fc2ブログ

記事一覧

蔵の街で麺喰らう

皆さんぱっと見でお分かりかと思いますが、今回のタイトルは
ダジャレです。
そして一つ付け加えるならば、一店舗しかラーメン屋には入っていません。
そんな感じの私ですが、今日も今日とて綴らせていただきます。
IMG_2360.png
会津旅4日目は喜多方探訪。
しかし、まさかの
今年は全国的に冷え込みが早く、場所によっては冬のような
気候になっている地域も有りましたが、ここ会津にまで
「冬将軍」が襲来するとは・・・
積雪量が少なく、街歩きに影響が無かったのが幸いでした。
IMG_2382.png
宿の朝ごはん。ちょっと遅めに摂ったため、私一人。
調理を担当するお母さんと話しながら、のんびり。
IMG_2384.png
お膳と共に付いてきた、会津名物こづゆ
ホタテの貝柱で出汁を取り、豆麩(まめふ)、里芋、きくらげ、糸こんにゃく、
その他各種野菜を入れたお吸い物。
会津藩政下では「ご馳走」として好まれていたそう。
宿の方がアツアツの状態で提供してくれます。
沁みる~
IMG_2386.png
一息吐いたところで、早速お出かけ。
喜多方巡り一件目は、街歩きのメイン・ふれあい通り沿い、
レトロな外観が際立つ若喜商店
創業宝暦5(1755)年、以来醤油と味噌を造り続けて十一代を数える老舗。
店名は創業者・若松屋喜祖右衛門(わかまつや きそうえもん)から取られています。
IMG_2390.png
ここの見どころは、店舗と中庭の間に建つ蔵座敷
レンガで覆われたこの建物は、八代目冠木喜祖右衛門が隠居の間として
明治37(1904)年に建てたもの。
残念ながら内部に入ることは出来ないものの、説明書きによると
1階は柱や調度品に至るまで、縞柿(しまがき)という、柿の中でも縞模様が
鮮やかな希少な木材を用い、
2階は趣を変えて欅(けやき)で内装を統一するというこだわりよう。
お店の側からは障壁画やレトロな家具・照明等を覗くことが出来、
往時の繁栄ぶりを伺わせます。
IMG_2414.png
お箸の形をした鳥居がやたらと目立つこの建物は、
喜多方ラーメン神社&ラーメンミュージアム
内部は名前の通りちょっとした博物館となっており、
喜多方ラーメンのおいしさの秘密や各地のラーメンとの比較等が
分かりやすく解説されています。
一方変わり種はラーメン神社。
きちんと整えられた社の中に鎮座するのは、どんぶり
まさかこれがご本尊なのか?いや、きっとそうなのだろう。
とりあえず「おいしいラーメンが食べられますように」と拝んでおく。
IMG_2411.png
こちらは記念撮影用の巨大どんぶり
これであなたもラーメン具材の仲間入り?
ちなみに併設の売店には「ラーメンソフト」なるものも。
興味はあるが寒い季節故にパス。
IMG_2417.png
ラーメン神社の傍で商いをする清川酒造
創業は寛永8(1631)年、何と江戸初期の事。
会津盆地でも有数、喜多方では一の老舗だそう。
外壁下部に見られる刳り蛇腹(くりじゃばら)という技法にも注目。
試飲させて頂いた中から買いたいものを選んだのですが、
180~300の飲み切りサイズが無い
唸った末に720ml瓶を購入し、地元へ発送しました。
IMG_2428.png
こちらはたまりせんべいのお店、山中煎餅本舗
蔵造りの店舗は明治時代のもの。
店内には想像以上に豊富なラインナップの煎餅が。
中でも気になったのはラーメン煎餅
喜多方ラーメンの味をイメージして作られており、ピリッとしたコショウの味がアクセント。
IMG_2432.png
見どころの一つ、波形の天井。現代の職人では再現出来ない
技法だそう。先人の知恵と技術は素晴らしい!
IMG_2433.png
