え、出汁を掛けて掻き込む
これにより、一度に三通りの味を体感できます。
隣で伏せられた小さな茶碗は、少しずつよそって
それぞれの食べ方で頂くための物。
値段はそれなりですが、高山に来たら
足を運びたいグルメ。

さて、思いの他細切りになってしまいましたが、
次回は高山観光の目玉、城下町~商人町の
名残を残す、「古い町並み」を歩いていきます。
それでは!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。