fc2ブログ

記事一覧

ちょっと風呂(そこ)まで

青島探索は、まだまだ続きます。
今回は海辺を歩き、JRで言うと青島駅の隣の
子供の国駅付近へ。
IMG_4114.png
やって来たのはANAホリデイ・イン リゾート 宮崎
言わずと知れた日本の翼・全日空(ANA)が誇る一大リゾート施設で、
中核となるホテルの内部に各種ショップやスイミングプール・
フィットネスジム、そしてその周囲にマリンスポーツやカヌー、
手芸等のアクティビティの受付を行うアクティビティショップや
サーフィンショップ、屋外広場にはステージやカフェ、チャペルを配した、
まさに宿泊施設の枠を超えた大人の遊び場と言える場所。
IMG_4127.png
玄関へと続く通路は、まるでハワイにでも迷い込んでしまったかのよう。
ここは青島アクティビティセンターと言う
アクティビティの受付施設。
そのメニューは、セグウェイ・カヌー・ハイキング・トレッキング・
青島体験ツアー・レンタサイクルにアメリカの人気バイクメーカー・
ハーレーダビットソンのレンタル、子供向けの砂遊びグッズ貸し出しに
至るまで、数限り無し
隣にはこれまたサーフィン・ボディボード教室、大きめのボードの上で
ヨガをするサップヨガ・ジェットスキー・スキューバダイビング等豊富な
マリンスポーツが楽しめる青島サーフィンセンターも併設。
季節によって、或いは過ごし方次第によって、これらのアクティビティに触れてみるのも
楽しみではないでしょうか(もっともフルに楽しむには、このリゾートに泊まる必要はあるでしょうが)。
IMG_4124.png
で、通路の壁にはこんなものが。
ここANAホリデイ・イン リゾート 宮崎は、各種プロスポーツのキャンプ地
選ばれており、プロ野球・読売ジャイアンツや・・・
IMG_4126.png
サッカーJリーグのクラブチーム日本代表
ここでトレーニングをこなしたそう。
サイン入り色紙やフラッグなんか、垂涎物でございます、ええ。
IMG_4119.png
アクティビティセンターの先、ホテル玄関に掛けては、
清潔感溢れる白亜の天井&通路が続きます。
IMG_4120.png
玄関横では、こんなものを発見!
ここ宮崎ではJリーグで毎年のように優勝を争う強豪クラブ・
鹿島アントラーズのキャンプが
今月15日~28日の日程で行われていたそうで、彼らの宿舎となった為、
このような演出が。
昼間はトレーニング中なのか、欧州リーグから復帰した内田篤人選手を始めとする
所属選手たちを目にすることは叶いませんでしたが、
同じ場所に居ると思うと、なんだかワクワクドキドキ!
IMG_4122.png
いざ中へ!
さすが世界に冠たる企業に名を連ねる施設、
気品と開放感が感じられる、吹き抜けのロビー。
で、なぜ私がここに来たかというと、もちろん宿泊では無く
(今回は宿泊に関しては節約モードでした)、館内の展望大浴場がお目当て。
お値段は1人1050円とちょっとお高めですが、リゾートホテルで日帰り入浴が
味わえるのです!
お風呂は天然温泉となっており、
泉質は肌への刺激が少ない弱アルカリ性炭酸水素塩泉
神経痛・筋肉痛・五十肩・慢性消化器炎などに効能が有るそう。
なるほど、プロスポーツ選手が1日の疲れを癒すのには、ピッタリかも。
浴室は広大で、ガラス張りの内湯からは青島や白く輝くビーチ、
青い、敷地内のチャペルや広場等の施設を
見渡すことが出来、露天風呂ではゆったりお湯に浸かりながら、
この日は暖かめの外気を感じられました。
IMG_4130.png
風呂上がりに、屋外広場で一休み。
オーストラリア・シドニーのボンダイビーチをイメージしたカフェ、
BONDI CAFE(ボンダイカフェ)
東京で「ビーチカフェレストラン」をコンセプトに2店舗を展開し、
宮崎はここが初出店とか。
欧米風のファストフードや軽食から、アルコール類やトロピカルジュースまで、
豊富なメニューが揃います。
IMG_4132.png
澄み渡る、流れる雲、鼓膜を震わせる波音、
そしてパラソルの下で味わうマンゴージュース
違う時間の流れに身を置いたような錯覚を覚えます。
IMG_4128.png
油津へ戻るべく、子供の国駅へ向かいます。
川の向こうは遊園地・こどものくに
開園は昭和14(1939)年とその歴史は長く、青島と共にこの地域の
観光地化に貢献して来ました。
園内には子供向けの遊具や思い切り遊べる広場の他、バラ園や椿園、
パターゴルフ場等、大人も子供も楽しめる空間となっています。
しかし平日のこの日、聞こえるのはパターゴルフを楽しむ大人たちの声ばかり。
これでは大人の国である。
IMG_4137.png
子供の国駅は、ホーム一つ、待合所とトイレを
備えるだけの小さな無人駅
一応(海幸山幸によって)特急停車駅となっています。
宮崎方面から普通列車がやって来ました。
IMG_4141.png
夕刻の鬼の洗濯板
潮が満ち、露出している岩が随分と減っているのが分かります。
IMG_3936.png
前日の昼間と比べると、その差は一目瞭然!

海を身近に感じ、観光地ならではの時の流れに浸かった1日。
好天にも恵まれ、冬とは思えぬ穏やかなバケーションとなりました。
次回は飫肥藩5万余石の城下町・日南市飫肥(おび)を巡ります。
江戸時代そのままの町割りに、異なる刻を感じる旅へ、いざ出発。
それでは!
IMG_4150.png
夜は堀川運河近辺へ、散歩&夕ご飯。
IMG_4160.png
運河に面して建つ、堀川レストラン とむら
刺身御膳!
名産品・カツオのメニューが壊滅していたのが、ちょっと残念。
IMG_4172.png
堀川橋に・・・
IMG_4175.png
あぶらつ食堂も、ライトアップ!



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。