fc2ブログ

記事一覧

時の留まる小径

前回は歴史に残る争乱の遠因ともなった
要塞・島原城を訪ねましたが、今回は
その近く、江戸時代そのままの風情を留める
武家屋敷を歩きます。

昼食を摂った「姫松屋」からちょっと歩いて・・・
IMG_4427.png
やって参りました、武家屋敷街!
江戸時代はこのあたり一帯が中・下級武士の住む区画で、
家同士を区切る垣根も無く隣の家が丸見えだったこと、
鉄砲を扱う徒士の居住地であったことから、鉄砲町
呼ばれていました。
(上級武士の住まいは、島原城内に取り込まれていたそう)
道の真ん中を流れる水路は2km上流から引いて来たもので、
生活用水、飲用水としても用いられていた清流。
この路地に沿って3軒の武家屋敷が保存されており、
江戸時代そのままの風情を味わうことが出来ます。
IMG_4476.png
道の両側を固める石垣は、安永4(1775)年に当時の藩主の命によって
設けられました。
石材には雲仙火山から産出された溶岩が用いられ、
上部には泥棒が入れない様、小石が積まれています。
IMG_4429.png
武家屋敷一軒目は、鳥田邸(とりたてい)
松平家家臣として丹波国(京都府北部)福知山から島原へ移転し、
地方の代官や物書を生業としていました。
道沿いの家々は、ここも含め90坪ごとに区切られ、
藁葺きの母屋の他、各家庭に果樹が植えられていたそうな。
IMG_4432.png
中に入ってまず目を惹いたのは、座敷に並べられた雛人形
IMG_4434.png
現在島原市内では島原城下雛めぐりと題し、
市内各所での雛人形の展示、期間限定スイーツや食事の提供、
人間ひな行列行進(来月3日開催)といった企画やイベントを開催中。
艶やかな雛人形たちを眺めに島原へ行くのも、また一興。
なお開催期間は来月25日(日曜日)までとなっています。
IMG_4431.png
3軒の保存家屋では、人形によって当時の人々の暮らしが再現されています。
ここ鳥田さん家では、家族揃ってのお食事中。
実は私、子供の頃にここへ来ているのですが、それから20年近く。
彼らは今も変わること無く食べ続けています(笑)

残る2軒へ行く前に、ちょっと寄り道。
IMG_4442.png
整備された庭園の脇に建つ・・・
IMG_4446.png
武家屋敷休憩所
「江戸」の空気を感じながら休めるスペースの他、
島原名物のおやつも販売されています。
島原城下雛めぐりとも連携し、
期間限定スイーツもラインナップ!
IMG_4444.png
ここで頂いたのが、島原名物part2、かんざらし
適温に冷やした白玉に、砂糖・ハチミツ等から成るシロップを
かけて食べる、という島原のおやつ
食べやすいサイズに整えられた白玉は、ひんやり、もちもち。
シロップは甘さはあるものの、「くどさ」は感じられず、
一滴残さず完食!
「甘いのはちょっと・・・」という方でも、抵抗無く楽しめそうな
一品でした!
IMG_4475.png
2軒目は門構えが立派な・・・
IMG_4440.png
山本邸(武家屋敷休憩所から撮影)
建物自体は明治元(1868)年と比較的新しいものの、
この区画では唯一となっている門構えは、島原藩最後の藩主・
松平忠和(まつだいら ただかず、
江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の実弟)公より許しを得た
特別なもの。
鉄砲町に住みながらも、山本家5代・茂親氏以降は
藩の要職に就いていたという。
IMG_4458.png
そんなお屋敷は、さっきの鳥田邸よりも凝った造り。
欄間を見上げてみれば、こんな遊び心も。
IMG_4455.png
山本家では、居間にてお母さん(もしくはおばあさん?)が裁縫に勤しみ、
子供たちは遊びに興じている様子。
IMG_4457.png
一方家主であるお父さんは、奥座敷にて勉学の真っ最中。
めくりかけの書物には、「孟子(中国の儒学者)」の文字が。
IMG_4460.png
思いの他開放的な造りの台所。
高く組まれた天井から、藁葺き屋根の構造が分かります。
IMG_4466.png
武家屋敷3軒目は、篠塚邸
こちらも松平家臣として、福知山からお引越し。
代々順右衛門(じゅんうえもん)を名乗り、地方官である郡方祐筆(こおりかたゆうひつ、
いわゆる書記)や代官を務めました。
IMG_4472.png
こちらは親子が机を挟んでのご対面。
手習いか、もしくは遊びの最中でしょうか?
先ほどの山本邸には及びませんが、こちらも障子の上に
付けられた飾りや・・・
IMG_4474.png
整えられた中庭に、家主のこだわりが見えるよう。
IMG_4461.png
再度路地を眺めて。
時が止まったかのような光景を、是非とも守り継いで欲しいものです!

城下町・島原に触れた一日。
時代は下り文化・生活は移れども、そこかしこに残る
「江戸」の香りに、不思議な安心感を覚えてしまう、
これも日本人故の感傷なのでしょうか。
次回の予定はまだ決まっていませんが、今度は
雲仙地獄にでも行ってみましょうか。
それでは!
IMG_4479.png
雲仙雪景色(2月12日撮影)


コメント

No title

こんばんは!

立派な雛人形ですね(#^^#)

最近は雛人形を飾る家庭が減っていると言いますもんね。

保存家屋の人形はどれも妙にリアルですね(笑)

小さい子供や赤ちゃんが見たら、ある意味、忘れられないものなるでしょうね(゜_゜)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詞-Nori-

Author:詞-Nori-
旅行系ブロガー。
趣味は旅行、町歩き、食べ歩き、
鉄道等々。

目下地元・福岡県に戻り、
次なる行動に向けて準備中。