fc2ブログ

記事一覧

「九州の小京都」へ

宮崎県日南市、飫肥(おび)。
江戸時代、伊東氏5万1千石の城下町として発展したこの町は、
文明開化以後の近代化の波から取り残され、結果として
藩政期そのままの町割りと、武家屋敷群や明治以降に
興隆した商人町が残され、長野県・木曽地方の奈良井宿(ならいじゅく)・
岐阜県高山市の「古い町並み」同様、国指定の
重要伝統的建造物群保存地区
認定を受けています。
その風情は「九州の小京都」とも。
今回は、その飫肥の町並みや領国の中心たる飫肥城の模様を、
3回(予定)に分けてお伝えします。
IMG_4181.png
今回の旅の拠点・油津から二駅、日南市の中心市街地に位置する
日南駅からは一駅のところに、
観光の拠点・飫肥駅が在ります。
開業は太平洋戦争開戦初期の昭和16(1941)年
鹿児島県志布志と油津・北郷(きたごう)間を結ぶ、
志布志線の一部でした。
その後宮崎市内の南宮崎駅まで路線が延長・改称された
ことにより、日南線の駅となりました。
IMG_4180.png
城下町の駅、という事を意識してか、内外に渡って
和様のデザインが徹底されています。待合室の
椅子・テーブルや装飾品には、地元特産の木材で
「海幸山幸」の外板にも使用されていた飫肥杉が、
ふんだんに使用されているそうです。
町の雰囲気と特産品を同時にPR、いいですね~
IMG_4183.png
城下町をぐるりと迂回する酒谷川を越えれば、
「小京都」はすぐそこ!
IMG_4185.png
飫肥の、そしてかつての商人町のメインストリートでもある、本町商人通り
昭和50年代に道路拡張工事が行われましたが、歩道に並ぶ行灯風の照明、
商家に合わせたような軒の低い家並みと相まって、
風情ある佇まいを見せてくれます。
IMG_4188.png
町歩き一軒目は、白塀と門構えが立派な旧高橋源次郎家(きゅうたかはしげんじろうけ)
飫肥を拠点に銀行経営や鉄道運営に辣腕を振るい、貴族院議員として
政界にも進出した名士・高橋源次郎(たかはし げんじろう)の
邸宅で、明治中期の建築。
主屋や蔵などが国の登録有形文化財に指定されています。
IMG_4189.png
親切かつ快活な管理人さんのおススメは、やはり主屋。
建物自体は大規模、という訳ではありませんが・・・
IMG_4193.png
中国の故事や富士山などに題を取った襖絵や・・・
IMG_4195.png
廊下の板戸に描かれた花鳥図が、見事な彩りを添えています。
これらは都城市(みやこのじょうし)出身の画家・江夏英璋
作品だそう。家主・高橋源次郎との密接な関係を窺わせます。
IMG_4205.png
主屋から見える中庭にも工夫が。
こちらの庭、招いた客人からの見栄えに重きを置いたそうですが、
蔵や井戸、炊事場等、生活感の出てしまう場所を隠すため、
敷地内ながら塀が建てられているのです。
さり気なくもしっかりとした、「おもてなし」の心。
IMG_4206.png
こちらが塀で「隠された」炊事場。
タイルやレンガを用いた、ちょっと洋風な造りです。
IMG_4214.png
続いては旧高橋源次郎家から少し進んだ先に建つ、
商家資料館
元は明治3(1870)年に本町の商人で山林を広く所有する地主でもあった
山本五兵衛(やまもと ごへえ)によって
建てられました。その後は他の商家の手に渡りましたが、
本町通りの拡張前に市へと所有権が譲渡され、移築・復元の上
一般公開されています。
木造2階建て、飫肥杉の木材の上から白漆喰(しろしっくい)で
固めた土蔵造りとなっています。
IMG_4218.png
入ってすぐの所には、商いの様子を再現した人形や・・・
IMG_4219.png
行商に用いていたとされる、古いタイプの自転車が!
展示品はこれだけでなく、ガラスケース内にはかつての商売道具である
そろばんや秤、定規などに加え、古い紙幣や貨幣といったコレクションも!
IMG_4222.png
泰平踊りの衣装が展示された奥の座敷。その欄間は、こんなデザイン。
近代化を推し進める時代を反映してか、蒸気機関車が彫り込まれて
います。
江戸時代末に大火に襲われながらも、明治以降に見事再興を果たした
本町通り。江戸文化を継承しつつ世情を反映した意匠も合わさった
造りが印象的でした。

さて、次回は針路を変えて飫肥城方向へ。
近代日本に於いて、西洋列強と渡り合った外交官の
生誕の地とさりげないオシャレの光る邸宅、
そして飫肥のグルメを楽しみます。
それでは!
IMG_4227.png
本町商人通りに面したおびの茶屋に寄り道。
看板でちょっとバレちゃっていますが・・・
IMG_4226.png
飫肥名物の一つ・厚焼き玉子
ほのかな甘み漂う一品は、プリンのような食感。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。