お店の人が、目の前でラーメン煎餅を焼いて下さいました!
ふっくら、もちもち。やっぱり焼きたてが一番!
IMG_2434.png
実はこのお店、毎回違う場所を訪れるサザエさんのオープニング
登場しているそう。国民的アニメと予想外の邂逅。
IMG_2436.png
お昼は山中煎餅本舗のお向かいに建つラーメン屋、塩川屋
清川酒造のご主人曰く、後発のお店のため、工夫を凝らしているそう。
これもその一つ。喜多方ラーメンのスタンダードたるあっさりしょうゆとは異なる、
潮ラーメン
しじみから出汁を取ったスープは、ほんのり磯の香り。
さっぱりしつつも塩分の効いた、バランスの取れた一杯。
IMG_2439.png
このオシャレなレンガ蔵は、洋服屋さん。
IMG_2442.png
喜多方ウォークのメイン・ふれあい通りの先、
銅板張りの外観が印象的な甲斐本家蔵座敷(かいほんけくらざしき)
幕末に喜多方に移住し、以来醸造業や生糸で財を成した甲斐家の旧宅。
昨年まで私有の屋敷でしたが、現在は市の管理下に置かれています。
ちなみにまだ整備中のため、立ち入れない場所もそこかしこに有ります。悪しからず。
IMG_2443.png
内部はやはり絢爛豪華。
母屋の1階と2階をつなぐ螺旋階段は、全ての部材を一本の欅から切り出した
特注品。木材でこれほど滑らかな曲線を造り出していること、踊り場を
設けない特殊性など、当時の甲斐家当主と職人のこだわりと技巧が浮かびます。
IMG_2447.png
右手を見ると、大正モダンな洋室。調度品は昭和時代の物で、
近年まで「蔵カフェ」として営業していたそうな。
IMG_2448.png
庭に面して離れが建てられています。何とこれ、来客専用の建物。
二間続きの広間の他、トイレや大理石で飾られた風呂場が残されています。
IMG_2455.png
お座敷。壁は何と金粉を吹き付けたもの。
見事な欄干の拵え等、まるで大名屋敷のよう。
IMG_2449.png
庭園。離れの来客や甲斐家の住人は、優雅にこの眺めを楽しんでいたのでしょうか・・・。
IMG_2460.png
ふれあい通りから少し離れた所に続く、おたづき蔵通り
華やかさと整備の進み具合はあちらに劣りますが、こちらも蔵造りの建物が多く残ります。
IMG_2462.png
ここで立ち寄ったのは小原酒造
創業は享保2(1717)年という古い造り酒屋。
酒造見学も出来るお店ですが、驚きなのが醸造方法。
何と酵母にモーツァルトの楽曲
聴かせているのだとか。しかもきちんと効果が有るそうで、
発酵期間が伸びることでまろやかな味わいになるという。
IMG_2523.png
こちらがその晩頂いた小原酒造のお酒。
銘柄はずばり蔵粋(くらしっく)!
そして商品名はアマデウス
まんまモーツァルトの名前です。
その味は確かに角が取れ、あっさりとした飲みやすい物でした。

会津・喜多方の味と風情を味わった探訪。
見るべきポイントもコンパクトにまとまっており、
気軽に回るにはうってつけの街、と言えるでしょう。
さて、次回は喜多方市郊外。雪と寒さと闘いながら、
季節限定の光景を目指します。
そこで私が見たものとは!お楽しみに(笑)
それでは!
IMG_2421.png
店頭でビシッとキメている牛。何だこの存在感

コメント

No title

こんばんは。

ラーメン美味しそうですね~個人的にはつけ麺や油そばにハマっていますが、この寒い中食べる汁ありラーメンもいいですよね!

最後の牛の写真、インパクトありますねw
「お前、そこ座れ!」みたいで

後、今更ですがリンクさせていただきましたので、これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。