fc2ブログ

記事一覧

ちいさな城下町、見つけた

前回は大分県玖珠町(くすまち)にて、鉄道遺産・豊後森機関庫を
巡った訳ですが、今回はそこから徒歩約30分、
「日本一小さな城下町」とも呼ばれる、森町を
歩きます。
IMG_3557.png
町としての起こりは、かの関が原の戦いの翌年、慶長6(1601)年に、
瀬戸内に勢力を誇った村上水軍の一門、来島康親(くるしま やすちか)が
玖珠・日田・速見(今の日出町付近)3郡・1万4千石を拝領したことから始まります。
来島氏は天下分け目の大戦の折は西軍に付き、瀬戸内の所領を没収されてしまいましたが、
親類にあたる福島正則(ふくしま まさのり)の取り成しによって、
大名に復帰
徳川家による徹底した処罰が西軍諸将に下される中で、異例といっても良いでしょう。
ともかくも、伝手を生かすことで、小禄とは言え幕末まで森藩として
家名を残すことに成功しました。
IMG_3560.png

IMG_3565.png
通りの奥に突き当りが見えるほどの小さな町ですが、石畳の両側に
江戸時代の面影を残す建物が並びます。
IMG_3555.png
面白いのが、所々に置かれた石像。
凛々しい桃太郎像や・・・
IMG_3558.png
一寸法師像が(こちらはちょっと及び腰のようにも見えます)。
「童話の町」ならでは、と言うべきでしょうか。

通りの突き当たりは久留島氏(2代藩主の時に改名)の居城・
角牟礼城(つのむれじょう)が置かれた角埋山(つのむれやま、標高577m)
へと続いています。
その麓に在るのが・・・
IMG_3568.png
旧久留島氏庭園
8代藩主・通嘉(みちひろ)が、山中に鎮座する三島神社と同時期に
造営した庭園。
ここの他に、山麓と山中に1箇所ずつの庭園が設けられています。
藩の禄高を反映してか小規模ながらも、巨石を巧みに組み合わせた
造形が、見事。
ちなみに前回の記事でピンと来る方も居るかと思いますが、
「日本のアンデルセン」こと久留島武彦氏は、藩主・久留島氏の血筋
IMG_3573.png
池のほとりで一際存在感を放つ巨石・喜藤次泣かせ石(きとうじなかせいし)
造園の際に人夫頭を務めた長尾喜藤次が、
桁外れの大きさ故に進まぬ運搬に根負けし、泣き出してしまったという
逸話があるそうな。
職人泣かせの巨石ですが、見応えある景観を残してくれた先人の
努力に、感謝。
IMG_3575.png
続いて山腹に構えられた神社へ。
建物は現存しないとは言っても、大名家の城。
江戸初期の築城様式を伝える石垣や枡形が、
立ち入る者に睨みを効かせています。
IMG_3582.png
城の一角に鎮座する、末廣神社
慶長6(1601)年、初代藩主・康親が入封とともに伊予国(愛媛県)大三島から
藩の鎮守の神として「三島宮」を勧請。
先ほどの庭園を造った8代藩主・通嘉の時に
社殿を始め境内が整備され、現在に続きます。
明治5(1872)年にこの地域に祀られていた「妙見宮」を
合祀し、今の名称となりました。
IMG_3580.png
境内に置かれた石は、手と口を浄めるための手洗石。
この用途の石としては日本一の大きさだそう。
折角なので使ってみようと近づいたところ、水質は良くなさそうだったので、
普通の手水で洗いました(笑)
IMG_3585.png
末廣宮から一段さがった所に建つ栖鳳楼(せいほうろう)
森藩の茶屋として天保2(1821)年に建てられ、神社の祭典や
月見、あるいは花見の宴に用いられたそう。
内部は残念ながら非公開となっていますが、1階は茶室風、
2階からは九重の山々や森町が見渡せたそう。
目立つ建造物の無い角牟礼城に於いて、天守にも
似た扱いだったという。
IMG_3586.png
栖鳳楼庭園
麓の庭園同様に巨石を配した造園の妙と、九重の山並みを
借景とした構成が光ります。
IMG_3597.png
大正時代築の郵便局として使われていた建物を改装した
Cafe Letras(カフェ レトラス)
周遊バスを待つ間に、一休み。
IMG_3598.png
内部は木材を多用してリノベーションされていますが、
入り口の壁面と天井、照明に当時の面影が残ります。
IMG_3594.png
ケーキセットを注文。ケーキと紅茶をゆっくり頂き、じっくりと本を読めば、町と共に
ゆったりとした時間を送るような心地。
IMG_3603.png
豊後森駅へ戻ってから、列車の待ち時間に
駅前をぶらぶら。夕刻、普通列車で大分市へ戻ります。

朝は鉄道遺産、昼からは町歩きを楽しんだ1日。
今は福岡方面からの交通が分断された状態ですが、
久大本線が復旧すれば、華のある観光列車と共に人の
流れも戻るはず。
その時にまた、この穏やかな町を訪れたく存じます。
それでは!
IMG_3574.png
旧久留島氏庭園の入り口に建つ、桃太郎生誕の像。
そのポーズ、出で立ち、表情が、なんかシュール

コメント

No title

こんばんは。

私、歴史は詳しくないのですが、城下町みたいな感じの町並みは好きです(笑)

ケーキも美味しそうですね~

最後の桃太郎の写真、確かにシュールですねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。