fc2ブログ

記事一覧

神様も惚れた絶景へ

会津紀行も書き終わり、ちょっと「燃え尽きたぜ・・・」
状態に陥っております、「西のノリ」です(笑)
前回は福岡県は久留米市を訪れ、西鉄電車
久留米ラーメンを堪能した訳ですが、今回は
お出掛けの目的である、高良山を目指します。

西鉄久留米駅からバスに揺られて20分・・・
IMG_3061.png
バス停から降りてすぐ、目の前に大鳥居が!
承応4(1655)年、久留米藩2代藩主・有馬忠頼(ありま ただより)
よって寄進された物で、高さ6・8m、2本の柱の間は4・5mという、
立派な鳥居。
かつて宿場町であったこの界隈のシンボルであり、高良山全域を
神域とする高良大社の参道入り口ともなります。
IMG_3064.png
車道に沿ってしばらく歩くと、また鳥居が見えて来ました。
ここから山上の社殿まで、ひたすら石段を登ります。
IMG_3067.png
自然石をそのまま用いたかのような、荒々しくも壮大な
石段が続きます。
IMG_3068.png
参道沿いには神域をぐるりと取り囲む列石・神籠石(かみごいし)や・・・
IMG_3071.png
馬の蹄状の痕が刻まれた馬蹄石(ばていいし)等、
不思議な形の石がいっぱい!古代からの祭祀の痕跡を思わせます。
IMG_3123.png
参道の中途に佇むこの門は、比叡山延暦寺の系統に連なる天台宗の寺院・
高良山本坊跡の裏門。
古くからこの高良山にて僧坊を構え、「鎮西(西日本)9ヶ国の天台宗総本山」として
信仰を集め、久留米藩主の庇護の下に拡張・整備され隆盛を誇りましたが、
明治2(1869)年の神仏分離令によって廃寺となり、
この裏門を含め、わずかに寺院建築を残します。
IMG_3082.png

IMG_3083.png
中へ入ると、僅かに残った紅葉がお出迎え。
IMG_3087.png

IMG_3090.png
参道沿いにも、紅葉がちらほら。
例年並みの気候なら、「紅葉の名所」に相応しい光景が拝めたのでしょうか・・・
ちょっと残念。
IMG_3109.png
麓からゆっくり歩いて1時間ほど。
目指す高良大社(こうらたいしゃ)の社殿に
到着!
ざっと説明させて頂くと、創建は西暦400年、実に1600年前のことと
伝わります。
祭神は高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)、
八幡大神(はちまんおおかみ)、住吉大神(すみよしおおかみ)の3柱。
延命・厄除け・交通安全を始め、生活諸般へのご利益が有るのだとか。
神社としての格式は高く、筑後国(福岡県南部)一の宮に位置づけられています。
本殿・拝殿・幣殿は久留米藩3代藩主・有馬頼利(ありま よりとし)公の寄進で、
国の重要文化財に指定されています。
なお、社殿は今後修復事業が進められるそうで、今の姿はしばらく
見られないかも。

荘厳かつ鮮やかな社殿も見ものですが、もう一つの見所は・・・
IMG_3112.png
この景色!
豊穣の地・筑後平野が一望の下。
絶景を目にした祭神・高良玉垂命が「善い高山(こうざん)だ。良し、この山に住もう」
と仰ったのが、「高良山(こうらさん)」の由来だとか。
神様も褒める眺め。何か分かるかも。
IMG_3105.png
社殿正面からは、こんな感じ。
筑後地方をくまなく見守るには、恰好の立地。
IMG_3119.png
お参りの後は、一休み。
高良山茶屋 望郷亭
これまた久留米市街を見下ろす好立地に建つ休憩所。
ここの名物は・・・
IMG_3115.png
ところてん!
歯ごたえばっちりの具に酸味の効いたお酢が絡まり、
良い塩梅。添えられたからしも、ほどよいアクセントとなっています。
もちろん素材も良いのでしょうが、高良大社の手水で飲んだ物と同じ
水が使われているのなら、それも大いなる助けとなることでしょう。
水有るところにグルメ有り!
この後は山を降り、西鉄→地下鉄→JRの順路で帰宅しました。

おいしいラーメン、意外ながら(失礼)賑わう街並み、抜群のロケーションを
誇る(登るの大変だけど)神社等、半日ほどで満喫しました!
他にも見所が有りそうなので、今度は泊まりで行きたいなぁ・・・
次回は地元を離れ、大分へ!
自然災害の影響でルート変更の上運転中の、観光列車を楽しみます。
それでは!
IMG_3131.png
年末の一大イベントは、もうすぐ!

コメント

No title

こんばんは。

紅葉や筑後平野の一望は綺麗ですね。

なかなか、紅葉を見る機会がないのですごく新鮮に感じました、ありがとうございます。

イルミネーションもいいですね、この季節は駅前などは特に華やかになりますね~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。