fc2ブログ

記事一覧

酒造探検と贅沢お昼

前回は「医聖」野口英世が若き日を過ごした「野口英世青春通り」を
巡りましたが、今回はその続きから。
IMG_2796.png
やって参りましたるは、「青春通り」に近い、末廣酒造 嘉永蔵(すえひろしゅぞう・かえいぐら)
市内を代表する造り酒屋の一つで、その名の通り創業は江戸時代末の
嘉永3(1850)年、あのペリー来航の3年前に当たります。
無料の酒造見学ツアーや豊富なメニューから選択出来る試飲のほか、
クラシックカメラの博物館や蔵カフェ(この日は休業日でした。残念)を
併設する、見所いっぱいのお店。
IMG_2811.png
店舗部分。町家建築の様式を色濃く残す入り口部分は、
広い吹き抜けが印象的。
IMG_2812.png
無料実施中の酒蔵見学
30分に一回、ガイドの方と共に酒蔵や住居として使われていた
母屋を回るツアーを催行中。
日本酒の製造過程や製法の違い、それぞれの蔵が持つ
役割等を、分かりやすく解説してくれます。
IMG_2805.png
蔵主の家族の生活スペースだった2階。
中でも注目は大広間。家長が集めた調度品の数々も目を引きますが・・・
IMG_2808.png
徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜や・・・
IMG_2809.png
野口英世
IMG_2810.png
幕末の会津藩主・松平容保直筆の額が!

酒蔵巡りの後は、そのまま販売スペースへ。
末廣酒造さん自慢のお酒がズラリ!
中でも唸らされたのは、山廃(山卸・やまおろし という日本酒を発酵させるために
多量の米をすり潰す作業を省略した製法)の熱燗。
常温と比べると角がとれたお酒は、とてもまろやか。
程よく温められた液体を口に入れれば、体の芯からポカポカ。
体温に近い温度の熱燗は、すぐに酔いが回る分、悪酔いする
心配は無いそうで、体にも良い、とのこと。
冷や酒派の私、感心。
IMG_2813.png
お昼ご飯は「青春通り」に戻り、會津一番館のお隣、
豪商・福西本店の炭蔵を改装した囲炉裏ダイニング、
炭蔵へ。
大正3(1914)年築の黒塗りの土蔵は、それだけで
雰囲気たっぷりですが、店内は綺麗にリノベーションされ、
中央に長~いテーブルが陣取る、大胆なレイアウト。
そのちょうど真ん中からカーテンが下ろされ、正面の
席を気にすることなく、プライベートな食事を楽しめます。
今年4月11日オープンという、出来立てのお店!
IMG_2815.png
メインが来るのを待つ間に頂いたのは、お惣菜と
酒粕を混ぜた酒粕汁
中には白身魚が入っており、お酒の風味感じるお汁と良く合います。
IMG_2816.png
握り寿司を単品で注文。
奥がヒラメで、手前はハタ
お値段ちょっと上がって、一貫800円。
九州産たまり醤油(私にとっては馴染みの味です)を付けて頂くと、
実は肉厚で歯ごたえよし!噛むと旨味が染み出します。
IMG_2818.png
さて、メインがやって参りました!
IMG_2821.png
ジャジャ~ン!
黄金色に輝くは、会津地鶏親子丼「極」(きわみ)
もちろんただの親子丼にあらず。
お値段、税抜き1580円なり!
ほかほかご飯の上に載る鶏肉はしっかり火が通りつつも柔らかく、
それをたっぷりの卵が包み込み、素材の良さを逃がさず封入!
なんか・・・本物を食べた、という気分
とろける~

大満足のお昼ご飯を終え、会津若松駅前へ。
この日のお宿が出す無料送迎バスで、会津の奥座敷・東山温泉へと
向かいます。
次回は長い歴史を誇る温泉街と、ガイドブックにも載る有名ホテルへ!
夢の如き一夜をレポートします。
それでは!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。