fc2ブログ

記事一覧

新型車両で行く会津

松本→東京都内への移動日となった初日を経て、二日目。
この日は一気に会津地方に乗り込みます。
IMG_2160.png
関東有数の大手私鉄・東武鉄道
その幹線たる伊勢崎線の起点にして枝葉のように広がる
東武ネットワークの根っことして機能するターミナル駅・
浅草駅
ここから会津への列車旅を始めましょう。
IMG_2162.png
今年東武鉄道が送り出したトピックの一つ、
SL大樹の運転開始。
それを記念し、浅草駅にもこんな展示が。
なおSL大樹の運転区間は、栃木県の
下今市(しもいまいち)~鬼怒川温泉間
のんびりと、そしてレトロな旅がお望みという方には
おすすめの列車。
IMG_2166.png
一方の私が利用するのは、最新技術を結集して登場した・・・
IMG_2168.png
500系リバティ
SL大樹より一足早い今年4月21日にデビューした特急車両で、
老朽化の進んでいた300系特急型車両の置き換えと、特急運用の多様化を目的に
開発されました。
6両固定を基本としていた東武特急には珍しい3両編成とし、
前面に貫通路を設けることにより、分割・併合を実現。
途中まで二本の編成を繋げた状態で走り、分かれて別々の
目的地に向かう、という運用が可能となりました。
IMG_2167.png
愛称のRevatyには、
複数の路線で使用できる柔軟性を表現する「Variety(バラエティ)」、運用の
自由度を表す「Liberty(リバティ)」の二つの意味が込められています。
デザインを担当したのは、E6系E7/W7系新幹線車両、
E353系特急型電車、超豪華クルーズトレイン・
トランスイート四季島を手掛けるなど、JR東日本
強固な関係を築きつつある、奥山清行氏
しかしながら、鉄道会社や車両特性の違いからか、先述の車両群とはまた違う、
シャープな外観となっています。
IMG_2169.png
午前9時発のこの列車でもリバティの特長は存分に生かされ、
前3両が南会津の会津田島駅まで向かうリバティあいづ、後ろ3両は
北関東屈指の観光地・日光へ行くリバティけごんとなります。
IMG_2171.png
リバティ車内。
登場からまだ半年ほど。まだまだ清潔感に溢れています。
内装には沿線をイメージしたデザインが散りばめられており、
天井の曲線は隅田川や鬼怒川の流れを表現。
IMG_2170.png
座席。
足元はゆったりとしており、リクライニングすると、より寛げそう。
シート表面は、江戸の伝統色・江戸紫が用いられています。
窓の桟が大きく、眺望を妨げがちなのが、難点か。
IMG_2173.png
目を凝らしてみると、伝統芸能や日本画を思わせる伝統工芸・
「印伝(いんでん)」をモチーフとした模様が付けられています。
IMG_2174.png
コート掛けを兼ねる窓の桟も独特な形状。
これは沿線を飛び回るトンボをイメージしたそう。
IMG_2177.png
乗降デッキも、機能的かつ清潔。

9時ちょうど、いよいよ会津へ向けて出発です!
IMG_2178.png
発車早々に見えてくるのが、スカイツリー!
晴天の下では、その姿がよりはっきりと見て取れます。
この後列車はその足元、とうきょうスカイツリー駅に入ります。
IMG_2180.png
隅田川を渡ります。
橋のたもとでは遊覧船が出航準備中。
IMG_2182.png
東京都内ではひたすらビル群と住宅街を眺め、
埼玉県の春日部駅を過ぎたあたりで、
ようやく建物が途切れます。
IMG_2183.png
総延長日本第2位、流域面積は日本一の大河・
利根川を通過。
IMG_2188.png
栃木県に入り、日光市域が近づいてくると、車窓に山並みが迫ってきました。
この先下今市駅で列車は二つに分かれ、
私の乗る「リバティあいづ」は、鬼怒川温泉、その先の会津地方を目指します。
IMG_2190.png
鬼怒川付近でそろそろお昼時。
列車旅にはやっぱり駅弁!
という訳で取り出しましたるは、東京名物、下町の味がたっぷり詰まった、
深川めし!
IMG_2191.png
えいっ!
蓋を開けてみると、中から漂って来る、磯の香り。
なんだか岸壁に立って海を眺めているような気分。
メインは江戸の海産物。
寿司ネタとしても定番の穴子、沿岸の宝物・あさりが
その存在を主張しています。
IMG_2193.png
鬼怒川に沿って進行。
時折渓流伝いに温泉街が現れます(川治温泉)。

