fc2ブログ

記事一覧

日南の心臓部へ

先月末より長崎県は雲仙市で2ヶ月ほどの期間労働。
まだ馴れぬ仕事場と予想以上にハードな仕事に、
恥ずかしながらへとへと状態の「西のノリ」です。

さて、中断を挟みつつ綴って参った宮崎紀行も、
今回が最終回。
「九州の小京都」の異名を取り、城下町が
伝統的建造物群保存地区に指定されている町、飫肥。
その中枢たる飫肥城へと「潜入」します。
IMG_4273.png
やって参りました!伊東氏5万1千石の城・飫肥城
元々は豊後国(今の大分県)を根拠地とする島津氏の分家が治めていましたが、
戦国時代に日向国(今の宮崎県)中部にて勢力を伸長させた伊東氏が
飫肥へと侵攻。
百年近くに及ぶ攻防戦の末、伊東氏11代・義祐の代に城は伊東氏の物となりましたが、
北上してきた島津本家の攻勢により、没落
その後天下人・豊臣秀吉に仕えた義祐の3男、12代伊東祐兵(いとう すけたけ)に
旧領が与えられた事により、伊東氏はようやく心願の地・飫肥に腰を据えることとなったのです。
そんな飫肥城も明治6(1873)年に廃城
残念ながら現存する建築物は有りません。
IMG_4277.png
この城を象徴する存在ともなっている大手門ですが、これも復元されたもの。
昭和53(1978)年、飫肥城復元事業の一環として
国内各地の城郭に残る大手門を参考に復元されました。
建設に当たっては、飫肥杉材の提供を受けたそう。
IMG_4280.png
大手門を抜けた先には隙間無く塀が張り巡らされ、かつての
偉容を思わせます。
IMG_4282.png
もちろん侵入した敵を迎え撃つ為の設備・狭間(さま)も
完全装備。日本各地の城郭ではこのような穴から弓・鉄砲を撃ち掛ける事で、
限られた進入路を進んできた敵軍を食い止めていました。
IMG_4284.png
城の奥へと続く石段を進みます。緑化の進んだ部分は
飫肥杉が鋭意侵略中(笑)
IMG_4286.png
ここで注目ポイント。
通路の突き当り、右へ折れる手前に4本の杉の木が向かい合うようにして
立っているのですが、これらの木はしあわせ杉と呼ばれ、
それぞれの木を対角線で結んだ中心地点に立つことで、
しあわせパワーがもらえるとか。
この手の話には疎い私ですが、真ん中に立って「おすそ分け」に
ありついてみる(笑)
IMG_4288.png
本丸へ向かう途中、松尾の丸という曲輪に、御殿建築が出現!
大手門同様、飫肥城復元事業により建設されました。
京都・二条城や大分県・岡城を参考に設計されたそうですが、
「復元」でもないということは・・・
なんかちょっと不安。
IMG_4291.png
城主が座し、家臣と対面する部屋をイメージした御座の間
殿様気分での記念撮影も出来るそうですが・・・ぶっちゃけデカい照明器具が邪魔
(画像左下にちらりとコードが見えています)。
IMG_4298.png
城主が寝泊まりした空間「をイメージした」御寝所
表に面した、開放的な造りとなっています。
IMG_4304.png
御殿の奥にデ~ンと居座っているのは、蒸し風呂
今で言うと「サウナ」のような物でしょうか。
京都・西本願寺の堂宇、国宝にも指定されている飛雲閣(ひうんかく)に
現存する同型の遺構を参考に再現されているそうで、
オリジナルで無いとは言え、こうして実物を目にする機会は全国的にも
珍しい
そう。
全面に檜材が用いられており、宮大工の手で2ヶ月を費やして製作されたそうな。
で、その入浴方法が・・・
IMG_4306.png
裏手のかまどから湯を沸かし・・・
IMG_4305.png
床下に見える大鍋から床板の隙間を通して蒸気を放出。
上部の窓や正面の板戸を開閉することで、温度を調節したそうな。
そうして流した汗は、湯殿手前の板敷で水、もしくはお湯で洗い流して
仕上げ。板敷は水が流れやすいように傾斜が付けられており、
考え抜かれた構造となっています。
IMG_4308.png
城の最奥部、石段を上がった先が旧本丸
かつてはここが城の中枢でしたが、1600年代に来襲した3度に渡る地震で
地割れが発生、元禄6(1693)年に
本丸は移転となりました。ちなみに新本丸の方は、現在小学校
なっています。
IMG_4312.png
本丸移転以降放置されてしまったであろう場所は、背の高い
木々が天を覆う杉林と化していました。
IMG_4336.png
だいぶ陽が傾いて参りました。
飫肥駅から列車を乗り継ぎ、大分へ戻ることとしましょう。

太陽の国・宮崎県は日南を旅した4日間。
好天にも恵まれ、自然・文化・美味に触れられた有意義な
旅であったと言えるでしょう。
次は宮崎市内をじっくり巡るか、足を伸ばして霧島方面へも
行ってみたいですね。
次回は赴任の途上、少年時代以来の訪問となる
長崎県諫早市(いさはやし)の様子をちら見せ。
水と闘い続けた街に残る、先人の知恵と工夫を目にします。
それでは!
IMG_4341.png
空を泳ぐ鯉

コメント

No title

こんばんは。

お城1つとっても城主の意向や防衛面で違いはあるのでしょうね(゜_゜)

しあわせ杉はネーミングを可愛いですし、女性受けしそうですね(笑)

こ、鯉が空を!? とても綺麗で芸術的です(*^▽^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。