新藤原から野岩鉄道(やがんてつどう)、さらに会津高原尾瀬口からは会津鉄道と
3社をまたぎ、列車は会津盆地へ。
終点・会津田島はもうすぐ。
IMG_2200.png
会津田島駅に到着!
浅草からおよそ3時間半、乗り換えなしで南会津までのアクセスが
可能となりました!
ここから湯野上温泉郷や大内宿、塔のへつりといった文化的・
自然的スポットへ向かうもよし、さらに先へと進むもよし。
IMG_2202.png
この日の目的地は、ここから先。
荷物を抱え、乗り換えます。
車両は会津鉄道所有の気動車。
トイレ付き、二人掛けクロスシートとロングシートを組み合わせたAT-650形と、
トイレ無し、対面式クロスシートとロングシートの組み合わせのAT-600形
の2両編成。
リバティあいづの乗客と沿線利用者を会津若松方面へ運ぶ、
リバティあいづリレー号としての運転です。
IMG_2204.png
車体側面には、会津名物・赤べこをモチーフとしたキャラクター、あかべぇ
貼り付けられています。
IMG_2207.png
東京都心から4時間満たず。
どこまでも続くかのようなビル街はどこにも無く、
田畑と平野、開けた視界を染める山々に、
別天地へと来たかのような心地。
IMG_2208.png
南会津屈指の景勝地・塔のへつり付近。
阿賀川(大川)の流れが、荒々しい断崖絶壁を生み出しています。
ちなみにへつりとは会津の方言で「断崖」の意。
IMG_2210.png
首都圏方面からの観光客に配慮してか、景色の良い場所では観光案内とともに
徐行運転。
眼下を流れる阿賀川(あががわ、別称・大川)は、
会津盆地で只見川日橋川(にっぱしがわ)と合流、
阿賀野川となって新潟県へと注ぎます。
その水流が刻む流域の渓谷美は、見事の一言!

途中大川ダムが造り出した人造湖・若郷(わかさと)湖付近を通過。
差し込む夕日、辺りを包み込む紅葉、湖水を渡る橋梁が見せる景色は、
息を呑む美しさ。
乗客たち(私含む)も、思わず釘付け。
IMG_2218.png
浅草から4時間17分。
芦ノ牧温泉の玄関口・芦ノ牧温泉駅に到着しました!
この後は素敵な温泉滞在が待っています!

リバティの誕生によって、身近なデスティネーションとなった
会津地方。
乗客にとっては新たな旅の選択肢の誕生、また沿線の市民・自治体にとっては
誘客の材料として、目下のところは十分な成果を上げているように感じました。
利用客も多く、このままこの列車が首都圏⇔会津を物的・人的に結ぶ手段として
有効活用してほしい、と願って止みません。
次回はあの動物が守る風変わりな駅、そして紅葉が最後の輝きを見せる
温泉街と、隠れ家的な宿をご紹介します。
それでは!

コメント

No title

こんばんは。

とても綺麗な景色ですね、紅葉も美しいです。

今年の春に東京に行った際に夜のスカイツリーに登り夜景を一望してきましたが、これもまた綺麗でした。

私は電車には疎いのですが、この新型車両もかっこいいですね、車内も快適そうで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。